銀座季楽(きら)で鉄板焼き!
  
15A_2223.jpg
銀座季楽(きら)


先日、うかい亭に行った。→コチラ
うかい亭に行ったら、季楽の方が好きだなぁと思って、季楽に行きたくなった。


初回は⒑日前でも予約がとれたのに、今回は1か月、予約がとれなかった・・・。


15A_2221.jpg
いつもゴージャスな花が飾ってあるビルエントランス。
同じビル内に叙々苑あり。


15A_2225.jpg
ちょっと早めについたので、待合室で待つ。
佐賀のPRビデオが流れてた。


15A_2229.jpg
11:30開店と同時にカウンターの予約をとっていたのは、私たちだけみたい。


15A_2233.jpg
エプロンは店員さんが、つけてくれます。


15A_2235.jpg
荷物には、ハンカチがかけられます。


今日注文したのは・・・
鉄板カウンター席コースの
牡丹!
・前菜の盛合わせ~佐賀の彩り~
・季楽 鉄板焼き
 季節の焼き野菜
・炊き立て佐賀の白米 と お味噌汁 ふるさとの漬物
・季楽特製デザート ~季節のうまかもん~
・コーヒー


鉄板焼のお肉によって、お値段が違い、
・特選佐賀牛 ¥9000
・佐賀産和牛 ¥6500
・国産牛   ¥3800


今までの2回で、サーロインですべて食べ比べてみて
特選佐賀牛はもちろんおいしいけど、佐賀産和牛が一番好みということになったので、
今回は佐賀産和牛 フィレ(110g)とサーロイン(130g)にする。


前菜
15A_2245.jpg
・佐賀県スイートコーンの冷製スープ
・佐賀牛コールドビーフ ジュレがけ(たまねぎ、みょうが、キャベツ?)
・佐賀県産大豆 「ふくゆたか」 オリーブ油と岩塩で
・佐賀牛とトマトのテリーヌ グラパラリーフ


グラパラリーフは酸味のある多肉植物。
美容によいサプリ的な葉っぱ。
まぁ、おいしいものではないけど、クセなく、食べやすかった。
お豆腐がおいしかった。
家でも、たまにはオリーブ油+塩で食べよう。


15A_2251.jpg


季節の焼き野菜
15A_2240.jpg
大きいにんにくは、エレファントガーリック。
今まで2回ともこれだったから、いつもあるものかと思いきや、
生産量が少ないから、普通のにんにくだった時期もあったらしい。


15A_2239.jpg
にんにくは、とっても丁寧に焼かれる。


15A_2252.jpg
玉ねぎは、いつもバラバラにしてから、元通りに戻す。


15A_2253.jpg
じゃがいも、玉ねぎ、なす、どれも上品な味だ。
空芯菜は珍しい。


15A_2256.jpg
フランベは、ちゃんと写真を撮れたか気にしてくれた。
もう1度しますか? と聞いてくれる。
2回フランベしても、味は変わらないのかな?


15A_2260.jpg
お肉はヒレ肉から。
これは、これでおいしい。
みっちりしたかんじ。


15A_2268.jpg


15A_2275.jpg


15A_2278.jpg
そして、サーロイン。
やっぱり、サーロインが好きだ!!
お肉はだんぜん塩派、ときどきわさびだったけど、
今日はにんにく醤油もおいしく感じる。
柚子胡椒は、それ自体はフレッシュでおいしいけど、
お肉につけるのには、主張が強すぎて、なかなか活躍できない。


お肉の量も、ちょうどよい。
もうちょっと食べたい。でも、満足な量は120gだ!


もやしは、カリカリにしたお肉の脂がおいしい。


15A_2282.jpg
ごはんは相変わらず、ツッヤツヤ。


15A_2283.jpg
お漬物は、ゆず大根、にんじん、玉ねぎはちみつ漬け、
きゅうりのビール酵母漬け、梅の甘酢漬け。


15A_2287.jpg
デザートの皿を置く和紙も佐賀の和紙。
お皿を置くと、ほとんど隠れちゃうけど・・・。


15A_2292.jpg
今回のデザートは、私的に、当たり!
・プラリネのアイス
・ベルベーヌ(レモンバーベヌ)(ハーブ)と桃のゼリー
・パイナップルとバジルのシブースト

全部おいしいけど、特にシブーストがおいしかった!!
おかわりしたいくらいだった。


15A_2294.jpg
店員さんも、みなさん丁寧でよいかんじで、とってもよいです。
また行きたい!


やっぱり、うかい亭より、断然、季楽だ!


1回目 2011/9/25 →コチラ
2回目 2013/10/12→コチラ
   
スポンサーサイト
  
銀座うかい亭で鉄板焼ランチ!
  
BK4I1870.jpg
久々の贅沢ランチに銀座へ!


BK4I1873.jpg
新橋から東銀座まで歩く。


銀座 うかい亭
BK4I1877.jpg
歌舞伎座の近く。
ミシュラン一つ星の鉄板焼屋さん。
お肉好きとしては、一度は来ないと!と思ってた。


BK4I1887.jpg
11:30の予約で、11:15頃に着き、一番のり。
マイセン・ガレ・ラリックが飾られるウエイティングルーム。
(ラリックはチェックし忘れた)


BK4I1890.jpg
冷たいお茶のサービス。


BK4I1898.jpg
鉄板カウンターはゴージャスでギラギラ!


スペシャルランチコース ¥10,690!!!(税・サ10%込)
今日?昨日?から、初夏のメニュー。
¥8,000くらいのコースもあるんだけど、ガーリックライスがつかないのと、
お肉がヒレなので、特選サーロインのこちらに。


★本日の前菜 初夏の彩り
BK4I1901.jpg
シマガレイのマリネ
しょうが、みょうが、きゅうりとともに。
お魚コリコリ。さっぱり。


★ヴィシソワーズ
BK4I1905.jpg
これは、自分で作ったのと、そんなに変わらないかも・・・。
食器はヘレンド(ハンガリー村の名前)。


★フッコのポワレ
BK4I1910.jpg
フッコは出世魚スズキの一つ前。
スズキが出回りだすと、夏を感じるらしい。
捕ってすぐ食べるのではなく、少し寝かせて柔らかくしているらしい。
お魚はあまりひっくり返さず、ハーブをのせて、最後にふたをかぶせて蒸してた。


BK4I1911.jpg
お魚には、特に期待してなかったんだけど、おいしい!
皮がパリパリ。身はフックラ。
ソースはエシャロットソースとトマト果肉ソース。
高知のフルーツトマトは甘いだけじゃなく、酸味があっておいしい。
これを食べるために、来る人もいるのだとか。


★うかい特選牛ステーキ
BK4I1917.jpg
ジャーン!
これで2人分! 1人70g!
もっと食べたい!
ちなみにランチコースのヒレ肉は60gだそう。


BK4I1919.jpg
お肉は余分な脂肪は落としてあるということだけど、
「世の中に余分な脂肪などない!」と思うので、もったいなく感じてしまう。
その脂肪は一体、どこへ行くのだろう?


BK4I1921.jpg
うかい特選牛は、但馬牛を厳選しているらしい。
お肉はさっぱりめ。
年を重ねても、おいしく感じられそうな牛。


BK4I1924.jpg
二段熟成の醤油、にんにくチップ、ブラックペッパーでいただく。
わさび菜でさっぱり。
有田焼のお皿が素敵。


BK4I1928.jpg
ガーリックライスは、お肉の脂は使わない。
炒めたにんにくと混ぜ合わせただけで、さっぱりめ。
ふっくらで、もちもち。
もっと食べたい。
白瓜のお漬物、味噌汁、濃い目のほうじ茶。


BK4I1934.jpg
お食事の後は、ラウンジ?に移動してデザート。


BK4I1943.jpg
フロマージュなんとか。
さくらんぼがおいしい。


BK4I1952.jpg
大人な濃厚な味でおいしい。


BK4I1940.jpg
チョコレートパフェ
ブランデーを最後にかけてくれる。


BK4I1949.jpg
チョコアイス、バニラアイス、チョコクランチ、マカロン。
ブランデーの味はそんなにかんじないと思ってたら、下にどっしり溜まってた。


デザートは5種類から選べた。
あとの3つはプリン、シフォンケーキ、瀬戸香のシャンパンゼリー。


BK4I1960.jpg
プチ菓子とコーヒー。
マイセンのカップはとがったところが口のところにきて、飲みにくい。

コーヒー(カフェインレスもあり)、紅茶、ハーブティから選べる


全体的においしかったけど、また来たいかというと、
鉄板焼なら銀座・季楽を選ぶかなぁ。
お肉をもっと食べたい!
70gじゃ物足りない!
(ちなみに横浜うかい亭の同じメニューには、100gと書いてあった)
季楽は120g!


サービスもすごいよいかというと、女性は素敵なかんじだったけど、
若い男性たちは洗練されていない。
焼いてくれた人も、あまりプロっぽさを感じれず。


うかい亭は、個室にも鉄板カウンターもあるし、ゴージャスな雰囲気だから、
家族の記念日とかにいいのかも。
バブルの時代の人々が好きな雰囲気かも。


サービスもメニューの内容も店員さんの雰囲気も、銀座・季楽の方が、断然好みだ。
来月は、季楽に行こう! 予約しなきゃ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・
・おいしいステーキの焼き方を聞く
ステーキは家ではおいしく焼けない。
(250度が必要だから)
だから、ステーキの3倍の厚さのお肉を買って、タタキにする。
4面じっくり焼く(200度?)。アルミホイルでは包まない。
薬味はたっぷり用意する。


   


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ