映画『ダラスバイヤーズクラブ』★★★★☆
  
ダラスバイヤーズクラブ(2013)
1980年代当時、無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、
アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した
実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。
アカデミー賞主演男優賞・助演男優賞受賞


<あらすじ>
1985年ダラス、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、
HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。
1980年代当時、HIV感染と云えば、ゲイか麻薬常用者がなる病気なのに、
なんで俺が?
いろいろな葛藤の末、生きるためいろいろ病気について勉強し、
アメリカには認可治療薬が少ないことを知り、代替薬を探すためメキシコへ向かい、
アメリカへの密輸を試みる。
偶然出会った性同一性障害でエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レトー)と一緒に、
国内未承認の薬を会員制で販売する「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立するが……。


・・・・
実話のアカデミー受賞作だし、泣いたりするかんじかと思ったけど、
そういうんじゃなかった。
でも、お涙ちょうだいにしなかったのが、よかったのかも。


マシュー・マコノヒーは、甘いマスクで「最もセクシーな男性」に選ばれたりしてたけど
全然面影がなかった。21kg減量したらしい。
しかも、今はデブでハゲの役作りしてるらしい。
いい男の役には、飽きちゃったのかな?


みんなの演技はよかったし、主人公の行動力はすごいなぁとかは思ったけど、
集中して見なかったからか、あまり心にぐっとこず。
でも、見てよかった。



関連記事
スポンサーサイト
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ