FC2ブログ
  
君が夏を走らせる(瀬尾まいこ)
  

「君が夏を走らせる」 瀬尾まいこ 著 


~あらすじ~
金髪にピアスでふらふらしている俺が先輩の子ども(1歳)の面倒をみる羽目に。
何とかひと夏を乗り切ろうとする16歳の出会いと別れの物語。

瀬尾まいこさんの本は、ほっこり暖かい気持ちにさせてくれるものが多い。
でも、これはそんなでもなかった。

子供も出て来るし、泣けそうかなぁと思ったけど、泣かず。
出て来る女の子(鈴香ちゃん)は1歳10ヶ月だったかな?
赤ちゃん言葉をたくさん話したり、いろいろまねしたり、
我が子もいつか、こんな日が来るかなぁ?

時々、出て来る大田君の駅伝話がなんか知ってる気がするなぁと思ったら、
「もう少しあと少し」が大田君の駅伝の話なのか。
前に読んだ気がする。

大田君が公園でママ友さんができて、ママ友さんに大田君とは子供のことしか話さない。
子供を連れた金髪の少年が来たら、ついつい何か聞きたくなっちゃう気もするけど、
普通に良いお兄さんと思って何も聞かないかもなぁ。

それにしても、大田君はえらい!
子供もおいしいものなら食べるんじゃないかと、いろいろ工夫してごはんを作る。
えらいなぁ。
我が子もおいしいものなら、もっと自分で食べてくれるかなぁ。

   
スポンサーサイト
  
朝が来る(辻村深月)
  


前に読んだことあったかも。

前半の養子縁組の話とか、不妊治療の話からサスペンスっぽいところは期待したけど、
後半は携帯小説みたいなありがちなかんじ。
最後も、結局、解決してるのかなんだか……。

養子縁組のくだりは興味深いと思ったけど、実際の養子縁組のドキュメント番組そのままで、
しかも引用した団体に許可をとってないとかで、問題になってたみたい。

子供を産む前は、養子を育てるなんて想像がつかないけど、
子供を産んでみると、ずっと一緒にいればかわいいだろうし、少し理解できる気がしてくる。
でも、問題があったときに、自分の子供というところがやっぱりがんばりどころになる気がする。

科学が発達して、養子に自分の遺伝子注入とかできるよういなればよいのになぁと思った。



   


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ