松花堂庭園 @京都・八幡市
  
松花堂庭園
HDくんの実家から歩いて30分くらいのところにある松花堂庭園。
庭園があるらしいので、お散歩がてら、行ってみた。
入園料¥400


松花堂とは、松花堂昭乗さんのこと。
寛永の三筆の一人。
松花堂弁当の人。


IMG_5909.jpg
竹が扇状になってて、かっこいい!


IMG_5938.jpg
水琴窟。
水を流しいれるタイプではなく、流れてる水音を筒に耳をつけて、聞くタイプ。


IMG_5946.jpg
我が子も、ちゃんと聞けたかな?


IMG_5957.jpg
庭園は、そこそこ広くて、いろんな竹が生えてた。
けっこういいかんじなんだけど、全然人がいなくて嬉しい。


IMG_5960.jpg
昭乗塀。


IMG_5970.jpg
左奥には女郎花塚。
女郎花は「おみなえし」と読む。秋の七草。
このあたりの地名?


書院は撮影禁止。
書院の屋根上の唐破風瓦は、寛永の三筆が筆を執ったもので、
「福」は近衛信尹、「禄」は本阿弥光悦、「寿」は松花堂昭乗の筆。


IMG_5962.jpg
孟宗竹、黒竹など、いろいろな竹が生えてたけど、かっこよかったのは
亀甲竹! 表面のラインが亀甲!


IMG_5997.jpg
嵐山の竹林よりも、人がいなくて気持ち良い!
でも、京都からわざわざ来るかというと、まわりに何もないし、
近くに住んでる人には、おすすめ。
椿園があるから、椿の季節がよいかも。
(お義父さんはまだ来たことがないらしい。
ちなみにお義父さんは伏見稲荷にも行ったことが、まだない)


この庭園には、吉兆があって、松花堂弁当が食べれるんだけど、
¥4000。
¥4000あれば、もっと他の物を食べたいなぁというかんじの内容なので、食べず。
(松花堂昭乗が愛用したと伝えられる木製の四つ切りの箱をヒントに、
松花堂弁当なるものを世にだしたのは、 吉兆の先代)


ミュージアムショップ「おみなえし」で、レトロなパッケージの八つ橋があったので、
お土産に購入。


IMG_5895.jpg
行きしに、HDくんが困ってた車いすの人を、ちょっと助けた。


関連記事
スポンサーサイト
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ