FC2ブログ
  
人魚の眠る家(著:東野圭吾)
  

東野圭吾の中でも、まあまあ面白い部類だった気がする。

★人の価値観は尊重する。
自分の価値観を押し付けない


私は自分の価値観を押し付けがち。
昔はそんな自分に無意識だった。
HDくんはそのあたり敏感だから、ちょっとでも押しつけがましいと注意してくれる。
なので、だいぶ押しつけがましくなくなってると思うけど、どうかなぁ。

・・・・・
脳死や臓器提供は、なかなか難しい問題。
臓器提供カードも、私は持ってない。
誰かの役に立つならしてもよいかなぁと思いつつも、積極的に提供したいというほどではない。

多分、身近な人が臓器提供が必要になったら、また違ってくるんだろうなぁ。

こういう本を読むとき、すっかり私も親目線で読むようになっている。

我が子がこの本のような状況になったら、同じ風にするだろうなぁ。

海外での心臓移植の問題も悩ましいなぁ。
子供ができる前は、数億円かけて海外に行って、というのはあまり理解できなかったけど、
今ならちょっとわかるかなぁ。

この本、映画化されるんだ……。
篠原涼子はイメージじゃなかったなぁ。
では、誰が合うかと言われれば、うーん、檀れいとか?
西島秀俊もイメージじゃないなぁ。
夫婦どちらも、もっとバブルの時代の夫婦っぽさがあるんだけど、誰かなぁ……。
坂口健太郎は悪くない。

・・・・・
良い東野作品


白夜行…分厚いけど、一気読みしたくなる


容疑者Xの献身…映画もよかった


悪意…なんとも気持ち悪い読後感。
関連記事
スポンサーサイト
   


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ