FC2ブログ
  
kindle unlimitedで読んだマンガ(不登校とか野菜とか)
  
amazon prime のkindle unlimitedで読んだマンガ記録。

娘が不登校になりました。「うちの子は関係ない」と思ってた [小林薫 ]


我が子には関係ないと思ってたけど、関係してくることがいろいろあるんだろうなぁ。
子供が不登校になったら、どうするのが正解かなんて本当にわからないだろうなぁ。
子供が今度こそ行けるって言ったら、入学金払っちゃうだろうなぁ。
最期は好きな語学の専門学校に行くことになってよかった。
元気に暮らしているのかな?
HDくんの感想「大変だね」



夫がまったく働きません。〜大黒柱かーちゃんと、元うつ病ダンナ〜 [小林薫 ]


上記、不登校のマンガ家さんのだんなさんのお話。
このマンガでは離婚してないけど、結局離婚しちゃったみたい。
こちらはそんなに面白くなかった。
p30 車の洗車に10万もかかるのか!


私の子育てやりすぎですか? [ 仔鹿リナ ]


美容について、ついつい後回しになっちゃうけど、
ちゃんとしよう!と思った。

子供が女の子だったらドレス着せたかったなぁ。
我が子も着せたらかわいい気がするけど、どうかなぁ。

p32 メイクより髪型!
私も坊主にしてウイッグにしようかな
髪型どうしよう
p34 作者、新聞配達してたの?
p46 まつげエクステセルフってうやるんだろう?
セルフでヒアルロン酸とかすごい。
p85 保育園の定員対策で4~6月生まれの子が上のクラスとかあるんだ!



うちのダンナは野菜バカ。 [ 仔鹿リナ ]


上の本のだんなさんのお話。
野菜を愛してるだんなさん、楽しそう!

スーパーの焼き芋は中にうまって熱を持ったのがおいしい

イチゴ農家は年収ン千万。
イチゴフローズン ヘタとって冷凍。
牛乳と砂糖とミキサーでギュイーン。

ダイダイは冬になるとオレンジ色になり、年を越しても実が落ちず、
暖かくなると青くなり、冬になるとオレンジになる!
ダイダイの木は代々のダイダイがなってる。
だから代々栄えるのでお正月飾りになる。
みかんをお正月飾りに使う場合は葉付きのみかん。葉(種)があり子孫繁栄。



進撃の巨人 [ 諫山 創 ]


進撃の巨人が無料公開されてると世間が盛り上がってた。
特に読む気がなかったんだけど、HDくんが読み始めたので、
私も5巻の途中まで読む。

昔、流行ってた時に1巻読んで、絵が苦手で挫折。
 
今回はそんなに絵の苦手感なく読めた。
せっかくの機会だし読もうと思ったけど、気づいたのが遅くてあと2日しかない。
どうせ全部は読めないし、また読むときは最初から読まないとわからなそうだし、無理して読むのはやめた。
HDくんも徹夜して読むって言ってたけど、5巻で挫折。

主人公とミカサとアルミン以外は、顔がいまいち覚えられない。
また、いつか読むかなぁ?
スポンサーサイト



   
  
家を建てる本とマンガ
  
自分の建てたい家を考えようとしても、うまく考えられない。
そんな時、家を建てた本やマンガを読んだら、少しイメージできた。

注文住宅、楽しそう!
でも、大変そう!
良い建築家と工務店さんに巡り合えるとよいなぁと思った。
「言えと男とネコ」はそれを失敗した話、「結婚~」は成功した話かな。

☆私の重要事項
掃除が楽!
オープンキッチンじゃないなら、台所の窓から外が見えたらよいなぁ。

以下、本を読んでのメモ。


家とオトコと猫 (著:秋元尚美)


マンガ家さんが家を建てる話。
YOUNG YOUで「アンサンブル」というマンガを連載してた。
多分、読んだことあるけど、どんなマンガだったかなぁ。

ご近所さんの悪口をけっこう書いてて、大丈夫なのか心配になる。

・p769 カタログは客用と業者用があり
客用には気に入ったものがなくても、分厚い業者用カタログにはあるかも

・p791 床暖房は工務店を通さず、床暖房の会社に直接発注で安くなる

・p824 網戸はロールスクリーンという手もある

・p906 風呂のフタは置かない

・p914 スイッチは扉の中 ランドリーボックスとかも扉の中
お風呂の鏡は曇るならいらない

・p1005 計画が遅れてローン取り消しで別銀行でローン組み換え
印鑑証明とかもろもろで20万
ローン取り消したくなくても取り消し料4万とか、いろんな予算を削ってるのに、こんなところにお金がかかるのもったいない!

・p1028 地鎮祭
神主さん呼ぶと5万。私も地鎮祭もどきでよい気がする

・p1522 珪藻土の自浄作用、気になる



結婚する予定もないから、好きなように家建てちゃいました。 (著: ひぐちにちほ )


とっても楽しそうで、こんな風に家を建てたい!と思った。
建築家さんとも工務店さんとも、和気藹々でよいかんじ!
この作者さんは友達になったら楽しいタイプな気がする!

家を建てる情熱があるっていいなぁ。
貯金も見通しもなくても、これだけ情熱があればよいんだなぁ。
銀行がお金を貸してくれるものなんだなぁ。(親とかは保証人になってるのかなぁ?)
住みたい家の理想があるってすごい。
建物は1500万で建ったのかな?

・p58 13階段ってみんな避けることを知る
(そういえば、昔「13階段」って映画みたなぁ。)

・p79 木材選びの旅とか、好きな人には最高だろうなぁ

・p94 家の模型って作ってくれるのが普通なのかな?
変な形の土地を生かした素敵な家だ

・p102 丸タイルかわいいかも!



・・・・・・


「13階段」反町隆史×山崎努で映画化されたのを見た気がする。

   
  
「坂の途中の家」を読んで
  
坂の途中の家 (角田光代/著)


刑事裁判の補充裁判員になった里沙子は、子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、
彼女の境遇にみずからを重ねていく。
虐待死事件と〈家族〉であることの光と闇に迫る心理サスペンス。
『週刊朝日』連載を加筆修正。
2016.1


あらすじを知らずに冒頭をチラっと読んで、ママ友もののお話かと思ったら、
裁判員になるお話だった。

しかも、乳児虐待事件。

ホルモンバランスが悪いときに読むのは、おすすめできない。
小さい子供の母としては、かなり情緒不安定にさせられる。

普通だったら気にならないことが気にしすぎたり、
相手の言ってることを悪いように受け取ってしまったり。

主人公が電車に一緒にのってた子供と一緒に降りるの忘れてしまうところとか
いつか私もやりそうでドキドキする。

読んでるだけで、ストレスがたまってくるけど、
読み進めずにいられない。

ちょうど読んでたときホルモンバランス的にイライラ期。
どうしようもなくイライラすることを、我が家はだんなさんに伝えることができるが、
主人公や子供を殺してしまったお母さんはそういう状況じゃないと思うとつらい。

でも、わけもなくイライラするということが、男の人はわからないみたいだ。
私もめったにないけど、今回はつらめ。
これでは大変だ!と思わず、初めて「命の母」をポチっとした。
効くとよいなぁ。


そんな風にイライラしてるときに、休日出勤するとか言われると、つらい。
通常時なら我が子と一日過ごすことは大丈夫だけど、
余裕のないときは、そんなの無理だ!と不安になる。


   
  
「ウロボロス」とかkindle unlimitedで読んだマンガ
  
ウロボロス


警官とヤクザで巨悪?に復讐。

でも、わざわざロッカーに携帯を入れて連絡をとってるのに、
登録名が名字だったり、なんかしっくりこないところも多い。

アンリミにけっこうあったので、だらだら読んでたら
5巻まで読んだとこでアンリミじゃなくなってた。

ちなみに、ウロボロス (ouroboros, uroboros) は、古代の象徴の1つで、
己の尾を噛んで環となったヘビもしくは竜を図案化したもの。
by wikipedia

ドラマ化されてて、警官が生田斗真でヤクザが小栗旬。

・・・・・

ニブンノイクジ


保育園実績編(1~47話)はネットで詠んだことがあった。
娘はショートスリーパー編(48話~91話)、
第二子スタンバイ編(92~148話)まで読む。

子育てコミックエッセイの中では、絵の雰囲気や力の抜け加減がけっこう好き。
続きはkindle unlimitedにはなってなかったけど、ネットで読めるから読んでみよう。
コチラ

・・・・・

アンサング シンデレラ


薬剤師マンガ。
unsung…ほめたたえられない

知らない仕事を知れるお仕事マンガはけっこう好き。
薬剤師さんって、ただ指示通りに薬を準備するだけじゃないんだなぁ。
薬の処方とかはAI使ってできないのかな?


・・・・・

麻酔科医 ハナ


マンガやドラマのお医者さんって、ものすごく忙しそうで心配になる
人の命がかかってる仕事だし、しっかり休養をとってほしいなぁ。
自分の判断で誰かが亡くなるかもしれない仕事って大変
麻酔科医の人数は社会問題になってるらしいけど知らなかった

以前、全身麻酔をしたことがあるけど、不思議な経験だった。
本当に麻酔注射後の記憶がない。
この全身麻酔の処置の前に、がまんならない痛い処置を経験してたから、
痛いことは全部、全身麻酔でお願いします!って思った。
私も呼吸器とかつけられてたのかなぁ。
短時間の簡単な処置だから、呼吸くらい自分でしてたのかな?


・・・・・

内臓いっこ取っちゃった


胆石をとるときに、胆嚢ごととると知った。
内臓1コとっちゃうということは、2こあるんだっけ?
次に胆石できたら、もう1こもとっちゃうのかな?
と思ったら、胆嚢は1こしかないけど、取ってもかまわないらしい。
手術前に下剤と浣腸して、出たかをトイレで実物確認されるの嫌だなぁ。


・・・・・

女 ふたり 台湾、行ってきた


台湾旅行女二人旅のコミックエッセイ。
絵のタッチが苦手だった。
変身写真は女子旅でやりたい!
花生捲冰淇淋(ピーナッツ入り麦芽糖を削った粉とアイス、パクチーを包んだクレープ)が食べてみたい!

・・・・・

明日、夫が逮捕されちゃう


無実なら行政書士続ければよいのに。
行政書士のお仕事内容も特にわからなかったし、
ずっと逮捕されちゃうかもだけど~っというかんじで、
残念ながら面白味が感じられなかった
そもそもどのあたりが訴えられる原因となったのか、結局よくわからず。

だんなさんが逮捕されそうということで妻はライブに行かなかった。
まだ、逮捕されてないんだし、行けばよいのになぁと思った。



   
  
「沖縄アンダーグラウンド」を読んで
  
沖縄アンダーグラウンド-売春街を生きた者たち-
藤井誠二/著




あらすじ…
浄化運動で消された沖縄の「売春街」。売春に従事する女性、
風俗店経営者、ヤクザなどに取材した著者が、彼らの肉声を描き出し、
街の内実と市民社会からの偏見の構造を明らかにする。沖縄のもう一つの戦後史。



かなりみっちりしたルポなので、流し読み。
私の知ってる明るくてリゾートな沖縄だけど、そんなの一部分でしかないあなぁと
思わせる全く違った沖縄。

2010年まで売春街があったんて、知らなかった。
今もまだ日本のどこかにあるのかな?

特に衝撃なのが、米兵による暴行の歴史。
ひどすぎる。

売春街は米兵対策だったけど、結局、それでも暴行事件は起こってしまっている。
いろんな犯罪があるけど、暴行はどういう神経なのか理解できない。

あと、奄美出身者など、離島出身者への差別とか知らなかった。


・・・・・・


秋には、また沖縄行くかなぁ?
   
  
「働かないふたり」とかアマプラで詠んだマンガ
  
amazon prime のkindle unlimitedで詠んだマンガの感想。

働かないふたり


ランキングの上位にあったので読んでみた。
最初はなんてことないと思ったけど、だんだんはまってきた。
お隣のお姉さんみたいに、私もこの兄妹を見守って癒やされたい。

ニートな兄妹だけど、兄は働こうと思えば働けるだろうから
あんまり心配じゃないかんじ。
楽しく生きるのが一番だ。

アンリミで読める10巻まで読んだ。

・・・・・

アルティスト


HDくんはつまらないと言ったけど、私は続き読みたくなった。
で、2巻まで読んだらアマプラ無料は2巻までだった。残念。

・・・・・

パパと親父のウチご飯


つまんなくはないけど、面白くもない。特に出てくる料理を作りたくならず。
出てくる料理を作りたくなる「きのう、なに食べた」って、すごいんだなぁ。

・・・・・

せんせい、誤診です


作者がダイエットをすごくがんばる人で、すごいなぁと思った。
結局、病気が原因でむくんでただけで、病気が治ったらやせた。
脳の手術が鼻から内視鏡ですることもあると知る。
鼻から内視鏡をしたから、鼻をかんじゃいけない。
私だったら、ついうっかり鼻をかんじゃいそう。

・・・・・

だって40なんだもーん


アラフォーについてのコミックエッセイ。
顔のラインが崩れるに共感。
全体的に流し読み。

・・・・・

電撃結婚への道


コミックエッセイ
いまいちで流し読み。

・・・・・

愚者の皮


昼ドラを煮詰めたどろどろして気持ち悪い系っぽいかんじだけど、
意外にさらっと読めた。でも、もういいかな。


   
  
kindle unlimitedで読んだマンガいろいろ
  
amazon primeのkindle unlimitedで読んだマンガ。

アンリミはで好みのマンガを探すのは難しい。
ランキング上位を読んだり、作家やキーワードで検索したり。
kindle unlimited おすすめマンガをまとめてくれてる人もいるけど、
参考になるサイトがあまりない。

そもそもウチには芝生がない (たちばなかおる)


アラフォー版タラレバ娘。
3人のアラフォーのバランスがよいかんじ。
①男の子3人(三男はダウン症)の文筆家で夫は非協力的
→若い編集男子がよいかんじだが問題あり
②子なし義母介護→高齢妊娠
③水商売で彼は年下ヒモ→結婚して義父介護&農家
面白いと思ったらアンリミでは1巻だけだった。
乾燥しいたけのぬか漬け気になる。
いつか続きを読みたいな。


お仕事はじめました (野原広子)


1~3巻まで読む。
作者の他のマンガの口コミを見て興味を持ったけど、アンリミではなくなってた。
これは読んでも読まなくてもよいたわいもない話だけど、
子供がかわいくて、ほのぼの読める
社長の息子さんは昔の私だったら、イラっとしそうだけど、
今となっては、こういう人の大切さをわかる気がする。


山と食欲と私 (信濃川日出夫)


山登りマンガ。
HDくん「作者の性格の悪さが滲み出たマンガ。料理マンガとしても顔がイヤ」
っていうからどれだけ性格悪いのかと思って読むが、別に性格悪くなかった。.3
山登り好きは楽しそうでよいなぁ。(私は楽しめる気がしなくて、残念)

グリューワイン(ホットワインにブルーベリージャムに黒胡椒)飲んでみたい。


殺人犯の正体 (鍋島雅治)


実際の事件のお話。
どの事件も怖すぎる。
特に池田小の事件は防げないだけ怖い。
ロボトミーはかわいそう。
レッサーパンダ殺人事件は不幸な自閉症のお話。

まどろまバーメイド (早川パオ)


さらっと読める。
おいしいお酒が作れるのはよいなぁ。
おいしいお酒が飲みたくなる。
3巻まで読む。(アンリミにあるのは3巻までだった)
   
  
「サマヨイザクラ」「星屑の少年たちへ」を読んで
  
amazon primeのkindle unlimitedに3ヶ月¥99で入ったので、マンガを読む。
「モリノアサガオ」がよかった郷田マモラの作品を読む。


サマヨイザクラ (2008)



裁判員制度ができた頃は、いろいろ本を読んだ。
最近はあまり話題として聞かないけど、うまく運用されているのかな?

本を読んでたら、裁判傍聴にまた行ってみたくなった。
まだ自分の周囲で裁判員になった話は聞いたことがない。
家族にも内容が話せないってつらい。
死刑の判断とか、すごい責任。

2009年にドラマ化されてた。


星屑の少年たちへ (2010?)


思春期外来で働く臨床心理士の物語。

ゆとり教育って、失敗だったのかな?
こんなにちゃんと話を聞いてもらえたり、考えてもらえるところがあるのはよいなぁ。
私には人の悩みを受け止める仕事は向いてないし、無理だなぁと思った。

「サマヨイザクラ」「星屑の少年たちへ」ともに字が多い!
HDくんも読んだ。

作者のwikipedia見たら、逮捕されてたりしてた。


この小さな手 (2017)


養護施設に預けられた幼な子を取り戻すという、
原作者:郷田マモラ自身の実体験を元に作られたフィクション。

郷田マモラの中では一番面白さはない。よくある感じ。
さらっと読める。


   
  
「マリコ、うまくいくよ」を読んで
  


マリコ、うまくいくよ  益田ミリ

【内容情報】(出版社より)
頑張れば、むくわれるのですか。働くって、なんなんだろう? 
社会人2年目、12年目、20年目。同じ職場で働く、3人のマリコ。
「今日も会議で意見が言えなかった」「〈会社用の自分〉に、自分がのっとられそう」
「後輩は増えるけど、年上の実感ってない」。
彼女たちの問いに、心が揺れ動く。
きっと、私たちは、もうひとりのマリコ。
読めば、じわりと勇気が湧いてくる、お仕事漫画。


タイトルがよい。
声に出して読んでほしいタイトル。

20代、30代、40代、全てのマリコの気持ちがよくわかる。
新人の頃って、30代・40代の人たちってすごく上な人たちって思った。
そして、30を超えたとき、新人の若者たちがすごく若く遠いものに見えた。
でも、30代も後半になってパートの気軽な立場で20代の新人社員さんと触れ合うと、
意外に変わらないなぁと思ったり。
(接した若者のキャラクターも大きかったのかもしれないし、
私が先輩の立場かどうかにもよるのかな)

マリコたちが働くのは、産休をとってまで働ける会社でもないけど、
トイレで一休みできるくらいの会社。

私が新卒で入ったのは、接客業だからトイレでゆっくりなんてよっぽどじゃないとできなかった。
トイレに行く暇がなくて膀胱炎になる話もちらほら聞いた。
ほぼ若者だけの環境だった。

我が子を産む前にパートで働いた会社は、マリコたちが働く会社みたいな雰囲気。
大企業の系列会社で、さらに女性が産休がとりやすく、仕事復帰もしやすい部署だった。

もし新卒で会社を選ぶなら、こういう会社がいいだろうなぁと思った。
20代のマリコみたいに、この会社にずっといてどうなんだろうと思うこともありそうだし、
面白味はそんなに感じにくいかもしれないけど、マイペースに働けそう。
なんて、思ったのを思い出した。

あと、40代マリコが「天気の話で間を持たせる日がくるなんて」というのもわかる。
若い頃、仕事の人と世間話とか苦手だった。
今だったら、もう少しできそうな気もする。

同じ会社でずっと働いてるってすごいなぁ。
そんな人生も送ってみたかった。

益田ミリさんの本、全般にいえるけど、
「わかる」となることは多いけど、前向きな気持ちとかにはならない。




   
  
「ホワイトラビット」「地球のボタンのなぞ」を読んで
  
「ホワイトラビット-a night-」
伊坂幸太郎/著 (2017.9)




あらすじ…
その夜、街は静かだった。高台の家で、人質立てこもり事件が起こるまでは-。
仙台で発生した人質立てこもり事件。
SITに所属、宮城県警を代表する優秀な警察官も現場に急行し、交渉を始めるが…。
予測不能の籠城ミステリー。


伊坂作品はチェックしているつもりだったけど、気づいてなかった作品。
伊坂幸太郎っぽい作品。
面白いけど、すごくはまるってかんじでもなかった。
先は気になるけど、いつもよりぐっとくるポイントがなかった気がする。

あとがきにダイハードとかあったけど、確かにそんな雰囲気がある。

ドラマ化するのに、すごく頭を使わないといけなそう。
誰がやったらよいかなぁと想像しても、意外にこれって人が思い浮かばない。
誘拐犯は間宮祥太郎が合いそう?

もう一度読み直すと、いろいろ気づくこともありそうだけど、
そんなにすごく読み直したい!という感じでもない。




「調べてみよう!!地面のボタンのなぞ-一番えらいボタンをさがせ!!-」
日本土地家屋調査士会連合会/編 (2013.11)





あらすじ…
地面につけられた「ボタン」のようなものを「金属びょう」といいます。
第29回全国小・中学生作品コンクールで最高賞を受賞した富山県の小学生の自由研究をもとに、
普段目立たない「地面のボタン」について紹介します。


すごくよい自由研究だ!
興味深い!
と思ったけど、本自体はそんなに面白くなかった。
近所の公園の赤のボタンは、にんじんのヘタが落っこちているように見える。
まともな自由研究をやったことがないから、こういう題材を思いつけるのってすごいなぁと思う。

   
  
「さざなみのよる」木皿泉/著を読んで
  


「さざなみのよる」
木皿泉/著

あらすじ~
小国ナスミ、享年43歳。
息をひきとった瞬間から、その死は湖に落ちたひと雫の波紋のように、家族や知人へと広がっていき…。
命のまばゆいきらめきを描いた感動と祝福の物語。5年ぶりの小説、第2作。

・・・・・

ドラマ富士ファミリーを見てたから、
ナスミはキョンキョン、笑子おばさんは片桐はいりを思い浮かべて読む。
鷹美も「りんごさん」のくだりとか薬師丸ひろこっぽい。

ファンタジックだけど、地に足ついてるかんじで、ほっこり。
優しい世界。

愛子さんはそういう関係だったのか。


・・・・・

「昨夜のカレー、明日のパン」感想→コチラ

   
  
「サカナとヤクザ」「サイコパス」
  


「サカナとヤクザ-暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う-」
鈴木智彦/著

ツイッターでバズってて、気になった本。

あらすじ~
密漁ビジネスは、暴力団の巨大な資金源となっている。
その実態を突き止めるため、築地市場への潜入労働をはじめ、
北海道から九州、台湾、香港まで足を運び突撃取材した、
日本の食品業界最大のタブーに迫る衝撃のルポ。

すごく面白そうな内容なのに、文章と私の相性が悪いのか、
全然頭に入ってこない。面白そうな題材なのに残念。

世間の評価はどんなかんじかなぁとamazonレビューを見ると、
34件中6件(15%)は文章・校正がいまいちと評価。

誰かこのテーマで、面白いの書いてくれないかなぁ。
東洋経済ONLINEのあらすじ紹介は面白そうにまとめられてた.
コチラ

・・・・・


「サイコパス」 
著/中野信子

深爪さんがおすすめしてたから読んでみた。→コチラ

あらすじ~
とんでもない犯罪を平然と遂行する、ウソがバレても、むしろ自分が被害者であるかのようにふるまう…。そんなサイコパスの脳の謎が脳科学の急速な進歩で明らかになってきた。脳と人類の進化に隠されたミステリーに迫る。

読みやすいけど、最初の具体的な例以外はそんなにぐっとこず。
私のまわりにサイコパスがいないからピンとこないのかな。
いや、サイコパスがいても私は気づかなそうだなぁと思った。
今後もまわりに現れないことを願う。

   
  
子連れで沖縄 旅行計画メモ
  



我が子との沖縄旅行も今度の5月の旅行で3度目。
全部ルネッサンスリゾートオキナワ。
前回と前々回で、いろいろアクティビティも遊びつくした。

で、沖縄本を読んで研究。
基本的に沖縄旅行はレンタカー前提なかんじで、そんなに参考にならない。

そもそも沖縄がすごく好きかっていうと、好きだけど、他に行けるところがあれば他のところも行きたい。
でも、我が子を連れて、レンタカーせずに4泊5日くらいでのんびりできるところって、他に思いつかない……。
誰か良いところがあれば、教えてほしい。


今後のホテル候補


ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ
美ら海水族館に徒歩7分。
フクギ並木にも徒歩3分。
2014年OPENできれい!
温泉はあるけど、有料。
ルネッサンスと価格帯は変わらない。
空港からもホテルまでバスが出てる。(空港から約2.5時間とちょっと遠いけど)

美ら海美術館は水族館も楽しそうだけど、海洋博公園にある「ちびっことりで」が楽しそう。
泳げない時期に沖縄に行くときに楽しめそう。

次はここかなぁ。

・・・・・


ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
海上アスレチック「万座オーシャンパーク」が気になる!
ANAのホテルだから、JALパックはなく、ANAパックのみ。
空港からリムジンバスで100分。万座は恩納村のちょっと先。
ルネッサンスより、ちょっと安いかも。
でも、万座オーシャンパークは1日¥3,500は宿泊者も必要なのかな?
素敵なキッズプレイランドもあるけど、これもいちいち有料みたい。

・・・・・


AJリゾートアイランド伊計島
ポニーやウサギと触れ合えたり、大型遊具やプレイルーム、温泉施設もあり。
でも、アクセスが自力で車で行く以外ないのかも……。

・・・・・


あと、本には載ってなかったけど、クラブメッド石垣島も気になる。
オールインクルーシブでいろいろなアクティビティもあるし、
もう少し我が子が大きくなったら楽しめるかなぁと思ったけど、
高い!!

今回5月のルネッサンスリゾートオキナワと同じ日程で検索してみたら、
ルネッサンスがみんなで17万円に対して、30万!!!
約2倍だ!

空中ブランコとか、なかなか他ではできないものもあるけど……。

・・・・・

もう少しリーズナブルで子供向けなのは


リザンシーパーク谷茶ベイ
行きのリムジンバスが午後からかも。


ザ・ビーチタワー
空港からリムジンバスで1時間。(ヒルトン北谷の手前)
ちょっとした動物がいる。
最近、温泉が宿泊者も有料になってしまった。
   
  
「母ではなくて、親になる」(著:山崎ナオコーラ)を読んで
  

「母ではなくて、親になる」(著:山崎ナオコーラ)

ヨシタケシンスケさんの表紙のイラストにひかれて、読む。
ヨシタケさんの絵本はそんなに読んだことがないけど、
なんか気になる絵だ。

山崎ナオコーラさんの本は、読んだことは多分ないと思う。
私はコーラが好きなので、ナオコーラという名前は良いと思う。

子供ができてから、子育てエッセイとか、ついつい読んでしまう。
でも、これはあるある~みたいなことはそんなに書いてなかった気がする。
そんなにぐっとくることもなく……。

赤ちゃんがかわいいということは思い出した。
我が子の産まれてからの日々を、生まれたてから今までを各月3日くらいにして、
再体験できればよいのになぁ。
ちょっと前のことも、どんどん忘れてしまう。

印象的だったのは、引用されていた村上春樹さんの言葉。
「中傷や批判をどう処理するのか?」という質問に対して、
「…規則正しく生活し、規則正しく仕事をしていると、たいていのものごとはやり過ごすことができます。…
朝は早起きして仕事をし、適度な運動をし、良い音楽を聴き、たくさん野菜を食べます。
それでだいたいのことはうまくいくみたいです。」……


私は結婚してから、HDくんの影響で規則正しい生活をしている。
いろいろうまくいってないときもあったけど、規則正しい生活を続けているからか、
だいぶいろいろ安定している気もしている。
まぁ、仕事をしていないから、ストレスも少ないからかもしれないけど。
規則正しい生活は、大切だ。


あと、「成功したつもりで暮らす」というのもよいと思った。
成功したら、これやろうと思ってることを、成功したら自信を持ってできることは
成功していなくてもやってしまえばよい。

あと、「母ではなくて、親になる」というのは、なんとなく養子をもらったりしたのかなぁと
読む前に思ったんだけど、そういうことではなかった。
養子だとしても、母は母か。
母とか父とかではなく、親になるということか。




これは読んだことあり。


ヨシタケシンスケさんの子育てエッセイは以前、お友達が貸してくれて読んだ。
でも、そんなにピンとこなかった。


これはまだ読んでなかったかなぁ。
   
  
「そして、バトンは渡された」(瀬尾まいこ)を読んで
  


「そして、バトンは渡された」(瀬尾まいこ)を読んで

瀬尾まいこさんの本はどれも好きだ。
どれも優しい雰囲気にあふれてる。
でも、前回読んだのはぱっとしなかった気もするんだけど、今回のはよかった。

P279
「優子ちゃんの母親になってから明日が二つになる」
「自分の明日と、自分よりたくさんの可能性と未来を含んだ明日が、やってくる。」
「親になるって、未来が二倍以上になる。明日が二つできるって、すごい」

最後の方、号泣。
全編を通して、読んでて心地よいけど、特に最後の方が泣けた。

2つの未来。

出てきたピアノ曲を弾いてみたくなった。
弾けるかなぁ?
「めぐり逢い」(アンドレ・ギャニオン)
「ひとつの朝」
「羊は安らかに草を食み」


電子ピアノをちょっと買いたくなった。
でも、子供にピアノをやらせるなら、やっぱり最初は電子じゃなく、本当の?ピアノからがよいのかなぁ。
優子ちゃんも最初はピアノで弾きこんでたから、後に電子ピアノでも大丈夫なのかな。

・・・・・

私は子供が得意じゃないから、自分の子ども以外を育てるのは無理だろうなぁと思う。

でも、もし養子にするなら、赤ちゃんからがよいのかなぁと思ってた。
一般的に養子をとるときは、どんな子がよいとかそういうことは言えず、
どんな子でも受け入れるという条件での登録になると聞いたことがある。

だったら、森宮さんみたいに信頼できる人が育てた気の合いそうな子を
高校生から子供にするほうが良いかも。

小さい頃は、かわいさもたっぷりあるけど、大変さもたっぷり。
我が子だからどうにかなるけど、そうじゃなかったら、自信がない。

でも、高校生の優子ちゃんなら、確かに大丈夫な気がする。



   


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ