FC2ブログ
  
ザ・シークレットマン★★☆☆☆
  
金曜の夜に我が子は17:30に寝て、HDくんは忘年会が延期になって早く帰ってきた。
こんな日は、ちょっと小難しい映画でも見よう。
先日、「ペンタゴン・ペーパーズ」を観たから、その後に続くウォーターゲート事件についての『ザ・シークレットマン』をamazon primeで観賞。

ザ・シークレットマン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・シークレットマン [ リーアム・ニーソン ]
価格:3344円(税込、送料無料) (2019/12/8時点)



s制作:リドリー・スコット 
監督:ピーター・ランデズマン
出演:リーアム・ニーソン、ダイアン・レイン
原題:Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House
2017
ウォーターゲート事件の情報提供者「ディープ・スロート」こと、当時の連邦捜査局(FBI)副長官マーク・フェルトを描いた作品。


全体的に難しかった。
途中、ちらっと寝ちゃった。

ウォーターゲート事件のwikipedia呼んでから見た方がよさそう。でも、wikipedia長い!

リーアム・ニーソン、渋い!
「96時間」の渋くてとにかく強かったけど、本作ではまた違った円熟した渋さ。
背が191cn。そこまで高いとは思わなかった。阿部寛より大きいのか。

オベリスクがあるのは、ワシントン。
新しい長官は大統領が決めるの?
長官が死んだら、資料焼いちゃうのもったいなくない?

「FBI」と「CIA」ってどう違うんだっけ?
・FBI(Federal Bureau of Investigation(連邦捜査局)
複数の州にまたがる事件が発生したときや、州警察では手に負えないようなアメリカ国内の大きな事件を担当する組織。
・CIA(Central Intelligence Agency 中央情報局)
スパイ組織。他国からのアメリカへの攻撃に備えて情報を集めたり、対立する国の弱体化を図ったり、情報操作を行う。


気になった英語
whitewash うわべ

HDくんの感想
「wikipediaでウォーターゲート事件について読んだ後なので、ちょっとは理解できた。後半、大統領が弾劾されるあたりは説明が少なく急展開すぎた。
娘のくだりはいらない。」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

96時間【Blu-ray】 [ リーアム・ニーソン ]
価格:550円(税込、送料無料) (2019/12/8時点)



96時間のリーアム・ニーソン、好き!
スポンサーサイト



   


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ