FC2ブログ
  
お盆旅行3-5 揖保乃糸 資料館 そうめんの里 @東觜崎
  
揖保乃糸 資料館 そうめんの里
14B_3209.jpg
駐車場では「そうめん流し」が盛況。
「流しそうめん」ではなく、「そうめん流し」っていうのか。

14B_3142.jpg
素麺を試食。
おいしいような、普通なような。

14B_3143.jpg
素麺は、ゆで太郎が茹でてくれる。

14B_3146.jpg
実演のために麺を準備中。

<実演>(実演は1時間に1回)






14B_3155.jpg
ぱかんと分ける。

14B_3158.jpg
「2本の棒に掛けられた約50cmのそうめんを、分け箸を使って
約160cmの長さに延ばす職人の妙技を目の前で見ることができます。」
ということなんだけど、今の時期は冷やしておいた麺をのばすので
切れやすいということで、バラバラとたくさん切れてた。

14B_3162.jpg
実際に体験できるのは2組だけということで、子供たちがたくさんいるからガマン。
大人は見てるだけ。.

14B_3167.jpg

14B_3177.jpg
2Fはガイドさんと一緒に見学。資料館 ¥300
14B_3185.jpg

14B_3184.jpg

14B_3182.jpg
リアルな人形。

揖保乃糸は10月~4月につくられる。(農家が兼業していることが多い)
その年に出荷されるものを「新(しん)」。
管理の行届いた専用倉庫でさらに1年間熟成(厄現象)させたものが「ひね」。
さらに寝かすと、「大ひね」。
じっくりと熟成させたそうめんはさらにコシが強く舌ざわりも良くなると言われている。
工場は 揖保乃糸を箱に詰めているところしか見れず。
揖保乃糸は手延べ素麺ということだけど、今現在もすべて手延べなのかわからず。

14B_3174.jpg
昔、素麺は長かった。

14B_3172_20141011204818dff.jpg
素麺工場では箱つめしか見れず。

14B_3179.jpg
ビデオルームのイスが素麺ぽい。

14B_3190.jpg
素麺さばきゲームあり。難しい。

レストラン庵
14B_3205.jpg
揚げ麺 明太シラス ¥870
麺がゴワゴワ。バリバリでも、しっとりでもない、不思議な食感。

14B_3197.jpg
ざるそうめん ¥540
ツルツルで歯ごたえしっかり。150gくらいかな?

14B_3210.jpg
東觜崎駅。駅舎がかわいい。
関連記事
スポンサーサイト



   


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ