藤沢散歩~藤沢宿歴史散歩
  
藤沢駅北口から藤沢宿歴史散歩。


船玉神社




二宮さんがいた。



狛犬がかっこいい。


藤稲荷

船玉神社のちょっと先を右に入ったところを登るとある稲荷。
フジロード(藤が咲く道)のコース。



天皇陛下の木?


★藤沢橋

藤がかっこいい。


砂山観音

観音様は見当たらず。


感応院

建保6年(1218年)創立の藤沢宿最古の寺(真言宗)。



立派!
藤沢七福神の寿老人がいたみたい。どこにいたんだろう?



感応院の中に三島明神社
建久4年(1193年)、源頼朝が藤沢清親に奉行させ、
大鋸に豆州の三島大明神を勧請したと伝えられている。
お堂が回転する?


諏訪神社

なんで、寺社って、階段をのぼったところにあるんだろう?



建武2年(1335年)、清浄光寺(遊行寺)を開いた遊行上人第四代呑海(どんかい)が同寺院の鎮守として、
信州の諏訪から勧請したことにより創建。



立派。



大黒天(藤沢七福神)をのぞこうとして、くもの巣にひっかかる。


遊行寺
時宗(浄土教の一宗派)の総本山。
時宗の開祖一遍上人の孫弟子呑海上人が正中2年(1325年)に開いた。

お坊さんが説明してくれる絵は、珍しい。



一遍上人。
鎌倉時代中期の僧侶。時宗の開祖。
南無阿弥陀仏を一遍(一度、一回)唱えるだけで悟りが証されるという教義。
「踊り念仏」で有名。
遊行寺で踊り念仏、やってるのかな?
お盆に盆踊りはやってるみたいだけど・・・。



本堂も立派。



地蔵堂の前に、なでなで地蔵。
まだ新しそう。



犬猫慰霊塔。



いいお顔のお地蔵さん。



長生院 小栗判官のお墓
小栗判官・・・伝説上の人物
妻・照手姫の一門に殺された小栗が閻魔大王の計らいで蘇り、姫と再会し、
一門に復讐するという話。説経節の代表作であり、浄瑠璃や歌舞伎などになった。



弁財天を見に行こうかと思ったら、蜂に注意となってたので、断念。


遊行寺では骨董市(フリーマーケット)をやっていて、主にがらくた的なものが売ってた。
お手洗いあり。


白旗神社
源義経を祀っている。

1984年(昭和59年)に建立された高さ8m、幅6mの鳥居。
グラスファイバー製の鳥居では日本初。


しゅっとした狛犬。犬?



流権現造り(ながれごんげんづくり)の社殿。



弁慶の力石。
元(霊)玉、神石とも呼ばれ、この石に触れると健康になり病気をしないという言い伝え。


毘沙門天 (藤沢七福神)がいるみたいなんだけど、どこにいたのかな?
いつもお正月にしか来たことがなかったから、たくさん人がいるイメージだったけど、
今日は全然、人がいなかった。
ピーヒョロと聞こえたから、何か行事でもやっているかと思いきや、流れてるだけだったみたい。


コース参考→えのぽ



藤沢駅まで戻る。

ラーメン二郎前のセブンイレブンで休憩。
二郎はお店の中で並んでた。


歩いてたら北口の商店街にでた。

元・藤沢オデヲン北口。
全然あとかたもないなぁ。
斜め前にあったカフェ・ダウニーが、スペインバル?に変わってた。



元・藤沢オデヲン南口。
関連記事
スポンサーサイト
   


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ