FC2ブログ
  
伊勢日記1-10 三瀬谷の大黒屋に宿泊
  
17:28 外城田 → 18:05 三瀬谷 500円(JR)
駅のまわりは、真っ暗。
駅の反対側にある「道の駅」がまだやってそうだから行くが、やってなかった。
その隣のマックスバリュでお茶と日本酒(四日市の。普通)購入。

18:40宿「大黒屋」到着。
食堂(居酒屋さん)きれい。お部屋は別の場所にあり。
お部屋はアパートのお部屋みたい。
6畳×2、台所(ポット・お茶あり)、お風呂、トイレ。

居酒屋は賑わっていた。テレビは日本シリーズ(×ソフトバンク対○阪神)

IMG_9478.jpg
日本酒あずまじし(大台町)¥880
甘みがあって、でもすっきりもしてておいしい。

IMG_9481.jpg
夕食は、イカのお刺身、豚肉サラダ、唐揚げ、揚げだし豆腐。

IMG_9482.jpg
追加で、さんま寿司(お味噌汁付)¥650
さんま寿司おいしい! 
さっきの夕食より、断然おいしい!
(宿泊は食事なしにして、単品で頼んだ方がよさそう)

お風呂入って、少しおしゃべりして23時頃就寝。
いっぱい歩いたから、ぐっすり。
YKKは2時まで仕事してたらしい…。
スポンサーサイト



   
  
伊勢日記1-9 外城田めぐりで次郎柿をいただく!
  
IMG_9412.jpg
13:44 伊勢市 → 14:02 外城田(ときだ) 240円(JR)
MCKの持っていた本の「外城田めぐり 13Km 約4時間」を参考に歩く。
三重県多気郡多気町にある外城田は、古くから稲作が行われ、
伊勢神宮の神領となっていたこともあり、伊勢神宮の摂社、末社が10社あり。
参考地図→コチラ

IMG_9413.jpg
外城田駅は、思った以上に何もない駅だった!
降りる人もほんの少し。
駅前に自販あってよかった(ダイドー。町の自販はほぼダイドー)

IMG_9414.jpg
まわりは田んぼ。
稲刈り前だったら、きれいだったろうなぁ。

IMG_9421.jpg
少し歩くと、柿畑が広がる。
柿は収穫しやすいように、背が低い。

IMG_9417.jpg
柿を収穫しているおばちゃんたちに挨拶したら、柿をくれた!
しかも、すぐ食べれるようとお土産用と2つもくれた!

IMG_9418.jpg
普段は柿にありがたみを感じないけど、疲れた体に、自然の中で食べる柿はおいしい!
これから行く予定の神社のことを言っても、みんな行ったことないかんじ。

IMG_9420.jpg
柿畑の中にあるお手洗いを借りていると、おじいちゃんに
「オーナーさんですか?」「○○さんとこの人?」と話しかけられる。
柿オーナー制度というものがあって、¥10,000で100個の柿補償で、
自分で収穫できるみたい。楽しい制度だ。
で、今はいろんなオーナーさんが収穫に来てる時みたい。
柿は次郎柿だったかな?
さらに柿がもらえそうな雰囲気だったけど、欲張らずに先に進む。

落ちた柿は柿の木の根元に集められている。栄養になるのかな?

IMG_9422.jpg
小学校の手前に神社があったけど、とりあえず、先を急ぐ。

IMG_9423.jpg
油断すると、洋服にイガイガがついてる!

IMG_9424.jpg
道には寺社の案内は全くない。目印になるものも少ない。
MCKのガイドブックの数少ない表示は「NKGの看板」とか……。

IMG_9425.jpg
あの、こんもりした林の中にお寺があるみたい。

IMG_9426_201411140720518a4.jpg
15:20山田寺到着。観音様が立っていた。

IMG_9429.jpg
階段があるから登ってみたけど、

IMG_9428.jpg
お堂があっただけだった。

IMG_9430.jpg
沢の先の神社への道。

IMG_9432.jpg
竹の倒れ具合がいいかんじ。

IMG_9433.jpg
もっと先まで行ってみたかったけど、帰りの電車に間に合わなそうで断念。

IMG_9434.jpg
レトロでいいかんじの公民館だったけど、写真にすると伝わらない。

IMG_9435.jpg
お堂もいいかんじに見えたけど、写真にすると伝わらない。

IMG_9437.jpg
「死が落ちるので」と見えて、宗教的な標語かと思って近づくと、
「瓦が落ちるので」だった。

IMG_9438.jpg
青い車にネコ。

IMG_9439.jpg
度会郡玉城町(たまきちょう)のマンホール。
中央の町章を町の花・サクラが囲んでいる。

IMG_9440.jpg
お笑い横丁。

IMG_9443.jpg

IMG_9446.jpg
15:50田乃家神社
伊勢神宮皇大神宮(内宮)の摂社(内宮の摂社27社のうち第5位)。
同座神社の田乃家御前神社。

IMG_9448.jpg
やっぱり誰もいない。

IMG_9449.jpg
祭神・・・大神御滄川神(おおかみのみさむかわのかみ)
農耕者と家の守護神。
鰹木が6本あることなどから、格式の高い神社ということみたい。
(多くの摂社は鰹木が4本で、神社も少し小さめらしい)

IMG_9451.jpg
ここも隣に御敷地がある。いつ遷宮するのかな?
(MCK調べによると、20年に一度補修して、40年に一度遷宮みたい)

IMG_9452.jpg
16:10 東外城田神社 行きも通ったけど、場所が違う。

IMG_9453.jpg
イメージ的には、参道が途中で90度曲がってるかんじ。

IMG_9454.jpg
神社はちらっと。

IMG_9455.jpg
突き当たりで曲がった! 小学校を囲むかんじで、参道。
(真ん中に、こんもりと石)

IMG_9457.jpg
積み上げて遺跡っぽいお墓あり。

IMG_9458.jpg

16:30 蚊野神社
伊勢神宮皇大神宮(内宮)の摂社。内宮の摂社27社のうち第7位。
外城田川の支流の川の守護神を祀る。
地元では、「かなもりさん」とよばれる。
なんでだろ?と思ったら、「蚊野森」からきてるみたい。

IMG_9459.jpg
入口がわからなくて、森っぽくなっているまわりをぐるっと一周。
入口が、木のアーチで秘密の入口っぽくてかっこいい。

IMG_9463.jpg

IMG_9465.jpg
お宮もかなりひなびていていいかんじ。
ここも鰹木が6本。

IMG_9466.jpg
やっぱりここも人がいない。

IMG_9467.jpg
ここは苔の絨毯がきれい。

IMG_9470.jpg
全般的に人がいなくて、道を聞きたくても人がいない。
神社にも全然人がいない。人がいなくていいかんじだけど、もったいない。

IMG_9472.jpg
MCKは駅の近くにある棒原(すぎはら)神社(皇大神宮摂社)までさらにがんばった。
(石段90段!)

IMG_9475.jpg
私とYKKはヘトヘトで駅へ。

IMG_9477.jpg
16:55 無事駅に到着。

IMG_9476.jpg
日が暮れる前につけて、よかった。夕焼けもきれい。

MCKは時間に間に合わないのではないかと、乗り換えをチェック。
でも、MCKは無事、しかも余裕を持って、戻ってきた!

「外城田めぐり」は地味なコースかもしれないけど、
人がいなくて渋いかんじがよかった。
摂社末社巡りもよいかも。



   
  
伊勢日記1-8 伊勢うどん @なきりや食堂
  
IMG_9408.jpg
参宮木札の特典のある「伊勢うどんの山口屋」へ。
老舗の伊勢うどん屋さんみたい。
団体が入ってたらしく、運悪く行列。
店員さんにきくと電車に間に合うか微妙なかんじ。
13:20頃まで待つけど、あきらめる。

その近くにあったお店「なきりや食堂」へ。
お客さんがほぼいなくて、ドキっとしたけど、
すぐ作ってもらえてよかった。

IMG_9410.jpg
伊勢うどん ¥480 
¥500きっていて、えらい!

久々の伊勢うどん。つゆが甘くておいしい。
時間がないって言ったから、少し麺が固めだったらしい。
確かに、言われてみれば、もっと前食べたのは、ゆるゆるだったかも。
お店の人のかんじもとてもよくてよかった。
(私たちの後に2組お客さんが入ってきたから、
たまたますいてる時に入店したみたい。)

5分くらいで、がんばって食べて、急いで駅に行き、間に合った!

駅で赤福3コ入り¥290?購入
   
  
伊勢日記1-7 倭姫宮
  
12:16五十鈴川駅→12:20徴古館前 バス 
(フリーパス利用 通常は¥180)

12:30
IMG_9395.jpg
倭姫宮(やまとひめのみや)
祭神の倭姫命(やまとひめのみこと)は天照大御神を伊勢に導いた女神。
まだ遷宮前。

IMG_9396.jpg
階段があって、たじろぐが、軽めの階段でよかった。

IMG_9398.jpg
手水舎も新しくなる前。

IMG_9400.jpg
やっぱりここも誰もいない。

IMG_9403.jpg
新しいお宮が右にあり。
遷御の儀:平成26年12月10日(水)
御白石持行事:平成26年11月30日(日)の予定

IMG_9407.jpg
写真だとわかりにくいけど、灯篭にあわせて、塀が切り抜かれている。

IMG_9405_2014111310331328f.jpg
きのこ?

12:50 徴古館前→13:01伊勢市駅 バス11分
(フリーパス利用 通常は¥220)
   
  
伊勢日記1-6 ピッカピカの月読宮
  
内宮→月読宮 バス3分 中村町下車 徒歩5分
(フリーパス利用 普通に乗ると¥230) 

11:40
◆月読宮
天照大御神(あまてらすおおみかみ)の弟神・月読尊(つきよみのみこと)をお祀りする内宮の別宮。
外宮の別宮である月夜見宮(つきよみのみや)と同じ御祭神

IMG_9385.jpg
やっぱり外宮内宮以外は、ほとんど人がいない。
鳥居、新しい!
(春に行ったときは、まだ遷宮前→コチラ

IMG_9388.jpg
月読宮は4つお宮があって、お参りする順番が決まっている。

IMG_9389.jpg

IMG_9390.jpg
月読宮は新旧4つずつ並んでるのが見れるかと思ったら、
古いのは新しいのの奥だから、ほぼ見えず。

IMG_9391.jpg

IMG_9392.jpg
新しいのが4つ並んでると気持ちよいなぁ。
4つ並んでる姿を写真に撮るのは、難しい!

IMG_9394.jpg
新しいのの奥に、古いのがうっすら見えるような、見えないような。

IMG_9387.jpg
社務所の前のこれには何か意味があるのかな?
社務所の人が忙しそうで聞き忘れた。

社務所も建て直されていた。
社務所横のお手洗い、きれい。

月読宮→五十鈴川駅 徒歩10分
   
  
伊勢日記1-5 内宮 馬に会えた!
  
10:30
◆内宮 
IMG_9362.jpg
人、いっぱい! 暑くなってきた。

IMG_9364.jpg
五十鈴川もおだやか~。

IMG_9365.jpg
川が穏やかなので、手水を川でする人も多い。

IMG_9367.jpg

IMG_9366.jpg
瀧祭神(五十鈴川の守り神)

IMG_9368.jpg
お神札授与所を右に行って橋を渡り、

IMG_9369.jpg
前回行き忘れた風日祈宮(かぜひのみのみや)
元寇で神風を吹かせて日本を救った風神。
(外宮の風宮と同じ神様)
稲がお供えしてあった。

IMG_9371.jpg
奥に新しいのが控えていた。
茅葺の厚さの違いがよくわかる。

IMG_9372.jpg
御正宮の前には、蕃塀(ばんぺい)。

IMG_9375.jpg
御正宮 
こちらも古いお宮は、もうなくなっていた。

IMG_9376.jpg
荒祭宮は行列。
混んでいるときは、ゆっくりの人とすばやくの人と列を分ける制度希望!

IMG_9378.jpg

IMG_9379.jpg
御厩(みうまや)には馬はいないかなぁと思ったら、いた!
なんか、かわいい! 今まで会えなかったから、余計にありがたい!

IMG_9380.jpg
子安神社(安産・子授けの神様)、大山祇(おおやまつみ)神社

おはらい町は混んでそうなので、お昼は外宮で食べることにする。



   
  
伊勢日記1-4 外宮前で木札、ぱんじゅう
  
外宮を出たら、首からさげる木札を配布していた。
少し並べばもらえるそうなので、せっかくだから並ぶ。


神宮のご用材を使用しているらしい。


「参宮」と干支が書いてある。
12年分集めると、どこかのホテルの招待券がもらえるらしい。
でも、配布される日程はかなり限定されているし、あまり情報もないので、
集めるのは困難そうだなぁ。

IMG_9358cut.jpg
木札は今年で5年目。
列を整理する人々がいろいろ観光説明をしてくれる。
「伊勢神宮におみくじがないのは、伊勢神宮に来ることが
とてもありがたく大吉だから」

IMG_9360.jpg
なのかのぱんじゅう 

IMG_9359.jpg
外宮前にあったお店で、ぱんじゅう購入。

IMG_9361.jpg
カスタードくりーむ ¥80?
温かくて、おいしい。小さくて、手軽に食べれる。
でも、大判焼きと比べてコスパは悪い。

外宮→内宮 バス 10分
(フリーパス利用 普通に乗ると、¥410)
バスはタイミングよく、すぐ乗れた。

   
  
伊勢日記1-3 外宮 土宮で儀式に遭遇!
  
外宮・日別朝夕大御饌祭が終わり、神楽殿まで戻ると人員整理中。
何か、また儀式っぽいものが通るらしいので待つ。




これから土宮で儀式があるみたい。
(来年、土宮が1月、風宮が3月に遷宮?)




儀式ではみんな座ったり立ったりを繰り返す。
青い人々は大工さん。(警備員さん情報)
(近くにいた子供が、「お父さんは棟梁であそこにいるよ」と言ってた)


みんな、足がそろってる。


やっぱり、そろってる。


古いほうで儀式をしたら、新しい方へ。
古いほうはお賽銭箱のまわりの囲いをはずしてたから
再び設置してた。


新しいほうのお参りは、カメラマンがたくさん。

儀式はまだ続きそうなので、一旦お参りへ。

風宮で旅行中の天気をお願い。


もうだいぶ茅葺屋根がはげてきてる。


お隣には新しいお宮が準備中。


これはどこだったかな?

多賀宮(混雑・春にはもう新しかった)をお参り。
御正宮の後は、多賀宮から回った方がよかったみたい……。


再び土宮へ。


儀式も終わってた。


井戸だったかな?


亀石。亀といわれれば、亀のような。
「外宮は池が左にあるから、左側通行。
外宮は五十鈴川が右にあるから、右側通行」 by 近くにいたガイドさん


四至神(みやのめぐりのかみ)。ただの木かと思いきや、神。


御厩。今日もお馬さんはいない。


なんの実かな?

   


カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ