FC2ブログ
  
ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男★★★.5
  
Amazon Primeのおすすめ作品に出てきたので観賞。
最近、『イミテーション・ゲーム』を見たときに、チャーチルって誰だっけ?なんて思った。
夜、観たら寝ちゃいそうだけど、午前中に時間ができたので、観賞。



ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男


監督:ジョー・ライト (『プライドと偏見』 イギリスの監督。1972年生まれでまだ40代
主演:ゲイリー・オールドマン
2017 アメリカ=イギリス合作
原題:Darkest Hour

首相に就任したばかりの政治家ウィンストン・チャーチルを主人公に[6]、第二次世界大戦中の激動の時代を描いた。

アカデミー賞主演男優賞、メイクアップ省(辻一弘)受賞


チャーチルは第二次世界大戦時のイギリスの首相。
(なんとなくチャーチルってソ連ぽい響きと思ってしまうのは、なぜだろう?)

HDくんはチャーチルがあまり好きじゃない。(なんで?)

奥さん、できた人。夫婦の仲が良さそうでよかった。

なんでチャーチルは野党から支持されてるの?

裏ピースで写真を撮られるの、かっこよかった
と思ったら裏ピースは「クソ喰らえ!」らしい。

カレーの4000人。ダンケルクの30万人。
カレーもダンケルクもフランスの右上の方の海沿い。

チャーチルはアメリカのフランクリン・ルーズベルトに電話してた。

チャーチルは本当に地下鉄に乗ったのかな?

チャーチルのWikipedia、すごく長い!
第二次世界大戦の本を書いて、ノーベル文学賞を受賞している。

なんでドイツ負けちゃったんだろう?、あれ? ドイツって勝ったっけ?
と思わせる内容。

そういえば、先日見た『イミテーション・ゲーム』はドイツの暗号を解読して、勝利の一因になったお話しか……。

本作も『ヒトラー最期の12日間』もタイピストさんが出てくる。
おじさんばかりの中で若い女性も出さないと華やかさがなさすぎると思うとタイピストさんとの話とかがちょうどよいのかな……。

ゲイリー・オールドマンって名優というイメージがあるけど、果たしてどんな役をやってたんだっけ?と思ったら、ハリポタとかに出てた。あと、【JFK」のオズワルドもやってた。『JFK』は長くて有名な話だから観てないけど(3時間42分!!!)、アマプラにあったし見てみようかな。

・・・・・


★気になった英語
・「静粛に」 というのが議会のときに何度も出てきて、「ホールドオン?」って言ってる?と思ったけど、
「Order!(オーダー!)」って言ってるのかな?
最近、ブレグジットで揺れるイギリス議会で「オーダー」の言い方が面白いと動画がバズってるみたい。
「order」に静粛にするという意味があるなんて知らなかった。

・スピーチの中で、「we shall never surrender.」
そういえば、shallって使ったことないなぁ。

・・・・・

★HDくんの感想
「チャーチルのことを少し知ることができて良かった。
戦争のすごく限られた数日にだけ注目してるので、見終わった後、これだけ?となった。」

スポンサーサイト



   
  
ぼくと魔法の方程式★★★★☆
  
amazon primeで観た映画。
Sっちゃんもamazon primeに入っていて、参考にしてくれてると聞いたので、もしよかったらの個人的おすすめ映画。

ぼくと魔法の方程式

監督:ロジャー・ロス・ウィリアムズ
2016年製作/91分/アメリカ
原題:Life, Animated

★愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった――。
“信じる"ことを諦めなかった家族に訪れた、愛と奇跡のハートフル・ドキュメンタリー!
★第89回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画部門ノミネート!
★本作に感動したディズニー社が異例の使用許諾!
『リトル・マーメイド』『ライオン・キング』など名作ディズニーアニメーションの数々が登場!



2017年4月にシネスイッチ銀座で公開してた映画。
シネスイッチにはずれなし。(私的に)

泣けた!
なんか序盤から泣けた!

最初、仲良く遊ぶ兄弟のホームビデオ。
あれ? 自閉症の子のお話だと思ったのに、全然そんなかんじじゃないなぁと思ったら、途中で言葉を失うタイプ(折れ線型?)の自閉症だった。

比べることじゃないけど、最初から話さないのもつらいけど、途中から話さなくなるほうが、もっとつらい気がする。

話さなくなって、そして、ディズニー映画の言葉を話すところとかを両親が話しているところは、涙、涙。我が子が話したことがわかったときの喜びったら、ないだろうなぁ。

主人公のオーウェン君はとても恵まれていて、幸せだと思う。とても愛情あふれていて知的で、経済的にもしっかりしている両親。そして、優しい兄。兄には気負わずに、生きてほしいなぁ。でも、親としてはしっかりした兄がいて、安心だろうなぁ。

オーウェン君は大学まで行ってたけど、大学では何を勉強したんだろう。そして、卒業後のサポートもすごいなぁ。あんな素敵な家に住めてうらやましい。

最後のスピーチもよかった。スピーチの原稿も、お父さんはそばにいながらも、ちゃんと本人の言葉で書くように促していた。

オーウェン君はディズニー映画を観ているときは幸せそうだし、絵もうまいし、楽しいことがあってよかった。

我が子にディズニー映画を見せたくなった。私もだんなさんも、あんまりディズニー映画は見たことがないから、この機会に一緒に見るのもよいかも。

でも、先日お友達が「チップとデール」を子供に見せていたら、いつの間にか「チクショー!」とかを言ってて、「チップとデール」の影響らしい。


今日、覚えた単語
sidekicks=脇役って訳されてた気がするけど、「ヒーローと行動する相棒や親友」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくと魔法の言葉たち【動画配信】
価格:324円(税込、送料無料) (2019/12/20時点)


   
  
イミテーション・ゲーム★★★.5
  
Amazon Primeで観賞。

先日、観た「博士と彼女のセオリー」のレビューを読んでると、同時期に公開されたこちらの方が良かったと言ってることが多かった。あらすじがHDくん好み気がして、観賞。


イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

監督:モルテン・ティルドゥム(『パッセンジャー』)
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ
2014 アメリカ 114分

第二次世界大戦中にエニグマ暗号の解読に取り組み、のちに同性間性行為のかどで訴追を受けたイギリスの暗号解読者アラン・チューリングを描く。


主人公のアラン・チューリングさんはアスペルガーともいわれている。
そんなアランさんに対して劇中に出て来る言葉「変わった人は偉業を成し遂げる」。良い言葉だ。まぁ、そうとも限らないけど、そう信じたい。

映画では、そんなコミュ障のアラン・チューニングと同僚の間をキーラ・ナイトレイ演じるジョーンが取り持つ。私も言葉を言葉のまま受け取ってしまったりするから、私にとってのジョーンはHDくんな気がする。

暗号解読してよかったけど、なんで解読できたのかわからなかった。

昔は同性愛に対して、とても厳しかったんだなぁ。日本は昔の方が大らかだったような気がするけど。

ところどころ寝ちゃった。

私の中でエニグマといえば、海外のミュージシャン。学生時代、YKKちゃんがイカ漁船が思い浮かぶ音楽といってた気がするけど、どんな音楽だったかな?

HDくんの感想
「面白かった。時代を行ったりきたりし過ぎなのが気になった。暗号解読したくなった。」


   
  
そこのみにて光輝く★★☆☆☆
  
amazon primeでもうすぐ終了にあったので観る。
良い映画っぽい評判だけど、ねっとり暗そうなので多分好きじゃないだろうなぁと思いつつも、綾野剛だし菅田将暉だし観る。

そこのみにて光輝く

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

そこのみにて光輝く [ 綾野剛 ]
価格:3176円(税込、送料無料) (2019/12/10時点)



監督:呉美保
出演:綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉
原作:佐藤泰志
2014年 キネマ旬報ベスト・テン1位
第87回アカデミー賞外国語映画賞部門に日本代表作品
北海道函館を舞台に生きる場所のない男女の出会いを描くラブストーリー。仕事を失った男がバラックに住む女と出会い、家族のために必死な彼女をいちずに愛し続ける姿を描く。

想像通り、ねっとり暗かった。
画面自体も暗いところが多くて、何が起こってるの?とよくわからなかったり。

綾野剛も池脇千鶴も菅田将暉も評判通り良かったけど、話自体が苦手だから、どうにもならない。

演技してる火野正平も久々に見た(相棒以来?)。演技してるよりも、自転車に乗ってる火野正平の方が好きだ。

池脇千鶴はジョゼのときも生々しかったけど、本作でも生々しい。池脇千鶴の生々しさってなんだろう。

人を刺して逃げた後、交番に行っても自首にならないって言っている人がいて調べたら、
自首…事件が発覚前に捜査機関に罪を申告すること
出頭…すでに警察・検察に知られている事件の犯人として申し出ること
出頭しても罪は軽減されないけど、裁判官や検察官の心証はよい。



『ジョゼと虎と魚たち』大好き!
   
  
はじまりへの旅★★★★☆
  
はじまりの旅

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじまりへの旅 [ ヴィゴ・モーテンセン ]
価格:3344円(税込、送料無料) (2019/12/9時点)



監督:マット・ロス
出演:ヴィゴ・モーテンセン
原題:Captain Fantastic
2016 アメリカ

・ところどころぐっとくる場面もあり、面白かった。

・お父さんはホームスクールで子供たちを教育しててすごい
体も鍛えて、狩りも教えて、知識も与える。それってすごいなぁ。

・お父さんがひげを剃ってかっこよいなぁと思ったら、『ロードオブザリング』のヴィゴ・モーテンセンだった。

・滝にうたれるって万国共通?

・エスペラント語?ってどこの言葉?と思ったら、国じゃないのね。
エスペラント…ルドヴィコ・ザメンホフとその弟子(協力者)が考案・整備した人工言語。母語の異なる人々の間での意思伝達を目的とする by wikipedia

・万引きしちゃうの?
ちょっと万引きシーンは意外だった。

・チョムスキー
ノーム・チョムスキー(1928~)…アメリカ合衆国の哲学者。主にアメリカ社会に対し、常識と思われている事柄に鋭いメスを入れるアナキスト。

・「interesting(興味深い)」禁止
感想、分析は具体的に。

・長男はナミビアに行ったの? ナミビアの大学?

・家族で歌う歌がかっこいい。
母の葬式で家族が唄い踊る曲はガンズ・アンド・ローゼスの「Sweet child o'mine」。みんなで歌うには難易度高めなアレンジ。私も家族で歌ったりしたいなぁ。

HDくんの感想
「まぁまぁ面白かった。森に住んでる割に小綺麗。」



私の中で、ヴィゴ・モーテンセンといえば『オーシャン・オブ・ファイヤー』
   
  
博士と彼女のセオリー★★★★☆
  
Amazon Primeにて観賞。

博士と彼女のセオリー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

博士と彼女のセオリー [ エディ・レッドメイン ]
価格:880円(税込、送料無料) (2019/12/9時点)



監督:ジェームズ・マーシュ(『マン・オン・ワイヤー』)
出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ
原題:The Theory of Everything
2014 124分
第87回アカデミー賞 5部門ノミネート、主演男優賞受賞
理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士と彼の元妻であるジェーン・ホーキングの関係を描く


以下、ネタバレ含む感想

ホーキングさんは理系の変な人かと思いきや、そんなに変じゃない。
私はホーキングさんについて名前しか知らなかったけど、ALSの物理学者として有名なのか。

余命2年と言われたのに、すごい生きたなぁ。奥さんは介護にイラっとしたときに、「余命2年って言ったのに!」とか言っちゃうことはなかったのかな?

ホーキングが倒れたときに、奥さんは延命をすぐ決断してすごい。私だったら悩む。
結果的に、その後もだいぶ生きたし、生きる楽しみもあったからよかった。

お互い別のパートナーが見つかってよかったなぁ。ホーキンスさんは看護士さんと結婚して離婚してしまったみたいだけど。

ところどころ泣けた。

ホーキン「グ」博士なんだけど、ついついホーキン「ス」と言ってしまいがち。ホーキンスは靴だ。

主演のエディ・レッドメインはALS患者を演じるのに、表情菌がすごくそれっぽく動いてすごいなぁ。
メガネをななめにかけてかっこよさを消してるけど、かっこいい。184cmですらっとしてる。
以前、観た『リリーのすべて』は美しかった。感想→コチラ
『ファンタスティック・ビースト』シリーズで有名みたいだけど、あんまり興味ないから観ることはないかなぁ。
我が子がもう少し大きくなったら、一緒に観たりするかなぁ。


HDくんの感想
「長かった(実際には約2時間とそこまで長い映画じゃない)。文字入力のシステムが気になった。」
ホーキングの本は読まないの?
「宇宙に限らず技術一般のこととして、初心者むけの本を読むなら日本人が書いた本の方が読みやすい。邦訳で難解になってるの読むのは大変でめんどくさい。」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リリーのすべて [ エディ・レッドメイン ]
価格:880円(税込、送料無料) (2019/12/9時点)






   
  
ザ・シークレットマン★★☆☆☆
  
金曜の夜に我が子は17:30に寝て、HDくんは忘年会が延期になって早く帰ってきた。
こんな日は、ちょっと小難しい映画でも見よう。
先日、「ペンタゴン・ペーパーズ」を観たから、その後に続くウォーターゲート事件についての『ザ・シークレットマン』をamazon primeで観賞。

ザ・シークレットマン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・シークレットマン [ リーアム・ニーソン ]
価格:3344円(税込、送料無料) (2019/12/8時点)



s制作:リドリー・スコット 
監督:ピーター・ランデズマン
出演:リーアム・ニーソン、ダイアン・レイン
原題:Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House
2017
ウォーターゲート事件の情報提供者「ディープ・スロート」こと、当時の連邦捜査局(FBI)副長官マーク・フェルトを描いた作品。


全体的に難しかった。
途中、ちらっと寝ちゃった。

ウォーターゲート事件のwikipedia呼んでから見た方がよさそう。でも、wikipedia長い!

リーアム・ニーソン、渋い!
「96時間」の渋くてとにかく強かったけど、本作ではまた違った円熟した渋さ。
背が191cn。そこまで高いとは思わなかった。阿部寛より大きいのか。

オベリスクがあるのは、ワシントン。
新しい長官は大統領が決めるの?
長官が死んだら、資料焼いちゃうのもったいなくない?

「FBI」と「CIA」ってどう違うんだっけ?
・FBI(Federal Bureau of Investigation(連邦捜査局)
複数の州にまたがる事件が発生したときや、州警察では手に負えないようなアメリカ国内の大きな事件を担当する組織。
・CIA(Central Intelligence Agency 中央情報局)
スパイ組織。他国からのアメリカへの攻撃に備えて情報を集めたり、対立する国の弱体化を図ったり、情報操作を行う。


気になった英語
whitewash うわべ

HDくんの感想
「wikipediaでウォーターゲート事件について読んだ後なので、ちょっとは理解できた。後半、大統領が弾劾されるあたりは説明が少なく急展開すぎた。
娘のくだりはいらない。」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

96時間【Blu-ray】 [ リーアム・ニーソン ]
価格:550円(税込、送料無料) (2019/12/8時点)



96時間のリーアム・ニーソン、好き!
   
  
ペンタゴン・ペーパーズ★★★☆☆
  
ペンタゴン・ペーパーズ



原題:The Post
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:メリル・ストリープ、トム・ハンクス
2017 アメリカ


ベトナム戦争を分析・記録したアメリカ国防総省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の内容を暴露したワシントン・ポストの2人のジャーナリストの実話を映画化した社会派ドラマ。


難しかった!
難しそうな映画だろうなぁと思ったけど、やっぱり難しかった。

アメリカの歴史を知ってたら、もっとよくわかったんだろう。これからベトナム戦争、ペンタゴン・ペーパーズ、ウォーターゲート事件あたりをwikipediaとかで読んでみようかな。

メリル・ストリープは「プラダを着た悪魔」の編集長ばりにバリバリした新聞記者を演じるのかと思いきや、専業主婦だったけど、夫が死んで社長になった女性で、バリバリではなかった。

スピルバーグがトランプ政権へになって急いで作った映画らしい。

『ペンタゴン・ペーパーズ』を観た後に、『大統領の陰謀』『ザ・シークレットマン』を観るとつながってるらしい。
『大統領の陰謀』はアマプラにないけど、名作っぽい。
『ザ・シークレットマン』はアマプラにあった。リーアム・ニーソンだしかっこよさそうだけど、難しそうな映画。


HDくんの感想
「前半、誰が誰なのかをよく理解できず難解。後半からは雰囲気を楽しめた。映画を観るだけでは理解できないけど、ペンタゴンペーパーズとかウォーターゲート事件について調べるきっかけとなった。」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大統領の陰謀 [ ダスティン・ホフマン ]
価格:880円(税込、送料無料) (2019/12/3時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・シークレットマン [ リーアム・ニーソン ]
価格:3374円(税込、送料無料) (2019/12/3時点)


   
  
新宿スワン★☆☆☆☆
  
amazon primeのもうすぐ終了にあった。
沢尻エリカ出演でちょっと話題だし、綾野剛だし、とりあえず見てみた。

ヤンキーとかヤクザとか、こういう系の映画は好きじゃないけど、やっぱり好きじゃなかった。

新宿スワン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新宿スワン スペシャル・プライス【Blu-ray】 [ 綾野剛 ]
価格:1828円(税込、送料無料) (2019/11/26時点)



監督:園子温
出演:綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介
原作マンガ: 和久井健(ヤンマガ)

出だしが昭和の刑事モノとか探偵モノっぽい。
綾野剛がチャラい若者役なんて、珍しい。
山田孝之がギャグみたいな眉毛。

安田顕もヤクザっぽい役もやるんだと思ったら、やっぱり情けない系だた。

新宿恐い。
最近の歌舞伎町を歩いてる女子は、あんなに露出度高いのかな?

ペットボトルで指を折るの、恐い!
山田孝之、恐い!

なんとなくVシネっぽいかんじ。いまいち喧嘩の要因も、綾野剛と山田孝之の因縁もピンとこない。

「まぼろしの王子様」って……。
「星の王子さま」っぽい安っぽいマンガがでてきたけど、これは映画オリジナルらしい。
沢尻エリカはかわいい。でも、やばい。
沢尻エリカは声もよいという人いるけど、私はあの発声の仕方が苦手。

私が見てきた綾野剛は「カーネーション」「コウノドリ」「最高の離婚」と雰囲気素敵なかんじだったから、こんな役は新鮮。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最高の離婚 ブルーレイBOX【Blu-ray】 [ 瑛太 ]
価格:27176円(税込、送料無料) (2019/11/26時点)



「最高の離婚」好き。

・・・・・



amazon primeで次に見ようかと思っていた『シェフ 三ツ星フードトラック』がamazon primeからなくなってた……。
けっこう終了したものも、また復活したりするから、復活したら次は見よう。



見ようと思っていた『ペンタゴン・ペーパーズ』ももうすぐ終了に入ってたから、次はこれを見ようかな。

あとは、もうすぐ終了の作品でおすすめは、『ぐるりのこと』『ぼくと魔法のことばたち』。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぐるりのこと。 [DVD]
価格:3971円(税込、送料別) (2019/12/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくと魔法の言葉たち 【DVD】
価格:3846円(税込、送料別) (2019/12/1時点)


   
  
ファースト・マン★★☆☆☆
  
amazon primeの新作映画に入ってたので、観賞。

先日の「ゼロ・グラビティ」に続き、宇宙モノ。
史上初めて月面を歩いた宇宙飛行士ニール・アームストロングの、1961年~1969年にかけてのNASAのミッションが実話に基づいて描かれる。

ファースト・マン



監督:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング
2018 アメリカ


暗い!

「宇宙っていうワクワクするっていうテーマなのに、こんなに辛気臭く…。でも、アメリカ人がこういう風に描くというのは進化なのか……」by HDくん

私も普通にワクワクしたかった!
私が求めているのは、宇宙兄弟のマンガを読んだときの気分なのに……。

そして、てっきり月面着陸したのは、アポロ13だと思ってたけど、アポロ11だった。

途中の反対運動での「白人は月へ」のラップがかっこよかった。

ニール・アームストロングの奥さんも、だんなさんが宇宙に行くのに、なんか暗くてウジウジしてて……。
(晩年に離婚したそうだ)

監督×主演は『ラ・ラ・ランド』コンビ。そういえば、『ラ・ラ・ランド』も暗かったなぁ。オープニングのカラフル感とか歌やダンスはかっこいいけど、映画館で見なかったからか、あんまりぴんとこなかった。

ライアン・ゴズリングは、『きみに読む物語』が思い出深い。『ラースとその彼女』はすごく好き。明るい役も見てみたいなぁ。

wikipediaによると、『ライトスタッフ』『アポロ13』『ドリーム』は英雄譚らしいから、amason primeになったら見よう。普通にスカっと英雄譚が観たい。





   
  
ゼロ・グラビティ★☆☆☆☆
  
最近はamazon primeでは「バチェラー3」見て、「バチェラー2」見て、「THIS IS US」を見始めた。

最近、映画を見てなかった。
HDくんが宇宙モノが好きだし、アマプラでもうすぐ終了のところにあったから、久々に映画観賞。

1時間30分で見やすくて良いと思ったんだけど。。。

ゼロ・グラビティ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼロ・グラビティ [ サンドラ・ブロック ]
価格:880円(税込、送料無料) (2019/11/24時点)



監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
2013 アメリカ
アカデミー賞監督賞などいろいろ受賞


つまらなかった。(私もHD君も、とりあえず感想はつまらなかった)

宇宙に詳しいHD君に、「こんなこと有り得るのか」と聞いたら、「たいていの映画の話は有り得ないでしょ。」と言われた。

なんだかとにかく眠くなった。

サンドラブロックじゃなくて、ジョージクルーニーが主人公だったら、もう少し面白かったかも。

(ネタバレあり感想)



宇宙飛行士ってすごい人がなるものだと思ってるんだけど、サンドラ・ブロックはすごさが全然ない。子供が死んだ話とかいる?

ジョージクルーニーが来たところで、ちょっと眠気もさめて、これから面白くなるのかなぁと思いきや幻だった。

サンドラ・ブロックはやっぱりスタイルがよいなぁと思ったら、宇宙飛行士は宇宙服の下はもっとしっかりした下着を着てるとか、おむつをしてるとか、ネットではつっこみどころのひとつになってた。

と、全然つまらないと思ったんだけど、Wikipedia見たらタランティーノはその年の映画のトップ10に入るって言ってたり、アカデミー賞監督賞受賞してたり、意外に高評価みたい。

ちなみにyahoo映画だと3.7/5。賛否両論なかんじ。

宇宙遭難モノだったら、「オデッセイ」の方ががんばってるかんじがよかった。
オデッセイ感想→コチラ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オデッセイ [ マット・デイモン ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/11/24時点)


   
  
フォレスト・ガンプ/一期一会★★★.5
  
amazon primeで観賞。
「キャスト・アウェイ」に続き、ゼメキス×ハンクス。

フォレスト・ガンプ/一期一会


監督:ロバート・ゼメキス
出演:トム・ハンクス、サリー・フィールド、ロビン・ライト、ゲイリー・シニーズ
1994 アメリカ
アカデミー賞作品賞/監督賞/脚色賞/主演男優賞/編集賞/視覚効果賞


アカデミー賞をいろいろとってるし、なんだかんだ感動するかと思ったけど、そんなこともなく。
アメリカ人ならぐっとくるのかな?
アメリカの歴史がざらっとおさらいできる。

オベリスクのある公園がかっこいい。ワシントンかな?
ベトナム戦争は、バーベキューにビールで、どこにいってもアメリカンなかんじ。
小隊長のゲイリー・シニーズは、ちょっと三上博史っぽい。
この後にトム・ハンクスが主演する「アポロ13」では、ゲイリー・シニーズと共演らしい。

我が子も卓球とかやるかな?
軍隊とか合うかな?
銃の組み立てとか速そうな気がする。

子供にもフォレストとつけて、子供をリトルフォレストって呼んでた。
我が子のことも、リトルHDくんって呼ぼうかな。

ところで軍を除隊って、どんなタイミングなんだろう?
自分で除隊したいという以外にも、軍から言われたりこともあるのか。

『キャスト・アウェイ』でも羽根がポイントになってたけど、ロバート・ゼメキスは羽根が好きなのかな?

HDくんの感想
「そんなに面白くない。
中くらいのサブストーリーがごちゃごちゃしている映画」


次はスピルバーグ×トム・ハンクス×メリル・ストリープの『ペンタゴン・ペーパーズ」を見てみようかな。
   
  
キャスト・アウェイ★★★.5
  
amazon primeで映画鑑賞。
HDくんの好きな遭難もの。

キャスト・アウェイ


監督:ロバート・ゼメキス
出演: トム・ハンクス、ヘレン・ハント
2000 アメリカ

<ネタバレ含む感想>
主人公が漂着した後、ボートから離れて歩きはじめて、ボートが流されないか心配になった。
そして、4年!!!!
いきなり4年でびっくり!
トム・ハンクスはだいぶダイエットしたらしい。

遭難したら、話し相手(ウィルソン)を作るとよいのか!と勉強になった。
HDくんはきっと遭難しても友達を作らないだろうなぁと聞くと、
「多分、作らないと思うけど、遭難いう極限状態になったらわからない」とのこと。

最後はもっとわかりやすくすっきりしてくれてよいのかな。
なんであの荷物だけ大事にしてたか謎だったけど、
wikに天使の羽のロゴが書いてあるからと解説があって、そんなものかと。

「HELP」は最初しかやってなさそうだけど、ずっと置いていてもよかったのでは。やってたかな?
今だったらドローンで捜索してくれたりするかな?

HDくんの感想
「遭難部分だけ面白かった。それ以外はつまらない。筏は軟弱すぎる」
遭難ものが好きなHDくんから言わせると、こんなボートじゃ脱出できるわけないと。

今度、旅行に行くとき、避難訓練でしっかり聞こうと思った。
ライフジャケットは大切だなと思った。


次は、ロバート・ゼメキス×トム・ハンクスの「フォレスト・ガンプ」を見てみよう。

   
  
フライト★★★.5
  
フライト (2012)





監督:ロバート・ゼメキス(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ』)
出演:デンゼル・ワシントン、ドン・チードル

先日、『イコライザー』を観て、デンゼル・ワシントンはやっぱりかっこいいなぁと思い、
デンゼル・ワシントンをamazon primeで検索。

『フライト』と【トレーニング・デイ』が良さそう。
HDくんは飛行機モノは好きそうだから、観てみた。


<あらすじ>
ウィトカー機長(ワシントン)が操縦する飛行機が急降下、草原への緊急着陸を成功させた。
奇跡的な操縦にウィトカーは一躍、時の人となるが、そこにはある疑惑が。
多くの人々の人生を巻き込む、驚愕の真相が暴かれる。

↑このあらすじ読んで、てっきり陰謀とかSFものと思ってた。


飛行機はやっぱり恐いなぁ。
そして、アル中も恐い。

デンゼルワシントンパイロットはお酒飲んでても、薬してても、頼りになる。

背面飛行だと安定?というのが、よくわからなかった。

パイロットの飲酒問題とかあるけど、パイロットとCAさんは定期的にこの映画を見たらよいと思う。

でんぜる・ワシントンがいつ善人になるかと思いきや、なかなかならない。

HDくんの感想
「あと30分短くてよい。
ヘロイン中毒の女性のところ、いらなくない?」

ヘロイン中毒の女性が出てきた意味は、ラブの要素をいれたいのと、
アル中の会を紹介するくらいかな?

弁護士役の人は見たことあるなぁと思ったら、ドン・チードルだった。
ドン・チードルの『ホテル・ルワンダ』はHDくんが好きそうだけどアマプラになかった。
『ホテル・ルワンダ』感想→コチラ


ちなみに、『ルワンダの涙』もアマプラになかった。

   
  
イコライザー★★★.5
  
YMGTさんのamazon prime映画のおすすめ作品。
あらすじ見たら面白そうだし、スカっする系っぽい。
『96時間』系かなと思って観賞。



イコライザー

監督:アントワーン・フークア(『トレーニング デイ』)
出演:デンゼル・ワシントン、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツ
公開:2014年10月25日


渋いおじさんがめちゃめちゃ強くて、ひっそりと大活躍するお話。
この渋いおじさん誰だっけ?と思ったら、デンゼル・ワシントン。
そして、娼婦の子は誰だっけ?と思ったら、クロエ・グレース・モレッツちゃんだった。

そっか、デンゼル・ワシントンはこんな顔だったか。
私がデンゼル・ワシントンを見たのは、
『マイ・ボディガード』(2004)ダコタ・ファイングがかわいい。
『インサイド・マン』(2006)けっこうおもしろい。→感想コチラ
『サブウェイ123 激突』(2009)→感想コチラ

equalizer(イコライザー)
1 均一化するもの。平等をもたらすもの。
2 電気回線の周波数の特性を補正する装置。

イコライザーという言葉は使ったことがない。
今後も使わなそうだなぁ。

すかっと度では96時間の方が上な気がする。
でも、それなりに楽しめた。
いちいちデンゼル・ワシントンがすごい。

続編が作られそうな終わり方だったけど、もう「イコライザー2」は公開されてた。

HDくんの感想
「アクションは爽快。
話が理解しきれないところがあった。
アクション映画っだから、もう少しシンプルでもよい」

デンゼル・ワシントンでamazon primeにある「トレーニング・デイ」(アカデミー受賞作)と
「フライト」(あらすじが面白そう)は見てみようかな。


ネタバレ含む感想



入院してた女の子は退院後どこに行ってたんだろう?

『インサイド・マン』『96時間』はamazonprimeではないけど、おすすめ。



   


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ