FC2ブログ
  
御曹司きよやす邸でハンバーグランチ @六本木
  
ミッドタウンOTK君おすすめランチリスト筆頭の松六屋で牛ひつまぶし御膳を食べたかったんだけど、
1150に行ったら、すでにランチ売り切れ。ガーン!

なので、同じ系列のお店へ。
御曹司きよやす邸
鎌倉プリンスにもお店があるみたい。
掘りごたつで、しっとりした感じの落ち着くお店。


肉汁たっぷり!!やみつき和牛ハンバーグ
ハンバーグ150g(特製ダレ) お漬物 小鉢 *御飯 *味噌汁 150g ¥1,200

普通においしい。
静かでゆっくり話ができるかんじがよい。
店員さんが長身イケメン(若干、ホスト系)が多い。


ミッドタウンのお庭にはゴジラ!


なんでゴジラ?と思ったら、ゴジラの映画が公開されたのか。


六本木から青山を抜けて、渋谷まで約1時間のお散歩。
渋谷青山の手前は歩いたことがなかったから、面白かった。
スポンサーサイト
   
  
耀きの静と動 ボヘミアン・グラス @サントリー美術館
  
bohemian.jpg
◆プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス
@サントリー美術館 (六本木ミッドタウン)

ボヘミア…現在のチェコの西・中部
「カットとエングレーヴィングによって、水晶のように耀くボヘミアン・グラス。
13世紀頃に始まるガラス製造は、1670年代、透明度が高く、
光との共鳴が美しいカリ・クリスタルの発明によって興隆し、
18世紀には、ヴェネチアン・グラスが流行するヨーロッパのガラス市場を
席巻する勢いに。19世紀に様々な着色・絵付け法が開発。
モノクロームの美は、一転、色彩豊かに変貌します。
20世紀には、世界に君臨するガラス彫刻を築きあげ、
今もなお発展し続けています。」
エングレーヴィンがどんな技法かは理解できてないけど、
トップ画像のゴブレットは繊細なエングレーヴィング。

heart chakura
ハート・チャクラ 2007 パヴェル・トルンカ
今回、一番楽しみにしてた作品。
会場では上からライトが当たってた。
写真みたく、ちょっと斜めに当てたら、もっときれいな気がする。
想像より幻想的じゃなかった。

wrestlar.jpg
レスラー 1925年頃
かわいらしい作品。他の優雅な作品から浮いてた。

shuryou.jpg
狩猟文瓶1725~1730年
狩猟をモチーフにした作品がけっこうあった。
上部のにわとりがかわいい。

frute.jpg
フルート形トールビーカー 1400年頃
こういう大きいコップで、何を飲んでたんだろう?
ワイン?

ボヘミアン・グラスの価値がよくわからないので、あんまりありがたがれなかった。
昔のものより、モダンなもののほうがよかった。

休刊日貸切の招待券だったので、ゆっくり見れてよかった。






ミッドタウン内に、ねぶたが飾られてた。
うさぎがかわいい。
   


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ