映画『花より男子ファイナル』★★★☆☆
  
これは、松潤を楽しむための映画。
2008年の松潤は25才? 若い。
髪型がすごい。


映画は、お金がかかってるんだろうけど、とってもチープ。
話もつまらないし、アクションもわざとらしい。
どうせ中身がないなら、もっともっと松潤を楽しむだけに特化してくれてよいのに。


松潤の少女マンガ的セリフ
「デブでもブスでも関係ない。俺は牧野っていう存在に惚れてるんだ」
「俺はお前と一緒になる事に、何の迷いもない」
「(夢は)もう叶った。愛してる」牧野を指さしながら

まっすぐに牧野を好きな道明寺、かっこいい!
でも、単純ですぐ熱くなる道明寺は、私には無理だなぁ。
けんかっぱやいところとかなくて、普段は花沢類だけど、
ストレートに自分を好きなところだけ道明寺がいいなぁと
少女マンガ的、妄想がふくらむ。


小栗旬の花沢類はかっこいいけど、映画では、顔がむくんでた気がした。
藤木直人は内田有紀版「花男」の花沢類だったのか。
ちなみに、その時の道明寺は谷原章介。イメージと違うなぁ。
ちょっと見てみたい。





関連記事
スポンサーサイト
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ