モロスペ13-6 サハラ砂漠ツアー2-6 サハラ到着!
  
Sahara expeditionツアーの予定では、
「one and a half hour camel ride at sunset」
ラクダから夕陽を見るのを楽しみにしてたんだけど……。
車が壊れたせいで、もう真っ暗。

21時頃、サハラ砂漠の起点に到着。
大きい荷物は置いて、必要なものだけ持って行く。
(口コミで知ってたから、事前に荷物を準備済。
でも、特に言われてなかったから、知らなかった人々は急いで準備)

14B_0653.jpg
ラクダに乗るのは、約10年ぶり、2度目。
乗り心地は、やっぱり悪い。
さそり座を前に進む。
真っ暗で、砂の起伏が全くわからない。
暗闇の中、砂山を登ったり、くだったり、ハラハラ。
ラクダから落ちたらどうしようとドキドキするけど、今までラクダから落ちた話は
聞いた事がないから大丈夫、と心を落ち着かせる。
とにかくギュっと手すりを掴んでいたから、手が痛い。

14B_0732.jpg
22時すぎ、テント到着。
マットだけ。あとでブランケットも支給された。
韓国人カップルと同テント。(でもみんな、外で寝た)

シャワーなし。心配していたトイレはあった(洋式)。
ドアはカーテン。水はバケツで流す。

14B_0736.jpg
Mint Tea = ベルベルウィスキー。足元にネコいた。

14B_0749.jpg
23時すぎ、タジン登場!
ここもアルミタジン鍋。

14B_0753.jpg
チキンタジン。たっぷり。
チキン、じゃがいも、にんじん、素材そのままの味。
デザートはメロン。甘い。

食事の後は、歌を歌ってくれた。
それを遠くに聞きながら、星を眺める。

0:30、みんなで砂山に登りに行く。
14B_0792.jpg
砂を掘ると、水が出るポイント。

砂山に登るんだけど、とってもとってもきつかった!
頂上は見えないし、足がズボズボ沈んで進まない。

砂丘の上から見えた遠くの光は、アルジェリア国境のモロッコ軍の光。

14B_0793.jpg
写真だと、星がチリのように、たくさん!
私の肉眼では、ここまでは見えてないんだけど、でもすごい見えてた。
天の川が本当に川みたい。

14B_0801.jpg
月が昇ってくるのを、見る!
月の出? ムーンライズ?

14B_0811.jpg
今日は風がないから、ラッキーらしい。
確かに全然砂まみれにならないから、用意していたマスクやスカーフもなくて大丈夫。

14B_0819.jpg
みんなで空を眺める。

14B_0833.jpg
1時すぎに下山。
みんな砂山から一気に走ったり滑ったりして降りてたけど、私は恐いのでじわじわ下る。
足が砂に沈む感触が気持ちよい。砂は温かかったり、冷たかったり。

14B_0849.jpg
ヨルダンに続いて、外にマットレスを持っていって、星を見ながら寝る。
流れ星もチラホラ見える。すごくくっきり見えたのは3つくらい。

14B_0855.jpg
どんどん月が明るくなって、ラクダが見えてくる。
ラクダはずっとムシャムシャ言ってる。
興奮からか、あまり眠れなかった。(ヨルダンの砂漠でも眠れなかったなぁ)

本日の歩数・・・17,727歩
関連記事
スポンサーサイト
   


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ