FC2ブログ
  
4日目-終日航海日② 2019ダイプリ
  
ダイヤモンド・プリンセスでのクルーズ子連れ旅、クルーズ4日目、終日航海日の午後。
船の軽いイベントに参加したり、お部屋で映画観たりでのんびりと過ごした。


9/26(4日目)終日航海日②
●ショー:女性ボーカル
●船内お散歩

●航海の舞台裏@プリンセスシアター


1530~クルーの職種、階級とかシフトとか。三等航海士さんたちの話は、ためにはなって興味深いんだけど、少し真面目でかたくて面白みには欠ける感じ。眠くて少し聞いて退出。


アトリウムでは、Kポップダンス教室を、やってた。ダンス教室系は時間があれば参加してみたいが、アトリウムではダンス下手な私は参加しづらい。

●デジタル写真セミナー@WheelHouse


英語のみ。カメラの構え方とか。どの指でどのボタンを押すとか。すごく基本的な話。HDくんだけチラっと参加して退室。

●お部屋で映画(パッセンジャー)
 
19DP2706.jpg
我が子がお昼寝しちゃったので、その間にお部屋でパッセンジャーを観る。まあまあ面白かった。

ごつい船長さん、アバターに出てたっけ?と思ったけど、出てたのはマトリックスだった。最後の歌、誰? BOA?島谷ひとみ?と調べたらJUJUだった。

HDくんの感想「私が先に起きたら、HDくんを起こしそう」

●ブッフェ



17時頃、おじいさんが「桜島が見えるよ」と声をかけてくれる。三角の山が見えた。HDくん曰く、開聞岳じゃないのかな?

他の場所でまたお会いしたときに、ちゃんと挨拶できるように、おじいさんの顔を覚えようとするんだけど覚えられない。中高年男性は、みんな同じように見える。

今まで旅行にはHDくんが大きな一眼レフカメラを持っていってたから、カメラ好きおじさんに話しかけられることが多かった。今回は小さめ一眼に小さめレンズだから、カメラおじさんに話しかけられなかった。(クルーズに大きいカメラおじさんは、ほぼいなかった)


ローストビーフがあると、つい食べちゃう。


HDくんがデザートとってきたら、我が子がすごく食べたがった。グラスを持ってかわいく記念撮影。ほんのちょっとだけ食べさせる。

今回のクルーズで我が子は、世の中においしいものがいっぱいあると知ってしまったかも。

●Steve Marshallさんのマジックショー@Explore

18:30~キッズルームで見た船橋在住の外国人。そんなにすごい!とか面白い!とかもなく、少し見て退出。

このショーに限らず、ダイヤモンドプリンセスのショーやイベントは、英語も喋りつつ、日本語も喋りつつというスタイルになることが多い。仕方ないんだけど、そのせいで少しテンポが悪いと感じてしまう。

●船内お散歩


カジノとかデッキをウロウロ。夜はデッキが畳まれている。






我が子はこれをパカパカしたがる。


スパの人に1~2分の肩マッサージをしてもらう。ちょっと揉んでもらうだけで、すっきり。
二人とも肩がガチガチと言われる。HDくんは全く肩こりがなくていつもふにゃふにゃなので、絶対に営業トーク。そんなのには騙されない。by HDくん。

●ショー:リナ・マッケンジーさん 

19:45~プリンセスクルーズのソプラノボーカル(リナ・マッケンジーさん)のショー。19:20にはまだそこそこ空席があったけど、19:25には、ほぼ満席。19:35だいぶ立ち見がいる。

リナ・マッケンジーさんは「新沼謙治さんに名前が似ている」というのが持ちネタ。フィリピン在住だけど、いろいろなところにルーツがあると言ってたかな?

グレーテストショーマンのネバーネバー~♪の歌がよかった。雨の曲、メモリーとか知ってる曲が多かった。

シアターは場所によって、けっこう寒い。

●カジノやアトリウム

私がショーに行っている間、我が子はHDくんとおりこうに遊んでた。


カジノの壁はサバンナなかんじ。


木が生えてたのも、サバンナなかんじ?


19DP3329.jpg
なぜかアトリウムの照明がピンクっぽかった。


後ろの絵はプレスリーかな? 誰の絵だろう?

●図書室(デッキ5)


船の図書室には、旅行ガイドブックや、小説など日本語の本もある。けっこう新しめで読みたい本も多かった。

19DP3392.jpg
19DP3390.jpg
トランプ、将棋、ボードゲームなんかもある。どれも客室に持ち帰ってもよくて、下船時に元の場所に戻せばよい。ここのボードゲームを持ち出して、バーで盛り上がってる外国人たちもいた。

モーニングショーのクイズ回答の投稿もココの図書室にする。


我が子は将棋の駒がお気に入り。


この後、この持ってる300ピースのパズルをがっしゃんしちゃったらしい。

●夜のお散歩、今日もお部屋でワイン

19DP3425.jpg
プールサイドを少し散歩。夜のプールはライトアップされていてきれい。

19DP3432.jpg
外は少し暖かくて、映画を観るのにちょうど良さそう。

19DP3434.jpg
今日は13:30にハンバーガーとピザを食べて、18:30にもブッフェでいろいろつまみ食い。もうお腹いっぱいなので、今日はメインダイニングには行かず。事前チェックによると、今日の前菜は「冷製スモークサーモンとザリガニ」があって、ザリガニが気になっていたんだけど断念。


レモネード、大好き!

19DP3471.jpg
ブッフェから、ローストビーフ、パイン、チーズ、ココナツケーキを部屋に持ち帰って、今日もワインで晩酌。我が子もいろいろ食べた。



スポンサーサイト



   
  
4日目-終日航海日① 2019ダイプリ
  
ダイヤモンドプリンセスで子連れクルーズ旅4日目。

今日は、どこにも寄港しない終日航海日。明日の釜山寄港に向けて、ずーっと船に居る日。

朝、若干気持ち悪くて、3個目のアネロン(酔い止め)を飲む。乗り物酔いしやすいHDくんは、なぜか今回は酔っていないらしくアネロン飲まず。俺スタビライザーが発動したらしい。

9/26(4日目)終日航海日①

●ウェルカムイベント
●お昼はハンバーガーとピザ
●オークションを見学

●モーニングショー
 
6時起床で、ダラダラとモーニングショーを見る。ゲストはアートギャラリー、リノ?さん(イタリア人と日本人のハーフ)。アートギャラリーに展示される絵は、毎日変わる。

今回のクルーズでは、ズンバの免許を持ってるスタッフは5人いるらしい。でも、ズンバは結局1回しか参加できなかった。(スケジュールには3回あったかな?)

初日に投稿したメッセージと、昨日投函したメッセージの両方が読まれた! どちらも「今回、結婚10周年で、、、」みたいな似たような内容で、変な感じになる。

●朝食ブッフェ
 
19DP2595.jpg
730頃ブッフェへ。ちょうど開いてなかった片側が開いたところだった。

19DP2604.jpg
果物は好きじゃないはずのHDくんが、なぜか果物をモリモリ食べる。キウイは未だかたい。毎日キウイを取って、航海中に徐々に熟れていく感じを楽しんでた。

19DP2601.jpg
私はそろそろごはんが食べたくなり、納豆ごはんとお漬物。

●部屋でのんびり
 
昨日ドアに貼られたアニバーサリーの紙は、今朝にはなくなってた。部屋のオーディオで邦楽を選んだのに中国語?の音楽が流れる

今日のニュースは、トーマスクック破綻。フランスで源泉徴収にしたら、10億ユーロ増収。

19DP2617.jpg
我が子は浮き輪を持って、プールに行きたいアピール。

19DP2610.jpg
横浜での下船の案内が入ってた。出し忘れないように、とりあえずマグネットで壁に貼る。

●ウェルカムイベント(9:00~)
 
19DP2638.jpg
今回の乗船が初めて!という人たちだけに向けたイベント。招待状がお部屋のポストに入っていたので参加。これとは別に、リピーター向けイベントとかもあるらしい。

クルーズディレクターが、船に関する基本情報などをクイズを混じえて楽しく紹介してくれた。参加者には、抽選でいろんなものが当たる。エリート特典(フリーランドリーとか)、ドリンクチケット、船で使える100ドルなど。どれも当たらなかった!

19DP2649.jpg
このシートにクルーズに乗るたびにもらうシールを貼っていく。

19DP2646.jpg
ちなみに、会場には飲み物やパンなどの軽食あり。


アトリウムに船のキャラクター・スタンリーがいたので、記念撮影。

19DP2670.jpg
パシフィックムーンの横だったかな?

19DP2671.jpg
たまに写真スポットのマークがあるけど、どこが写真スポットかわからないところもあった。

●今日もプール巡り
 
プールに行こうと思ったら、我が子がぐずるので、しばし部屋でぐだぐだ。オンデマンドで映画「パッセンジャー」を少し見る。


我が子のご機嫌が直ったので、プールへ。

19DP2888.jpg
プールの映画は「マンマミーア」の続編。


プールサイドにたまった水で遊んだり


プールサイドを歩いてて、たまにプールに落ちそうになったり、落ちたり

我が子はジャグジーに入ったり、プールサイドを歩いたり行ったり来たりするので、「busy boy!」とか言われる。


ジャグジーのアワアワをすくって遊ぶ。




15階のジャグジーも行く。

19DP3037.jpg

19DP3051.jpg
天気が良くて、気持ち良い!

●ゴルフゲーム
 

屋内プールに行ったら、ゴルフゲームをやっていたので飛び入りで1回参加。入らず。景品はやっぱりコースター。

19DP3071.jpg

19DP3080.jpg
プールで遊んでた子供たちは、ゴルフゲームのボールの回収を手伝っていた。

●ランチはハンバーガーとピザ
 
デッキ14の屋外プールは、プールサイドにハンバーガー、ピザ、アイスクリーム屋さんが揃っている。ブッフェやメインダイニングと同様に無料。ココからは巨大スクリーンが見えるので、食事を持ち込んで、デッキチェアに寝転んで映画を見ることもできる。

19DP3096.jpg
トライデントグリル

19DP1807.jpg
目の前でハンバーガー作ってくれる。ホットドッグもおいしい。(ここのハンバーガーが船で一番好きという口コミも見た) 日替わりハンバーガーがある。(ないときもあった)

サンドする前の開いた状態で提供されて、そこに自分でピクルスやワカモレソースなどを追加でトッピングできる。私はワカモレソースが好きでたっぷり載せたいんだけど、ベチョベチョになるからHDくんには不評。

19DP3111.jpg
チーズバーガー(ビーフバーガーにチーズをのせたもの)

19DP3107.jpg
スパイスソーセージ

我が子はポテトばかり食べたがる。ポテトがなくなれば、ソーセージやお肉も食べた。チーズバーガーのチーズもぺろっと食べた。

19DP3115.jpg
プレーゴピッツェリア
何かの賞を受賞したピザ。焼きたてでおいしい。1ピースが大きい。日替わりピザがある。

19DP3117.jpg
ピザは、ニッツァルダ。ツナが載ってる。

●オークション@Explore
 
19DP2624.jpg
船内にはアートギャラリーがあって、そこに展示されている絵は、船内で開催されるオークションで購入することができる。

金額は、額縁のない安いもので9000円。高いものだと1500万円もするらしい。今回は10万円~300万円くらいの絵が出品されていた。

会場は混んでいるけど、本気で購入しようという人は多分10人も居なくて、ほとんどは雰囲気を楽しみに来た人たち。もちろん私たちも雰囲気を見に来ただけ。参加者には、スパークリングワインが振る舞われる。

誰も入札しなくても、作者に敬意を示して拍手しながら絵を見送るルール。なんか、ワーッと拍手されて次の絵のオークションにいくので、慣れるまでは全部の絵が競り落とされてるように見える。でも実はほとんどの絵は売れてない。2つくらいの絵は、わかりやすい感じで入札した人がいて、その時はすごく盛り上がった。

19DP3136.jpg
オークション初心者のために、とりあえず全員が札を挙げてみてーってして、入札のハードルを下げる時間もある。司会の人は、掲げられた入札希望の番号札をベーベロベーベロベロってかんじで、早口に読み上げて盛り上げてた。

19DP3143.jpg
我が子がだいぶウゴウゴしてきたし、ワイン飲み終えたら退室した。



ギャラリーにはロメロ・ブリットさんの作品がたくさんあった。ブラジルの国際派アーティスト。ディズニーともたくさんコラボしてる。オークションでは50万円くらいで絵画が売れていた。
   
  
3日目-高松② 2019ダイプリ
  
ダイヤモンドプリンセスで子連れクルーズ3日目、高松寄港日の午後。船に戻ってからも、のんびり。


9/25(3日目) 高松②
●豆袋投げ
●プール巡り 
●ディナー(結婚記念日)
●ショー:ロックバイオリニスト・カテイさん


●豆袋投げ

fc2blog_20191011104620376.jpg
我が子が寝たのでお留守番はHDくんに任せて、私はアトリウムでの豆袋投げにチャレンジ。時間ギリギリに行ったら、説明が終わりちょうど投げ始めるところだった。1投目、かなりオーバー。2投目は一応近くに落ちた。

19DP1790.jpg
後ろにいた女性が台の手前から滑らすように入ってる人が多いと教えてくれた。4回投げるが入らず。


ちなみに、豆袋はこれ。豆袋投げって、どこかの国ではメジャーな遊びなのかな?

と調べたら、アメリカでは「ビーンバッグ」「コーンホール」と呼ばれるメジャーなヤードゲーム。日本でも障害者スポーツとして、ビーンバッグ投げが行われてるみたい。



賞品のコースターがなくなったところで終了。我が子にポテトをくれたKさんは1投目で入れたとのことで、コースターを見せてもらう。

交代で船内探検。

●ジム

私は小一時間探検とジム。ジムでは5〜6人が運動してた。

fc2blog_201910121908134c9.jpg
海を見ながら歩けるかなぁと思ったら、デッキしか見えなかった。しかも、ほとんど人も通らない。テレビも外国のニュースやスポーツとか。

fc2blog_20191012190838725.jpg
30分くらい歩いて100カロリー消費。

●プール巡り

ダイヤモンドプリンセスには、プールが4つもある。(デッキ9には船員専用のプールもあるので、それも数えれば5つ)

どこも監視員や保安係員はいないので、いろいろ自己責任。プールはオムツはずれが必要。水遊び用パンツ着用でも利用不可。水は海水を汲み上げて使っているので、しょっぱい。(でも、ちょっとなめてみたら、なぜか甘かった)

我が子はとにかくプールが大好き!今回の旅行をクルーズに決めた理由の一つがプール。クルーズなら、いつでも気が向いたときに、いくらでも泳げる!

クルーズ中、お部屋にいても浮き輪を持ち出したり、プール用のサンダルに履き替えたりで、プール行きたいアピールするので、ほぼ毎日プールに入った。

①屋外の「ネプチューンズリーフ&プール」
19DP1804.jpg
19DP1832.jpg
ここのプールでは、巨大スクリーンの映画を見ながら入れる。大きくて、これが一番メインのプールかな?他のプールよりは人が多いんだけど、5人以上が同時に泳いでいることはなかったし、快適。

fc2blog_2019101111411307d.jpg
とにかく深い! 2.2mだったかな? 足はつかない。我が子がプールにしっかり入ったのはこのときだけかな? 冷たかった!

19DP1865.jpg
でも、冷たくてもジャグジーにすぐ入れば大丈夫。

②室内プールの「カリプソリーフ&プール」
19DP2071.jpg
室内だけど、天井がガラス張りで開放感ある。プールの水深は2.1m。ブッフェの横で少し人通りが多い。

fc2blog_20191012210712ac5.jpg
入るかなぁと思いきや、入らない。

fc2blog_20191012210755c4c.jpg
プールもジャグジーも誰もいなかった。

③デッキ12最後尾のプールは大人専用。
19DP1798.jpg
19DP1802.jpg

19DP1952.jpg
その上(デッキ15最後尾)のジャグジーは子供も入れる。ここは人通りがやや少なくて落ち着いた雰囲気。デッキ後方なので、航跡が見えてきれい。デッキ15最後尾からは泉の湯のジャグジーが見えるけど、人が入ってることは少ない。

④デッキ15の前方も大人専用。ここのジャグジーが一番勢いがあるらしい。
19DP1816.jpg


屋内プールでも水温は低め。屋外プールの方が、まだ温かく感じられた。(外国人はtoo coldと言いつつ、泳いでた)
どのプールにも温水ジャグジーが二つずつ併設されていて、そこはあったかい。ジャグジーは場所によって結構温度が違ったので、寒い日に入るなら温かいところを要チェック。③デッキ15ジャグジー左舷側は、温泉か!ってくらいあったかい日もあった。

19DP1919.jpg
高松出港はジャグジーで。ジャグジーで会った男性が、ディナーの隣席にいて声をかけてくれたんだけど、ディナー正装されていると誰なのか全く気づかず。我が子がパパに似てると言われる。

出港マルゲリータイベントとプリンセスパターにあったから、マルゲリータがふるまわれるなら飲もうかなぁと思ったら有料だった。水着のまま行ったので、とりあえず着替えにお部屋に戻る。

●船内お散歩

19DP2270.jpg
着替え終わって夕陽を見に行く。

19DP2391.jpg
19DP2393.jpg
19DP2397.jpg
すごくきれい。

19DP2415.jpg
19DP2462.jpg
すごく風が強くて、我が子は風に向かって手を出す。

fc2blog_20191011103033804.jpg
我が子はこのイスが好き。

●お部屋でワイン

20歳以上は、750mlのワインかシャンパンを1人1本だけ手荷物で持ち込める。私たちはワインを二本持ち込んだ。(手荷物に詰め替え忘れて、スーツケースに入れたまま持ち込んでしまった。)

パブリックスペースであけるには、15ドル必要なんだけど、部屋での開栓は無料。私たちは、ブッフェのチーズや生ハムを部屋に持ち帰って、持ち込んだ安ワインをチビチビと飲む節約生活をした。

19DP2466.jpg
ブッフェに並ぶデザート。

19DP2470.jpg
我が子はインドのパリパリを気に入った。クルーズ中、我が子が野菜を食べてくれないことがあって、そのときは果物を食べさせた。パイナップルはおいしくて、我が子もいっぱい食べた。

19DP2484.jpg
HDくんはブルーチーズをたっぷり食べる。ブッフェのタコはメインダイニングのタコよりおいしい。

●メインダイニングでのディナー

お昼のうどん二杯と、その後のちょこちょこ食べで、私はほぼ食欲なし。

今日のメニューにはトンカツがあり。先日食べたブッフェのトンカツは全然おいしくなかったんだけど、私たちは大のトンカツ好きなので避けて通れない。まぁ期待し過ぎずにオーダー。

19DP2507.jpg
アイランドパイナップルと砂糖漬けのピスタチオ(ナツメヤシ風味のマスカルポーネチーズとともに)。これは頼まなくてもよいメニューだった。

19DP2504.jpg
マンゴーと洋梨の冷製スープ(砂糖漬けしたショウガとミントとともに)。砂糖漬けしたショウガなんて、入ってたかな?

19DP2518.jpg
19DP2520.jpg
カーティス・ストーンさんのメニュー 鶏肉とリーク(西洋ネギ)のポットパイ(バターたっぷりのサクサクとしたパイ、タラゴン、クリーミーなグレービー)

19DP2522.jpg
豚カツ(パン粉をまぶして揚げた豚カツを和風マスタードソースで、キャベツの千切りを添えて)。結果、定食屋のトンカツって感じ。ブッフェよりはマシだけど、まぁ普通。

我が子にはフィッシュ・スティック。

19DP2529.jpg
主菜を食べ終わって、いつもならデザートメニューが出てくるタイミングで、ハッピーアニバーサリー!

ハッピーアニバーサリーの歌(ハッピーバースデーの替え歌)をオリバーさんと近くのウェイターさんで歌ってもらえた。ということで、今日はデザート選択できずにお祝いケーキ。

fc2blog_201910111038066c9.jpg
我が子にはあまり甘いおやつはあげていないし、チョコレートなんてほぼ食べたことないんだけど、食べたいアピールが激しいので少しだけ食べさせた。

fc2blog_20191011104036cc6.jpg
親指AFの設定のまま写真を撮ってもらうと、ボケボケになる。旅の定番。

19DP2540.jpg
明石海峡大橋が見えたとき、ウェイターさんがカーテンを開けてくれた。(他のウェイターさんに開けないように注意されてたけど、どんどん開けてた)

19DP2577.jpg
さっきは窓越しに撮ったので、ディナー後にデッキから撮り直す。

●カテイさんライブ@プリンセスシアター

今日のショーは、カテイさん(ちょっと中田ヒデ風)のロックバイオリンライブ。中国人で韓国育ちの父と台湾人の母。日本で生まれ、オーストラリアで育つ。ダイヤモンドプリンセス出演アーティストの中でも人気が高いらしい。

コールドプレイ、カノン、ファーストラブ、イングリッシュマンインニューヨークなどを演奏。ロックなバイオリン(アンプを通したバイオリン)はいまいち好みではないのかも。最後の曲(情熱大陸だったみたい)の前に退出。日本語と英語の両方のMCが慌ただしい。

19DP2554.jpg
HDくんはディナーの後に19:45~のカテイさんのショーを見に行くが、間に合わず。ちょうどミキコさんとビクターさんのショー後のおしゃべりになってしまってたみたい。


今日はアネロン飲まず。






   
  
3日目-高松① 2019ダイプリ
  
ダイヤモンドプリンセスで子連れクルーズ旅3日目。そして、今日は結婚記念日(10周年)! 

今日は高松に寄港。高松での停泊は9:00~16:30。


9/25(3日目)高松①

■朝はのんびり

■高松港でのんびり
 ●港近くの「たもや」で讃岐うどん
 ●港で無料讃岐うどんと和三盆体験


■朝はのんびり


今日も我が子は、夜中2:30くらいから30分くらい起きてはしゃいで、ベッドから2回落ちる。夜中に起きたので、朝起きるのは遅くなるかなぁと思いきや、5:30に起床してアンパマンふりかけで遊び始める。

19DP1433.jpg
現在位置確認したら、もう鳴門海峡大橋をくぐった後だった。

●朝食ブッフェ
 
19DP1457.jpg
スモークサーモンとクリームチーズのベーグルサンド。クリームチーズは毎日あったけど、スモークサーモンはない日もあった。朝食バイキングにスモークサーモンがあると、とても嬉しい!

19DP1459.jpg
朝食ブッフェに夜ダイニングのウェイターさんが居た。

19DP1442.jpg
19DP1443.jpg
19DP1453.jpg
19DP1452.jpg
パンいろいろ。ダイヤモンドプリンセスの自家製パン。普通のおいしさ。私は主にクロワッサンを食べた。オーストラリア人が多いからか、ジャムの横にベジマイ(オーストラリアの納豆的なあつかいのペースト)もおいてあった。HDくんに食べるようにすすめたけど、食べず。

19DP1444.jpg
19DP1445.jpg

19DP1446.jpg
外国人はけっこうコーンフレーク食べてた。

19DP1447.jpg
ブルガリアヨーグルトはいろいろな種類があった。

19DP1449.jpg
納豆、海苔もここにある。(だんだん海苔が足りなくなってきたのか、旅の終盤は海苔が細かく切られてた)

19DP1448.jpg
おかずコーナーにも、マフィンやサンドイッチ的なものとかが置いてある。

19DP1450.jpg

19DP1451.jpg
フルーツはあと、メロン、スイカ、パイナップルがあり。

他にもソーセージ、オムレツ、オートミール、おかゆ、お味噌汁などいろいろあり。

●モーニングショー

19DP1435.jpg
7時前、まだ起きるか迷ってるときにモーニングショー見る。ゲストは今日ライブをするカテイさん。船長は「ふしぎ発見」のクルーズ特集に出たイケメン。船長は3ヶ月契約。このクルーズで休暇に入る。昨日のウェルカムグラスタワー・パーティは船長のイケメンな顔を見る良い機会だったけど、それどころではなく見逃してしまい残念。

ダイヤモンドプリンセスは、高松入港は2回目。ダイプリのことは、「ダイヤ」と略してた。

クイズの賞品(船グッズ?)はメッセージが読まれた人の中から3名選ばれることを知る。(と思ったら、次の日からは応募者全員から3名だった) 初日はまだクイズに応募する人が少なくて、早めに応募するとプレゼント当選確率が高そう。

fc2blog_20191011101032963.jpg
クイズを出しに図書室に行く。

●記念日のお祝い

今日は結婚10周年の記念日。

クルーズの申し込み書には、クルーズ中に記念日とかある?を記載する欄があった。意識したわけじゃないんだけど、そういえばちょうど結婚10周年だ!

歌ってお祝いとかそんなに嬉しくないんだけど、なんか貰えたらいいなぁ、くらいな欲張った気持ちで申し込み書に結婚記念日を書いてみた。

すると朝、お部屋のドアにはhappy anniversary が!
19DP1473.jpg
(あと、メインダイニングでのディナーでもお祝いされた。その様子はまた後で)

■高松港でのんびり


●高松での観光計画

高松には来たことがあって、金毘羅山にも行ったし、高松市内の主な観光スポットにも行ったことがある。→コチラ

なので、離島に行こう!と、女木島行きを検討してたんだけど、ターミナルの場所が少し離れていて、船の時間も合わないので断念。

船は辺鄙なところに停泊して、高松駅までタクシーで10分。有料シャトルバスに乗ると1人10ドルと高い!

他の人のクルーズブログを見ていると、着岸地点から徒歩で行ける讃岐うどん屋さん(たも屋)があるみたい。

19DP1507.jpg
朝、デッキを散歩してたら、船から観覧車が見えて、たも屋のすぐ近くだ。あの観覧車に乗って、その後で讃岐うどんを食べようかな?

19DP1533.jpg

fc2blog_20191011101204b97.jpg
いったん下船してみると、もう九月末なのに暑い!

19DP1557.jpg
ゆるキャラとハイタッチ! カマタマーレ讃岐(J2? J3?)のさぬぴー。

19DP1561.jpg
暑いので、無料配布のうちわがうれしい。

下船に時間がかかるかと思いきや、何も待たされずにそのまますぐに降りれた。時間がかかるのは、テンダーボートのときと、出入国審査があるときだけなのかも。

仮設の観光案内所へ。観覧車はもう、営業していないとのこと。港から徒歩で行ける観光地もなさそうだし、やっぱり高松での観光は、「たも屋」で讃岐うどん食べるだけにしよう。

でもまだお腹もすいていないので、また船内に戻る。たも屋では、せっかくなので天ぷらをいっぱい食べたい!なので、ギャラリー、カジノ、デッキをお散歩して、お腹が空くのを待つ。

●アートギャラリー(デッキ5)

19DP1596.jpg
絵画だけでなく、有名スポーツ選手使用グッズなどが展示されている。(今回、私たちが見たときはなかった)

ここに展示されているものは、船内で開催されるオークションで購入することができる。オークションには記念参加してみたので、その様子は後日。

展示されている絵画は毎日変わる。夜行くと、結構本気の商談っぽい感じの人たちがいた。

fc2blog_20191011101515273.jpg
この傘の絵はいろいろなサイズである。オークションにも出てた。ピーター・マックスと言ってた気がするので、どんな人かググったら、ビートルズのイエローサブマリンに影響を与えたサイケでおしゃれや絵を描いた人だった。でも、画像検索しても、この傘の絵は全然出てこないから、違う人かも。

●カジノ

19DP1608.jpg

19DP1654.jpg
今日も我が子は人のいないカジノを走り回る!

●下船して「たも屋」で讃岐うどん

1040頃、再び下船してたも屋まで歩く。高松では、自治体が募集したお見送り隊200名以外は船に近寄れない。ダイプリが高松に寄港するのはまだ2度目ということもあってか、ダイプリを見にきてる人(主に中高年)が、ちらほらいるんだけど、船に近寄れずに残念そう。

離れたところからは、コンテナに隠れてしまって全貌が見えない。保育園のお散歩の先生が「大きいテレビがあるね〜」と言ってた。

19DP1711.jpg
たも屋。

19DP1730.jpg
讃岐うどんは何を頼もうか迷う。HDくんの真似して冷やぶっかけ。ダイプリのカードを首からさげてたからか、店員さんに船に乗ってきたんですか?と聞かれた。

19DP1712.jpg
19DP1729.jpg
いろいろあって迷う……。えび¥130って安いなぁ。

19DP1727.jpg
ひやぶっかけにしたのに間違えて冷や用じゃないつゆを注いでしまったけど、だしが優しいかんじでおいしかった。レシートもらい忘れ。2人分で850円くらいかな。

19DP1715.jpg
トッピング前

19DP1721.jpg
トッピング後。いろいろ無料でかけれるのが嬉しい。

19DP1719.jpg
我が子もうどんとごぼ天食べる。ごぼ天柔らかかった。うどんカッターあった。


●高松港でのおもてなし

19DP1746.jpg
たも屋でうどんを食べて、また船に帰ってきたら、讃岐うどんの無料サービスが!おなかいっぱいなんだけど、せっかくなので頂くことにする。半玉分らしい。

19DP1750.jpg
うどんのこしがあまりなくて、たも屋の方が美味しかった。なんにせよ、思いがけず高松で2杯もうどんを食べることができて満足。

19DP1752.jpg
和三盆作り体験。大学の学生さんが教えてくれる。

19DP1754.jpg
和三盆はこのあたりの名産品らしい。(そういえば以前、金比羅山で和三盆ソフト食べたなぁ→コチラ) 和三盆を作るためのこの木型は、この辺りだけで作ってるらしい。

19DP1756.jpg
我が子はビニール手袋を嫌がってできず。

19DP1760.jpg
和三盆をおいて、

19DP1765.jpg
ギュッギュと指で押す。押しが足りないと、ちょっと崩れちゃう。


fc2blog_20191011113828f3f.jpg
余分な砂糖を落とす。

19DP1777.jpg

19DP1768.jpg
HDくんは何を作ったんだったかな?

19DP1779.jpg
私が作ったひょっとこ。作りたては食べると、ほろほろ~。

初日に我が子にポテトをくれた女性(Kさん)と偶然一緒にやる。Kさんとはこの後もいろいろなとところで会い、いろいろおしゃべりして楽しかった!

●出国手続き

高松の次の寄港地は釜山。なので、高松を出るまでに出国手続きを済ませないといけない。

12:30頃、船に戻ったらちょうど出国手続きが開始した。開始直後に行けたからか、手続きは全く並ばずにさらっとコピーチェックされるだけで終わった。(その後、何度もいろんな言語で出国手続きをするようにアナウンスあり。指定時間を過ぎても手続き終わってない人もいて、最後は名指しで呼び出されてた)

我が子は電池切れなかんじだなぁと思ったら、昼寝した。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーストラリア ベジマイト 220g[税率8%]
価格:745円(税込、送料別) (2019/10/12時点)


   
  
2日目-鳥羽② 2019ダイプリ
  
ダイヤモンド・プリンセスでのクルーズ子連れ旅。
鳥羽・答志島から帰ってきて、のんびりした後はフォーマルナイト!


9/24(2日目) 鳥羽②

船内ぶらぶら

フォーマルナイト
 ●ウェルカムグラスタワー・パーティ
 ●ダイニングでディナー
 ●プロダクションショー:ブラボー



■船内ぶらぶら

 
●モーニングショー

19DP1054.jpg
モーニングショーは34分もある。ゲストはマジョリカパールのペルー人。毎日、船などに関するクイズが出題されるみたい。

●ブッフェのデザート、船内お散歩

ダイヤモンドプリンセスに戻って、15時ごろ、デザートとりにブッフェへ。混んでて座れる場所がないので、タッパに入れて部屋に持ち帰る。
19DP1049.jpg
19DP1051.jpg
アップルパイ普通。緑のレモンライムっぽいのおいしい。

我が子は相変わらず、めちゃくちゃ元気。カジノやバーなど、船内のいろんなところを走り回る。こんなに広いところを自由に走り回れることはあまりないからか、我が子の走るのがすごく速くて驚く。見失いそうで焦る。

fc2blog_20191009194726663.jpg
船内はふだんとは違う雰囲気の写真が撮れて嬉しい!

●カジノ(デッキ6)

19DP1090.jpg
19DP1100.jpg
公海上ではカジノがオープンする。ブラックジャック、ルーレット、ポーカー、バカラ、スロットマシーンなど。一日に購入できるトークンは3000ドルまで。

19DP1076.jpg
19DP1099.jpg
開催中は、子どもは入れないんだけど、非開催中は自由に入って写真を撮れる。我が子もお気に入りの場所。いつ開催していたかはっきりしないけど、10日間のクルーズ中、概ね非開催だったような。2145〜のショーを見た後に通ると、開催していた気がする。


●プロムナードデッキ(デッキ7)

デッキ7は、船の外周をぐるーっと歩ける。ウォーキングしてる人もいる。

19DP1176.jpg
2.5周で1マイルの看板。(1周で650m?)

19DP1175.jpg
海見ながらのをお散歩コースに最適。夜とか天気の悪いときとか?ところどころ閉鎖されて、ぐるーっとはできなくなっているときもあった。

19DP1178.jpg
テンダーボートは、こんなかんじでくっついてる。

19DP1192.jpg
チェアも多く用意されていて、海を見ながらのんびりもできる。チェアは、夜にはたたまれる。


●フォトギャラリー(デッキ7)

19DP1196.jpg
船内には専属カメラマンが居て、乗船時や寄港時、パーティのときなどにいっぱい写真を撮ってくれる。撮られた写真はデッキ7の廊下に展示されて、いつでも購入できる。買うつもりはないんだけど、ついつい自分が写っている写真を探しちゃう。


食事どきのブッフェなんかは、さすがに混雑しているけど、それ以外は無人でガラガラの空間も多い。船には乗客乗員4000人も乗っているのに、みんなどこにいるんだろう? 船内はこの日に限らず、混雑を感じることは少なくて快適だった。

fc2blog_201910091943551a8.jpg
図書館でモーニングショーのクイズ応募する

fc2blog_20191009195245f08.jpg
フォーマルナイトのシャンパンタワー準備されてた。

●キッズルーム(デッキ15)

15時〜我が子とHDくんキッズルーム。基本は託児。我が子は心配なところがあるので、HDくんが見守り。外国人の子どもたちは画面にあわせて踊るゲームを楽しんでたみたい。16時~手品が始まり、我が子が出たがったので退出。

私は出港するのを見る

●ズンバフィットネス @クラブフュージョン

15:30~ズンバに行く。ズンバ、やってみかったから嬉しい! 昨日、出港時に我が子にポテトをくれた女性に会えた!

ズンバは飲み物あるほうが良い。40分くらいだから、なくてもどうにかなる。ちゃんとスポーティな格好で来てる人が多い。男性もチラホラ。日本のエアロビのようなしっかりした指示はなくて、ふんわりとマネするかんじ。うまく動けなかったけど楽しかった。汗かいた。

●またまたブッフェへ

19DP1281.jpg
ディナーのタコよりとびっこがプチプチしてて、おいしい。海老も貝もおいしかった。

19DP1270.jpg
昨日、我が子はディナーの途中で寝ちゃった。19:45~夕食だとやっぱり我が子には遅い。だから、早めに少し食べさせておこう。といろいろ野菜をとるけど、我が子はチップスばかり食べてた。

19DP1269.jpg
19DP1276.jpg
我が子の夕食を食べさせに来たんだけど、ついついブラウニーとかワッフルとかとって食べちゃう。味は普通。



■フォーマルナイト


今晩は、フォーマルナイト。
7~13泊のクルーズでは2回、フォーマルナイトがある。終日航海の日か、15時出航とかの日になりがち。

私たちは、終日航海日ではなくて、2日目と8日目がフォーマルナイトだった。フォーマルナイトのドレスコードはもちろんフォーマル。

●私たちのフォーマルは・・・

fc2blog_201910091954471a7.jpg
HDくんは、普通のスーツ。
私は、ちょっとキラっとてろっとしたワンピースにアクセサリー派手め。
我が子は、白シャツに蝶ネクタイに黒パンツ。

我が子の寝落ちも想定して、先にシャワーもブッフェでの食事も済ませておいた。1840頃からアトリウムをブラブラしたり、写真撮ってもらったりする。写真を撮ってもらう時、我が子のおなかをこちょこちょすると一番笑う。

周りに小さい子はほとんど居ないこともあってか、いろんな人たちが我が子をかわいがってくれた。ナイス!ハンサム!グッドボーイ!とかみんなに言われる。

fc2blog_20191010103255bef.jpg
階段でスタイリッシュなポーズ!

fc2blog_20191010110559369.jpg
シャンパンタワーと我が子。


●キャプテン主催ウェルカムグラスタワーパーティ

1回目のフォーマルナイトでは、グラスタワーパーティが、2回目にはバルーンドロップパーティある。

19DP1232.jpg
グラスタワーは、こんなに重ねても倒れないくらい、揺れが少ないですよ!というアピール。グラスタワーの高さは、そのときの船の揺れ具合で変わるらしい。

13段の写真をよく見るんだけど、私たちのときは11段だった! 台風の後で、ちょっと揺れが大きかったのかな?今回は371個のグラスを使ったらしい。

19DP1370.jpg
船長と一緒にシャンパンを注いでいる写真を撮れるんだけど、すごい行列。1番の人は1時間前から待っているらしい。子連れで大変なので並ばず。

シャンパンをタワーの一番上から上品に注ぐのかと思いきや、適当にバシャバシャ振り掛けたりもする。このシャンパン(スパークリングワイン?)は無料で振舞われる。このタワーのシャンパンだけじゃ、3000人弱の客に行き渡らないので、タワーとは関係ないスパークリングワインも振舞われてた。

19DP1292.jpg
グラスタワーパーティは19時から。お昼寝せずにはしゃぎ回った我が子は、そろそろ限界。

19DP1362.jpg
スパークリングワインが振舞われるころに、我が子は抱っこをせがんで寝た。仕方なく、我が子を抱っこしながらシャンパンも飲む。

fc2blog_20191011070013dee.jpg
抱っこしたら、すぐ寝た我が子。私はヒールで足が痛い。抱っこでヒールはきつい。ずっと険しい顔してるとHDくんに言われる。次はもう少し安定したヒールにしよう。安定してるけど、足がきれいに見えるヒールないかなぁ。

fc2blog_2019101110000026b.jpg
ベッドに降ろしても、そのまま寝てる。(どこかに置くと起きてしまうことも多いのに……)

●メインダイニングでのディナー

我が子は寝たまま、抱っこしてダイニングへ。お行儀が悪いけど、ダイニングのイスに寝かせる。

私たちの担当のウェイターさんは2人。インド南部出身のシーカーさんと、フィリピン出身のオリバーさん。どちらもいい人そう。

シーカーさんは、HDくんの撮った写真を見せて見せてって言ってくる。あと、料理だけじゃなくて、サーブしている手も入れて写真撮ってと何度も言われる。

このウェイターさんたちは、メインダイニング以外でもお仕事してる。次の日の朝にブッフェで会ったり、釜山の日にアフタヌーンティーで会ったりした。

19DP1396.jpg
鴨と豚肉のリエット(堅焼きのバゲット、ポートワイン風味のレッドオニオン、ミニキュウリとともに)

19DP1394.jpg
ショウガの風味が効いたエビの生春巻き(アジア風海藻サラダとともに)。私的にこれははずれメニュー。中にごはんが入ってた。

19DP1411.jpg
シュリンプ「ダニエル」(ブラックタイガーエビの直火焼き、カフェドパリ バター、ブロッコリー、野菜入りチャーハンを添えて)

19DP1410.jpg
牛フィレ肉のグリル、コニャック&ペッパーコーン入りデミグラスソース(ニンジンとスクワッシュのロースト、パルメザンチーズとジャガイモのベニエを添えて)

19DP1419.jpg
たぶん、ニューヨークチーズケーキ

19DP1423.jpg
たぶん、なんとかチョコレートケーキ

19DP1416.jpg
プチフルール。頼んでなくても、ウェイターさんが「どう?」というかんじで見せてくれる。この日しか見なかったから、フォーマルナイト限定かな?

1945-2025で食べ終わる。

●ブラボー@プリンセスシアター

船には座席数900の本格的なシアターがある。シルクドソレイユと同じ設備が使われている。ここでは、ミュージカル形式だったり、ダンサーやシンガーのショー、マジック、社交ダンス、落語などが毎日あって無料で楽しめる。

1日2公演。開始時間は日によってちょっとずつ違う。19:45~と21:45~が多い。(たまに、18:45~と20:45~)

ビデオ撮影、フラッシュ撮影が禁止。席は自由。来た人から勝手に座る方式で、たいてい満席になる。子どもも入場可。

19DP1424.jpg
HDくんは、夕食後そのままプリンセスシアターへ。今日の公演は「ブラボー」。プリンセスシアターでの公演で、一二を争う人気の公演らしい。

19DP1429.jpg
HDくんが夕食後にいくと満席表示が出ていて立ち見だったらしい。

私は、我が子を連れて部屋に戻っていったん寝る。2130に起きて、ブラボーへ。10分前くらいで7割くらい埋まってた。フォーマルナイトなので、私は一応フォーマルな格好のまま行ったんだけど、フォーマル率半分くらい。かなりカジュアルな人もいた。

19DP1427.jpg
感動はしないけど、きらびやかなショーだった。すごく眠かったけど、寝れずに見れた。何の曲かはわからないけど、だいたい知ってる曲なかんじ。キラキラなドレスよいなぁ。踊りも素敵だった。

HDくんの感想は「歌うま外人たちが声を震わせてるなーって感じ」

ショーが終わった後、クルーズディレクター・ミキコさんとかの明日のショーの紹介などがある。(が最後まで聞かずに出ることも多かった)




次回、クルーズに行くときはロングドレスが着たいなぁ。
   
  
2日目-鳥羽① 2019ダイプリ
  
ダイヤモンドプリンセスで子連れクルーズ旅2日目。

今日は鳥羽に寄港する。鳥羽に停泊するのは0700-1500と短め。早めに出港して、今日はフォーマルナイトのイベントが船内である。いろいろ忙しくて盛りだくさんな1日。


9/24 鳥羽①

■朝食ブッフェ

■答志島観光
 ●マルハチとじんじろ車
 ●美多羅志(みたらし)神社
 ●血洗い池、八幡神社
 ●まるみつ寿司


■朝食ブッフェ


19DP0709.jpg
朝、起きたら部屋のテレビで現在地を確認。
こうやって見ると、愛知の渥美半島ってだいぶ鳥羽に近い。

19DP0710.jpg
プールを通らないように後ろのエレベーターでブッフェへ。

19DP0713.jpg
晴れてて、気持ち良い!

19DP0733.jpg
プシューっと水を出してたけど、何をする船なんだろう?

19DP0724.jpg
我が子の朝食は納豆・海苔をメインに、刻んだ野菜、ヨーグルト、パイナップルとか。

19DP0725.jpg
19DP0726.jpg
19DP0734.jpg
コーヒーはウェイターさんに頼んでもよいし、自分で入れることもできる。この日だけ、かきまわすのをつけてくれた。噂通り薄いコーヒー。アジアの安いホテルのコーヒーを思い出す。

昨日はブッフェでレモネードをいっぱい飲んだ。水筒を二本持ってきたので、一本には水、もう一本はレモネードを入れることにした。我が子もすごくレモネードを飲みたがるんだけど、朝はレモネードなし。朝のラインナップを聞くと、牛乳、オレンジ、アップル、パイン、トマト。

マスカラ忘れて、ガーン! どこかで買おうなぁ。と思ってたら、後日見つかった)


■答志島観光


●鳥羽での観光計画
 
私たちは、離島に旅行するのが好き。
鳥羽からは、灯台目当てで菅島に行ったことがある。ちょうど10年前の結婚前旅行のときだ→コチラ

今回は、まず三島由紀夫の「潮騒」で有名な神島に行くことを検討したんだけど、神島へは55分と少し時間がかかるのと、いい時間のフェリーがなかったので断念。私は以前MCKと行った→コチラ

神島の次に検討したのが答志島。
すごく大きな観光スポットはないけれど、集落散策とか海の幸とかがありそう。答志島へは、鳥羽マリンターミナルから18分で行ける。ほどよい時刻の定期船もある。

答志島には答志、和具、桃取の3つの集落があって、人口は2200。船は、答志と和具に止まって、この間は15分くらいで歩ける。
なので、鳥羽→(船)→答志→(徒歩観光)→和具、ランチ→(船)→鳥羽。という計画にした。

●着岸

着岸は、鳥羽マリンターミナル付近。港が小さいので、ダイヤモンドプリンセスは着岸できない。そのため沖に停泊して、テンダーボートで鳥羽マリンターミナルに上陸する。(荒天だと、上陸できないこともあるらしい。)

19DP0736.jpg
700に船は停泊したんだけど、私たちが部屋を出たのは730。海寿司で下船のための整理券をもらう。

19DP0771.jpg
19DP0751.jpg
19DP0757.jpg
船内アナウンスで整理券番号を呼び出されたら乗船。乗船まで、バー巡りして時間をつぶす。

19DP0782.jpg
755乗船(特に整理券見せない)→805頃 鳥羽マリンターミナル着

船から船に乗るってドキドキしたけど、全然こわくなかった。テンダーボートは150人くらい乗れるたかな? 結構ギュウギュウ詰めにされた。上の階に乗れると気持ち良さそう。

19DP0796.jpg
テンダーボートを降りると、なぜかライフセーバーっぽい人たちと写真撮影。この人たちはなんだったんだろう? 各寄港地で写真を撮られるんだけど、そのとき一緒に撮る人たちは着ぐるみだったり、忍者だったり意味不明。

19DP0795.jpg
鳥羽港からテンダーボート越しにダイヤモンドプリンセス。

鳥羽は、マリンターミナルから鳥羽駅までが近くて、徒歩10分くらい。私たちは、ここからまた船に乗って答志島へ行くので、鳥羽駅へは行かず。多くの人たちは、ココからバスで伊勢神宮とかに行ったみたい。

●鳥羽マリンターミナルから答志島へ

fc2blog_20191008101525cbd.jpg
マリンターミナルビル内にある顔出し看板。

19DP0800.jpg
券売機が気になる。

19DP0813.jpg
鳥羽港 9:00 →答志島(答志)9:28 運賃¥550×2人
時刻表→コチラ

19DP0815.jpg
船はすいてる。観光客が乗るというより、地元の人が使ってるかんじ。

19DP0822.jpg
船からもダイヤモンドプリンセスが見えた。

19DP0828.jpg
答志港に到着。普段なかなか見ないタバコの自販機が気になる我が子。

19DP0826.jpg
「答志島架橋」の看板。え? 鳥羽港?とつなぐの? けっこう遠い気がするんだけど、そんな計画があるみたい。鳥羽港と答志島の距離は2.5km。ちなみに、江の島の橋は389m、角島大橋は1,781m(角島人口726人)、明石海峡大橋は3,911m。

島の大きさに対して、けっこう壮大な計画な気がする。ちなみに、答志島の人口は約2,300人。角島に比べると人口は多いけど、観光などの要素は低めだし、どれくらいできそうなのかな?
答志島架橋建設促進協議会公式ホームページ→コチラ
wikipediaに日本の離島架橋というページがあった。→コチラ

19DP0831.jpg
答志港付近は、迷路みたい。小道がもりだくさん。マルハチとじんじろがたくさん。

19DP0839.jpg
あと、島ではしめ縄が一年中飾られていたりで、かなり独特な雰囲気。

●島の風習(マルハチとじんじろ車)

答志島では、各集落ごとに八幡神社がある。

19DP0842.jpg
19DP0845.jpg
19DP0838.jpg
この八幡神社のご神紋である「マルハチ」がいたるところに書かれている。八幡祭りの墨で書かれているらしい。これはナニコレ珍百景とかでも紹介されたらしい。

19DP0841.jpg
島は車が入れない狭い路地が多い。そこで、鍛冶屋の甚次郎さんが考案した「じんじろ車」という手押し車もいたるところにある。島の人たちは、これで魚や荷物を運んでいる。

19DP0830.jpg
船をおりてすぐ、じんじろ車を押してるおばあちゃんがいた! でも、けっこう狭い道でスクーターに乗ったおばちゃんとすれ違ったりしたから、最近はスクーターに変わってきてたりするのかな?

fc2blog_20191010114138c9e.jpg
井戸がいいかんじ。使えるのかな?

19DP0860.jpg
蜂が止まってた。何のお花かな? ランタナっぽいけど、葉っぱが違うかな?

●美多羅志(みたらし)神社、近くの公園

19DP0866.jpg
答志と和具の氏神様を祀る神社。

19DP0878.jpg
19DP0882.jpg
2008年に発見された、龍の顔みたいな樹で有名。「これが龍です!」みたいな案内板はないんだけど、たぶんこれかなぁ?

19DP0874.jpg
19DP0880.jpg
女の子が生まれると、100日目にここでお参りして白い石を12個置く。この白い石は神聖なので、ここのお参りするときは靴を脱ぐ。

19DP0884.jpg
19DP0883.jpg
オオウナギがいるみたい。

19DP0869.jpg
梛(なぎ)の木。熊野神社などのご神木。嵐の中で夫を案じた妻が神のお告げで梛の枝を投入れたところ、嵐がやみ無事戻れたことから「凪」という名がついたと言われ、船乗りや漁師が航海安全・交通安全のお守りにした。梛の葉は丈夫で切れにくいので、男女の縁や商売のお守りにした。

船でこんな感じの枝を持ってた女性がいるけど、梛だったのかな?

19DP0867.jpg
神社の入り口近くにあった。

19DP0886.jpg
神社の近くの普通の公園を見つけて、嬉しそうに走って行った。

fc2blog_2019100810130445b.jpg
ゆらゆらのウサギは初めて見るタイプ。

19DP0924.jpg
普段はあまりしないすべり台も何回もやってた。

19DP0927.jpg
少し広い道は車がビュンビュン通るから、走る我が子を追いかけねば!

19DP0936.jpg
トラックにシラスを山盛り積んで走ってる

19DP0935.jpg
19DP0937.jpg
カゴから溢れそうなシラス。

19DP0940.jpg
19DP0941.jpg
茹で?蒸し?てる人が居たり、天日干ししてる人もいる。島を歩いてると、時おり、シラスの香りが漂ってくる。

●胴塚、八幡神社

戦国時代に鳥羽城主で水軍の将として活躍した九鬼嘉隆は、関ヶ原の戦いで西軍に味方し敗れ、答志島で自刃した。その九鬼さんの胴塚、首塚、血洗池が和具港の近くにある。

ランチの11時まで少し時間があるから、それらを見に行くことに。

19DP0952.jpg
胴塚方面に歩いてたら、インスタ映えスポットが!

19DP0954.jpg

fc2blog_20191008103729004.jpg
我が子も天使に。

19DP0957.jpg
井戸? 神島でもこういうかんじの風景みたなぁ。

19DP0959.jpg
玉ねぎ、干してある。

19DP0961.jpg
胴塚。

19DP0968.jpg
何の木を干してるのかな?

19DP0970.jpg
19DP0971.jpg
血洗い池がどれがわからずに作業してるおじちゃんに聞いたら案内してくれた。血洗い感はなく、草ボーボーだった。首塚はまだあと20分くらいかかるので行かず。

19DP0976.jpg
19DP0980.jpg
八幡神社、こじんまりしていてシンプルでかっこいい。このシンプルさは、なんか前衛的というか、モダンというか、現代アートっぽい? 

●海鮮ランチ(まるみつ寿司)

答志島で一番有名なのは、桃取地区の牡蠣食べ放題。でも私たちは、クルーズでおなかいっぱいだろうから、牡蠣はあきらめて桃取方面へは行かず。

あとは、和具の「まるみつ寿司」と、答志の「ロンク食堂」の二つが有名で、どちらもTVでよく取り上げられる。どちらも旬の海鮮料理をいただける。私たちは、和具のまるみつ寿司に行きました。

19DP0997.jpg
11時のオープン待ちして、まるみつ寿司へ。

19DP1000.jpg
19DP0999.jpg


19DP1012.jpg
上にぎり寿司 ¥2100
さわら、かんぱち、いか、ひらめ、さわらあぶり

19DP1009.jpg
海鮮丼 ¥1550
うたせえびが動いてた!!!

19DP1016.jpg
両方にあった車海老の頭を焼いたのが、一番おいしかった。全体的に海老が美味しかった。

19DP1006.jpg
シーチキン細巻き ¥350 
なるべく細かめに切ってほしいとお願いしたから、ちょっとよれよれ。お寿司屋さんでも細かめに切るのは難しいんだなぁ。我が子が完食。

お客さんが大将に、鳥羽で外人が多いとおもったら大きな客船が来てて……、みたいなこと話しをしてた。私たち、それに乗ってますよ~と思ったけど言わず。言って盛り上がればよかったかなぁ。ちなみに、答志島からもダイヤモンドプリンセスが見える。

19DP1023.jpg
和具は「わかめとさわらの町」だったのか。そういえば、お寿司屋さんも「さわら推し」だった!

19DP1028.jpg

fc2blog_201910091942164c2.jpg
たこつぼと我が子。

fc2blog_20191011105155063.jpg
船乗り場には、地元の小学生が作った島のお魚の紹介があった。「がいええ」は「とてもよい」という意味みたい。「がいええぞ!」とか使うみたい。

●島の風習(寝屋子制度)

19DP1027.jpg
答志島では、中学を卒業した男児は世話役の他人の家で寝泊まりするという風習がある。一日中いるわけじゃなくて、夜に寝るときだけ行くらしい。これを寝屋子(ねやこ)制度という。鳥羽の無形民俗文化財に指定されている。寝屋子制度も含めて、島を舞台にした「ヤアになる日」というドラマがあるらしいので、そのうち見てみたい。

●船に戻る

19DP1035.jpg
12時の和具発の船で、マリンターミナルに戻る。定期船からもダイヤモンドプリンセスが見える。我が子は早朝3時くらいまではしゃいでいたので、定期船の中でついに力尽きて寝る。でも、鳥羽についてターミナルのイスに降ろしたら起きた。すぐテンダーボートに乗って帰る。

12:00 和具(答志島)→12::17 鳥羽港

●鳥羽で使ったお金 まとめ

答志島への船代 ¥2,200
お昼 ¥4,000
計 ¥6,200


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わそう 鳥羽答志島産茎わかめ煮 1kg メール便 送料無料
価格:2150円(税込、送料無料) (2019/10/11時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【無添加】釜揚げしらす(鳥羽市答志島産)400g
価格:1296円(税込、送料別) (2019/10/11時点)


   
  
ダイヤモンドプリンセス基本情報
  
ここで、お部屋のことなどダイヤモンド基本情報を紹介!

部屋(内側)についても、詳しく紹介!

■ダイヤモンドプリンセスの基本情報

19DP0075.jpg

ダイヤモンドプリンセスは、アメリカの船会社が日本で作ったイギリス船籍の船。2004年に長崎で建造された。完成前の2002年には4割が焼失する火事があった。

2014年に日本用に改修されて大浴場などもでき、今はずーっと日本の周りをぐるぐるしている。東京オリンピック中は、横浜沖でホテルがわりに使われたりもするらしい。

●乗客、乗組員

乗客は定員3100人。私たちの乗船時は日本人が1000人で外国人が1800人。外国人のうち、500人くらいがオーストラリア人。日本人の客層は95%がリタイア後の年配ご夫婦。日本人の子連れは、うち以外に5組くらいいたかなぁ。

乗客は、みんなが横浜から乗って横浜で降りると思っていたんだけと、そうではなかった。釜山まで、金沢まで、なんて人も居たし、なんかクルーズの後半は中国人率が増えてた気もする。

乗組員は1060人で、40カ国から来ている。フィリピン人が多くて500人。料理する人が150人。日本人は80人と少なめ。寄港地では、乗組員の1/3が当直として船に残る。残りは好き勝手に観光に出かけたりする。

フィリピン人が多いので、簡単なフィリピン語を覚えていくと良い。フィリピン語のありがとうは、サラマッポ。とメモしてあったのに、今回は「サラマッポ」使い忘れた。

外国船なので、スタッフのみなさんも外国人/英語が基本。外国人スタッフも簡単な日本語が通じることもある。船内での電話や、フロントなどでも「日本語で」といえば日本語を話せる人が出てきてくれるらしい。英語が全く話せなくても、大丈夫。

ただ、もっと英語をおさらいしていけばよかった! 私の英語もすっかりさびついてて、簡単な会話もさらっとでてこなかったり。次回はよく使うであろうフレーズとかちゃんと振り返っておこう。

スタッフも乗客も話す機会を持とうと思えば、たくさん話す機会がある。特にジャグジーやイベントの待ち時間などは、自然と話しかけやすい。

あと、韓国に行くんだから、韓国語もおさらいしておけばよかった。簡単な韓国語会話を習った事があるのに、全く、なんにも出てこなかった。私がなぜか覚えている韓国語は「アジョッシー、イーティーシャッツ、オルマエヨ」=「おじさん、このTシャツいくらですか」。

スタッフに限らず乗客もなんだけど、みんな子どもに対してとってもフレンドリー! エレベーターなんかでは、たいてい話しかけてくれる。

●船の大きさ、全体像

全長 290m
全幅 38m
総トン数 11.6万トン
完成 2004/2/26

数字だけ見てもピンとこないけど、すごく大きい。全長は、横浜ランドマークタワーくらい。日本船で最大は飛鳥IIの5万トン。それの2倍。でも、2004年建造物とちょっと古いので、最近のクルーズ船はもっともっと大きい船もあるらしい。すごい大きい船は大さん橋ではなく、大黒ふ頭から出港になるみたい。

19DP0568.jpg
船は18階まであって、乗客が使えるのは4~18階。13階はない。私たちのお部屋は11階。「デッキ11」と呼ぶらしい。デッキには、上の階から順にABCD・・から始まる名前がついている。
15階:SUN
14階:LIDO
12階:ALoha(アロハ)
11階:Baja(バハ)
10階:Caribe(カリブ)
09階:Dolphin(ドルフィン)
08階:Emerald(エメラルド)

そういえば、LIDO(リド)ってなんだ? と調べたら、屋外プール。知らなかった。

エレベーターはフロア到着時に「Baja!」とか言ってくる。デッキ11と言われればわかるけど、Bajaデッキとか言われても何階なのか悩む。

19DP0468.jpg
エレベーターは、前方、中央、後方にある。それぞれに六基くらいあるので、すぐに来るし、そんなに混雑もしていない。ただ、近くに止まってたものが来るとも限らず、事前にどれが来るかわかりにくい。

杖をついているような方も多く見かけたけど、エレベーターのドアが閉まるのも早いから、のり逃がすことも多そう。(足の悪くない私たちもどれが来たか気づかず、乗り逃がすこともあった) まぁ、そんなに急ぐこともないからよいんだけど……。

エレベーターがきた時、上に上がるときは一回音。下に降りるときは二回音。音で上に行くか下に行くかわかる。エレベーター内は操作盤が片側にしかなくて不便。

19DP0470.jpg
HDくんは「わかりにくい配列でいつも戸惑う」と言ってたけど、私は気にならず。

開閉ボタンの位置も微妙で、「開」を押してあげたいのに、見つけられずドアが閉まってしまう場面を何度かみた。一度閉まりだすと、途中で「開」を開けても間に合わないことが多かった。

19DP1518.jpg
天井はそんなに高くないので、階段で移動するのもそんなに苦じゃない。アトリウムのある7階と8階の間の階段だけちょっと段数が多い。

■私たちが泊まった内側部屋を紹介

私たちが泊まったのは、ダイヤモンドプリンセスの「内側」という窓もない一番安いお部屋。

安いお部屋でも、部屋を出ればほぼ平等に扱われる。高いお部屋だと、ダイニングの指定席、時間に融通が利くとか、ちょっとした特典はいくつかある。

私たちが泊まった内側部屋について、お値段から備品までいろいろ紹介します。

●お値段

10日間のクルーズで、1人¥208,000(正規)→¥118,000(割引後)。

海側バルコニー付き部屋は、¥308,000→178,000になっていた。

もちろん、海側の方がうれしい。でも、(3人で)12万円もプラスするほどでもない。
お部屋に居ずに、船の中をいろいろ動き回ろう!

海側希望なのに満室で、仕方なく内側にしたって人もたまに見る。確かに、内側が最後まで売れ残っている感じだった。私たちは内側がお得でいいと思ったけど、せっかくのクルーズなんだから!って人が多いのかな?

●広さ

19DP0094.jpg
19DP0096.jpg
19DP0098.jpg
お部屋の広さは、16~17m2。
他のカジュアル船よりは、(内側部屋にしては)少し広くて快適らしい。(他のカジュアル船のコスタ ネオロマンチカより1.5倍広いって人もいた)ビジネスホテルの極狭部屋なんかよりは、十分広い。

●インテリア

室内インテリアは、ホテルオークラのインテリアチームがデザイン。家具は大塚家具らしい。鏡がベッドの前後にあるおかげで、だいぶ広々感じられる。

●清掃

ルームスチュワードさんが、1日2回も掃除してくれる。3人以上の部屋だと、夕方の掃除のときに2段ベッドを出しておいてくれる。ただ、ベッドメイクはしてくれるけど、シーツを毎回取り替えてくれているわけではなさそう。数日おきに交換?

まれに、ゴミが残ってたり、タオルの数が足りなかったりすることがあった。ツイン/ダブルの変更も、ルームスチュワードに言えばよい。

19DP3463.jpg
19DP2472.jpg
19DP6498.jpg
掃除後はいつもベッドにチョコレートが置かれている。チョコの種類は3種類かな? 大味なアメリカっぽいチョコレート。

●ベッド

19DP0094.jpg
プリンセスラグジュアリーベッド!!!
2018年に旧ベッドから入れ替えられたすごいベッド。

19DP0113.jpg
厚さ22.5cmのマットレスと、厚さ5cmのピロートップ。少し柔らかめで、体が沈むんだけど厚いおかげで底に突き当らずにふわっとした感じ。腰痛持ちのHDくんは、寝起きが一番辛そうなんだけど、このベッドだとそんなに辛くなかったらしい!

厚いおかげでだいぶ床からの距離があって、我が子が転がり落ちないかドキドキ。(数回落ちたけど、そんなに変な落ち方はしなくてよかった。首から落ちたら危なそう)

19DP0119.jpg
枕元のスタンドに充電用のUSBポートあり。これでiphone の充電を出来るんだけど、充電のスピードがめちゃくちゃ遅い。HDくん曰く「たぶん1Aは出てない」

3人予約だと、プルマンベッド(壁から出る2段ベッドみたいなの)が付帯してくる。
私たちはダブルで4歳児は添い寝する。なので2段ベッドは出さず。たぶん、2段ベッドにする場合は下をダブルにできない。2段ベッドの上は狭そうだし、落ちそう。

●お部屋の備品、売店など

19DP6361.jpg
バスタオル、ハンドタオル、スリッパは備え付けあり。バスローブもあり。プールには、プール用タオルもある。

箱ティッシュがないと口コミで読んだ気がして持参したけど、洗面所にあった。ボディクリームあり。

売店には、外国製の酔い止めが売っている。酔い止めバンドも売店にあるみたい。

●持ち込み禁止のもの

火災防止の観点で、ドライヤーやコテ、アイロン、湯沸しポットは持込禁止。(フォーマルナイトもあるし、ヘアアイロンが持ち込めないのって、けっこうつらい。船内に美容院はあるから、気合の入った人方はセットに行くみたい)

19DP3488.jpg
ドライヤーと、電気ポット(+日本茶セット)は備え付けがある。ドライヤーは洗面所ではなくて部屋についてて、ちょっと不便。音もうるさい。

ほかにも、自転車やドローンも持ち込み禁止。

●収納

19DP8228.jpg
ベッドサイドの両側に、引き出し収納。

19DP8227.jpg
机の下も収納。

お風呂の前にクローゼット。
19DP0099.jpg
クローゼットも広くて、ハンガーもたっぷり。

19DP0108.jpg
全部で、40個もあった!

19DP8230.jpg
ランドリーの注文票もハンガーに下がってた。(よく見なかったから詳細不明) エリートメンバーになると、ランドリーが無料! でも、エリートメンバーになるには、乗船回数16回以上or 151泊以上が必要。それまでの特典はあんまり魅力的なものがないのが残念なところ。

19DP0107.jpg
鏡のついた扉を開けると、棚。 セーフティボックス、ライフジャケットもここにあり。

19DP0293.jpg
ライフジャケットの説明などは入口のドアにあり。

ベッドの下にスーツケースを収納できるという口コミもあったが、4人部屋だったからか、余分な布団がベッドの下にあったため、スーツケースはクローゼットにしまった。

●シャワー

リンスインシャンプーとシャワージェルの備え付けあり。髪がゴワゴワになると超不評のため、シャンプーは持参した。

HDくんは備え付けシャンプーを使っても、そんなに気にならないらしい。ゴワゴワなんかより、ワンプッシュで出る量が少な過ぎる方が気になるとのこと。10プッシュくらいで、やっと普通の量が出る。お勧めされたけど、私は使わず。

それよりも、旅の後半は肌がすごくつっぱたのは、ボディソープのせい?と思ったんだけど、もしかしたら船の乾燥のせいなのかな? HDくんも我が子も船にのって数日はすごく肌の調子がよかったけど、後半は乾燥からかまた肌の調子が悪くなってきていた。

19DP0102.jpg
シャワールームはとても狭い。油断していると、シャワールームの外側の床までビショビショになる。シャワーは固定ではなく、可動式でうれしい。水圧は弱め。

●トイレ

19DP0100.jpg
飛行機みたいな、バキューム式。

ジュニア・スイート以上で、バスタブ付き、シャワートイレ付きになるらしい。
私たちの内側は、1人118,000円。(割引後)
ジュニアスイートは、1人258,000円。(割引後)

●テレビ

19DP0109.jpg
普通の地上波TV番組は見れない。

日本語吹き替え、日本語字幕の映画をオンデマンドで見れる。(垂れ流しじゃなくて、見たいときに再生できる)

NHKBS1とNHKプレミアムがある。NHKプレミアムは朝はBS2と一緒で朝ドラやってるけど、午後につけると健康番組が多かった。

19DP0466.jpg
船の現在位置も見れる。

ブリッジカメラで外の映像も見えるけど不鮮明。

●モーニングショー

19DP1054.jpg
テレビでは、モーニングショーという船内放送もやっている。クルーズディレクターが、一日の船内イベント紹介や、次の寄港地案内などをしてくれる。毎日30-40分と結構なボリュームがある。

クイズがあって、答えといろんなメッセージを書いて図書室に投函すると、翌日のモーニングショーで5通くらいが紹介される。私が投稿したメッセージはほぼ毎日紹介された!メッセージが紹介される/されないに依らず、抽選で3人が賞品をもらえる。私は一度も当選せず。

モーニングショーという名前だけど、前日の夜21時か22時くらいには更新される。あと、TVの言語設定を英語にすると英語版のモーニングショーが見れる。英語版は、ただ言語が違うだけではなくて、出ている人や話している内容も違う別番組になっている。

●プリンセスパター(船内新聞)

19DP0457.jpg
毎日、客室のポストに船内新聞が届けられる。21時過ぎに、「パター!新聞!」って廊下から聞こえてきて、ポストを見ると入っている。

19DP0291.jpg
これには、天気予報とか日の出時刻、寄港地情報などの他、船内でのイベントスケジュールが載っている。毎日、これを見て1日の予定を立てることになる。

あと、寄港地でどこに停泊するのかも記載されている。どのターミナル/どの埠頭に寄港しているのか知らないと、船に帰ってこれなくなるのでとても重要。釜山では、ターミナル名をハングルでも記載もしてくれていたので、これをタクシーの運転手を見せることで、スムーズに港まで帰ってこれた。

●プリンセス@シー(Wifi使っての船内情報)

19DP1260.jpg
クルーズについての事前下調べを長時間したけど、これの情報は少なかった。(アンサーブックにのってたけど、読み飛ばしてた)

持ち込んだ携帯やタブレットから、ダイヤモンドプリンセスのWifi経由で情報サイトに無料で接続ができる。
・クルーズ日程、寄港地、気温、ドレスコード
・船内の総合案内、各施設の場所
・船内イベントのスケジュール
・船内会計明細

などを見ることができる。

これのメッセンジャー機能を使うと乗客同士でチャットができる。私たちは船内では別行動することが多いのに、携帯の電波が繋がらないことも多くて不便だなぁと思ってたけど、これで解決。ただプッシュ通知はしてくれないので、こまめに見る必要がある。

●インターネット/携帯電波/Wifi

寄港中や、出航してから1時間くらいは携帯の電波が届く。遠くに岩手が見えるなぁ、くらいでも電波が届いたこともあった。それ以外は携帯電波はない。内側部屋は、全周が鉄板で覆われているからか、寄港地でも携帯電波はほぼ入らず。(たまにうっすら入った)

データローミングOFFにしておかないと、海外寄港地で高額請求きそう。

Wifiは、有料で使用可能。
1分79セント。パック料金もあるけど、120分で69ドルとか。とても高いし、通信も遅いらしいし、利用しなかった。あと、デッキ5にインターネットカフェもある。

旅行中はインターネットが見れなくても、別によい。ただ、天気予報だけは詳しく知りたかった。テレビやプリンセスパターの天気予報は「晴れのち曇り」とかざっくりしたものなので、時間ごとの天気予報の情報が欲しかった。

●壁には磁石がくっつく

fc2blog_20191009212314d1c.jpg
マグネットフックを持ち込むのが船旅の定番らしい。フックを使って、クルーズカードを掛けたり、船内で受け取る書類、プリンセスパターなんかを貼ったりする。私たちは、耐荷重が低いものを持って行ったので、服などの重いものは掛けれず。

●ドアデコ

19DP0711.jpg
ドアにも磁石がくっつく。ドアをデコレーションして、自分たちのお部屋をわかりやすくしておくのが、これも定番らしい。ディズニーとか風船とかでかわいくデコってる人もいた。

fc2blog_20191009213545c8c.jpg
私たちはフェルトで作った「だるまちゃん」を下げてみた。

●迷子にならないように・・・

とにかく船は大きくて、1300室もある。迷子にならないように重要なポイント。

19DP0459.jpg
奇数の部屋は右舷。絨毯の端のピロピロが青。
偶数の部屋は左舷。絨毯の端のピロピロが赤。
といわれてたけど、絨毯の違いはよくわからず。(これは2017年に同じデザインに統一されたみたい)

エレベーターは前方を向いてることが多いので、エレベーター降りたら、左側に行くとお部屋に行けることが多かった。

19DP1261.jpg
エレベーター降りたら、勘で自分の部屋と思う方に行って、この表示で偶数か奇数を確認。エレベーターホールの絨毯にどっちが偶数でどっちが奇数の部屋かプリントしてほしい!



   
  
1日目-横浜② 2019ダイプリ
  
ダイヤモンドプリンセス子連れクルーズ旅。いよいよ横浜を出港!

9/23横浜②

●鏡割り

●出港

●船内ぶらぶら

●ディナー




●鏡割り


19DP0213.jpg
15時、アトリウムで鏡割り。

fc2blog_20191005193419ec6.jpg
10分前くらいにアトリウムにくると、そこそこの人出。15時ちょうどになると、どどっと人も増えた。

fc2blog_20191005193607d4f.jpg
航海の安全を祈願して船長とかが割る。

19DP0238.jpg
日本酒がふるまわれて飲んだけど、ゴミゴミしてて落ち着いて飲めない。冷えてて、すっきりした日本酒。


●避難訓練
16:15 カードに記載されていた場所で集合。

お勉強の訓練は英語でDrill。避難訓練の訓練もDrill。参加必須。入り口でカードをピッてされる。参加しないと呼び出される。

避難場所(マスターステーション)は、クルーズカードの右上に記載されている。
救命胴衣を部屋から持参する/しないは、船によるのかな?最近のダイヤモンドプリンセスは、持参しないことが多いみたい。

最初に場を和ませるために、「○○から参加の人~」とどこの国から参加で手をあげたり、「何回目か?」で手をあげたりした。やっぱりリピーターが多い。ちなみに、最初に「日本からの参加の人?」と聞かれてボーっとしてて手をあげそびれたけど、次回はまわりの外国人と和気あいあいできるように、「イェーイ!」ってかんじで手をあげたい。(この後の西洋人たちは、自分の国が呼ばれると「イェーイ!」的な返事をしてた)

その後、救命胴衣の使い方とか聞く。避難のポイントは、非常ベルが鳴ったら勝手に逃げるのではなく、ここに集合して誘導を待つこと! あと、水に飛び込むのは最後の最後の手段!

●出港


19DP0309.jpg
17:00 いよいよ出港。大さん橋には、見送りの人の他にも楽団とかダンスユニットもいる。大さん橋にお見送りに行くと、黄色いハンカチがもらえるらしい。確かに、写真をよく見ると、黄色いものがチラチラ見える。(詳細は大さん橋のHPに書いてあった。どの船がいつ出港するかもわかりやすい。→コチラ

船から紙テープを投げるやつは、イマドキやってないのかな?と思って調べたら、テープ投げるのは日本だけの慣習らしい。だから、今でも飛鳥IIとかの日本船ではやるけど、外国船のダイヤモンドプリンセスではやらない。

19DP0186.jpg
船からまわりの景色を見ると、赤レンガ、ランドマークタワー、マリンタワーと景色がよい!
デッキ14ではDJが音楽をかけてる。私たちはデッキ15から見たかな?

fc2blog_201910052115504ec.jpg
出港の際の、大音量の「ポー!」で泣いちゃう。

fc2blog_20191005211912d59.jpg
近くにいた女性がポテトをくれて、泣き止んだ。

19DP0397.jpg
出港して10分くらいでベイブリッジ!


fc2blog_20191005212846a5a.jpg
我が子とベイブリッジ!

19DP0407.jpg
ギリギリに見えるけど……

19DP0412.jpg
いざ、下を通過するとそうでもない。一番上からは橋まで2mらしい。

19DP0443.jpg
ベイブリッジと夕陽きれい!


●船内ぶらぶら


19DP0584.jpg
我が子は階段を気に入って、登りたがる。特にアトリウムの階段が好き。

fc2blog_20191005193044655.jpg
プールのあるデッキ14には、イルカのオブジェ。

19DP0178.jpg
fc2blog_201910051929187ca.jpg
19DP0180.jpg
ブッフェのそばにプールがあるんだけど、我が子がプールとかジャグジーを見つけると、めんどくさいからそこを通らないルートで移動する。

19DP0181.jpg
デッキ14の室内プールは天井がガラス張りで明るい。出港前から泳いでる人がいた。

19DP0182.jpg
卓球台もある!

19DP0269.jpg
デッキ5にはアートギャラリー。

19DP0263.jpg

19DP0253.jpg
ここは我が子のお気に入りポイント。毎日、くるくるまわしてた。

19DP0531.jpg
人のいないデッキを走る!

19DP0478.jpg
デッキ16。これはカーリング的ゲーム。たまに遊んでる親子がいた。

19DP0480.jpg

fc2blog_201910052137488e5.jpg
デッキ16でもジャグジーを見つけて入りたがる。

19DP0500.jpg
ジャグジーの横には巨大チェス。でも、このチェスで遊ぶ人は一度も見ず。
ジャグジーに突撃しようとする我が子を押さえる私が下の方に写ってる。

fc2blog_20191007105701a1d.jpg
ここも我が子のお気に入りスポット!デッキ15のスカイウォーカーズの入り口。

19DP0518.jpg
エレベーターホールの絨毯の丸い模様が好きで、よくぐるぐる回ってた。ちなみに、エレベーターはどれが来たかわかりにくい。

19DP0575.jpg
廊下、長い!

fc2blog_20191007105804855.jpg
部屋では持参したアンパンマンのおもちゃで遊ぶ。


●キッズルーム。
19DP0527.jpg
お昼にキッズルームに行ったときはドアが開いてたけど、基本的にドアは開いてない。1900~オープンみたいなので、ピンポンを押す。今日は登録だけでキッズルームでは遊べないとのこと。今回、日本人少ないので、日本語プログラムも用意してない。(後日もらえた)


●メインダイニングでの夕食


オーダー制フルコース。ドレスコードあり(基本スマートカジュアル。フォーマルナイトだけフォーマル)。前菜、スープ、メイン、デザートどれだけオーダーしても無料。

どのダイニングのどのテーブル、何時から食事か指定されている。私たちは、19:45〜6階のパシフィックムーン。(クルーズカードに記載される)

19DP0589.jpg
時間とテーブルは、クルーズ中ずっと同じところになる。だから、相席になる人は、クルーズ中ずっと同じ人になる。私たちは子連れなので、乗船前から「できれば非相席で」というリクエストをした結果、4人席が確保されて、非相席に。担当のウェイターさんもずっと同じ人になる。

フルコースで、テーブル全員揃って前菜、全員揃って主菜、全員揃ってデザート、と進行するので、相席だとテンポが悪くなる。のんびりおしゃべり、交流するのが大人の嗜みなのかも。非相席の私たちはいつも食べ終わるのは一番乗りだった。

ここで食事せずに、ブッフェに行くとしても特に連絡する必要なし。
(でも、ウェイターさんとの距離感も近いので、昨日はなんで来なかったの?って聞かれたり、お昼に船内で会うと、今日は来る?とか聞かれたりはした)

レストランに入るときにウェイターさんが消毒液を手に出してくれる。


19DP0598.jpg

19DP0599.jpg
有料メニューもあり。

19DP0606.jpg
無料のお水はブッフェよりもレストランの方がおいしかった。

fc2blog_20191007105936ad3.jpg
我が子にナフキンをつけようとしたら、嫌がられた。

19DP0593.jpg
我が子は、いつもパンを食べたがる。

19DP0661.jpg
ラム酒風味のフローズンピニャコラーダスープ(さわやかなココナッツパイナップルスムージー)。おいしい。HDくん、ピナコラ初体験らしい! 気に入ったみたい。フローズンではなかった。スムージーっぽいドロっとしたかんじ。冷製スープはジュースだから頼むとよいという口コミを見てたけど、確かにその通り!

19DP0657.jpg
口コミで評判のよかった「タコの酢の物」(ミリンで和えたタコ、ワカメ、キュウリのスライス)を頼んでみた。タコ少なめ。普通。


19DP0672.jpg
じっくりとローストした、トウモロコシで育った牛のプライムリブ ローズマリー風味のソースと西洋ワサビクリーム(トウモロコシ、トマトの網焼き、アイダホポテトを添えて)。お肉おいしい。

19DP0677.jpg
パラマンディ(スズキ)、パイナップルとパパイヤのサルサ添え(フライパンで焼いた切り身に、エンドウ豆、タケノコ、カイワレダイコン、ポテトケーキを添えて)

fc2blog_20191008073756509.jpg
メインを食べ終わると、ウェイターさんが机の上を整理して、デザートメニューを持ってきてくれる。ついつい写真を撮り忘れがち。

私としては、我が子の滞在時間をなるべく減らしたいから、最初からデザートまで頼んでしまいたいけど、やっぱりそういうのってマナー違反になっちゃうのかな? 次回のために、「子供があまりゆっくりできないタイプだから、最初にデザートまで頼んじゃっていいかな? 料理もさくさくもってきてほしい」という丁寧な英語のフレーズを準備しておこう!


19DP0690.jpg
小麦粉不使用チョコレートケーキ(ダブルクリーム、リキュール漬けベリー)だったかな? ウェイターさんにおすすめされた気がする。チョコ濃厚甘い。

19DP0698.jpg
ミルクチョコレートヘーゼルナッツのスフレ(アマレット風味のサバイヨン)。持ってきてくれて、すぐ穴をあけてソースを注ぐから、写真を撮りたい人は準備を忘れずに。

杏仁豆腐の風味がする。アマレットを調べると、「アーモンドのような香りをもつリキュール。杏仁(杏仁豆腐などにも使われるアンズの核)を使用しているものがほとんど」ということで、杏仁豆腐を感じたのは正しかった。ちなみに、サバイヨンはイタリア起源のムース状のクリーム。

fc2blog_20191007115531f85.jpg
キッズ・メニュー。塗り絵になっていて、クレヨンももらえる。

19DP0650.jpg
我が子は毎日フィッシュスティックを頼んだ。旅の後半は完食することが多かった。一度くらい、餃子を頼んでみればよかった。

fc2blog_201910071108440dd.jpg
寝そう……と思ったら、

fc2blog_20191007110332c86.jpg
我が子は、初めての食事中に寝落ち。

fc2blog_20191007110113a1e.jpg
がくんがくんしてイスから落ちそうだから、仕方ないので抱っこしながらディナー。落ち着かない姿勢で、一時間くらいでデザートまで食べて終了。たぶん、一番乗り。

fc2blog_20191007111252f81.jpg
このまま寝たけど、0時すぎに起きてしまった。そして、3時半まではしゃいで寝なかった。普段、布団4枚分を縦横無尽にゴロゴロしながら寝ているので、普通のダブルベッドだとすぐに落ちそうになっちゃう。

19DP0290.jpg
今日はバタバタして、船内新聞(プリンセスパター)もちゃんと目を通さなかった。ショーも見に行かなかったけど、社交ダンスチャンピオンのショーだったし、見に行けばよかったなぁ。

19DP0464.jpg
19DP0452.jpg
ダイヤモンドプリンセスのエコバッグ。みんな愛用してた。観光地でもこれを持っているとダイヤモンドプリンセスのお客さんとわかりやすい。

●船の印象
船の印象は、船の中は意外と大きくない。大きいって何度も聞いてたからすごいのを想像してたけど、アトリウムやブッフェなんかは、意外とこじんまりとしていた。(でも、船を外から見ると、すごく大きい!)

船はすごく大きいし、揺れ防止のスタビライザーもついていて、ほとんど揺れない!なんて触れ込みを何度も聞いてた。

で、期待しすぎたのか、思ったよりも揺れる。出港してすぐに気持ち悪くなってアネロン飲んだ。

私はこの後もほぼ毎日アネロン(酔い止め)を飲んだ。乗り物酔いにめちゃくちゃ弱いはずのHDくんは、初日アネロン飲んでたけど、その後は酔わなかった。不思議。

クルーズ旅常連さん曰く、今回の旅程では「初日は少し揺れたけど、それ以降は全然揺れてない」と旅の終盤にお話してた。




アネロンはネットで大量に購入すると、近所の薬局よりだいぶ安い。



世の中には、ミニ鏡割りセットなるものがあるみたい。
   


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ