2014秋 京都 旅行日程 
  
9/19(金)
23:30 東京駅 → 5:35 京都駅 (夜行バス

9/20(土) 座禅・法事
6:30~7:30 東福寺(★日曜坐禅会
↓徒歩20分
伏見稲荷
朝食:ガスト
くずはモール(FLYING TIGER
10:30 法事(うおまん
実家泊


9/21(日) 嵐山
11:35 トロッコ亀岡→12:01 トロッコ嵯峨 (嵐山トロッコ
昼食:HANANA(鯛茶漬け)
渡月橋、野宮神社、レンタサイクル
愛宕念仏寺清滝トンネル御髪神社
野宮神社前 → 三条京阪 バス 1時間
夕食:山元麺蔵
実家泊


9/22(月) 山崎
★サントリー山崎工場
昼食:レストランタガミ
アサヒビール大山崎山荘美術館
天王山
山崎 → 烏丸 (阪急)
錦市場、鴨川
四条 → 京都駅 (バス)
22:45 京都駅 → 5:00 東京駅 (夜行バス)


   
スポンサーサイト
  
3-5 京都ぶらぶら(錦市場とか)→東京
  
阪急で烏丸(四条烏丸)まで行って、錦市場へ。
錦市場は17時~18時に閉店するところが多いんだけど、
だいたいのところは18時までやってた。

◆打田漬物
BK4I0779.jpg
17:45着。もうお客さんも少ない。味見してる人もほぼいない。
長芋のわさび漬けが試食にあった!

BK4I0780.jpg
要冷蔵・保冷剤推奨と書いてある。
深夜バスで帰るけど大丈夫かきくと、大丈夫と言われたので購入。

◆錦天満宮
BK4I0784.jpg
牛さんにごあいさつ。

BK4I0787.jpg
ロボットかみしばいなんて、前からあったかな?

BK4I0789.jpg

BK4I0794.jpg
イカリヤ食堂で床をしようかと思ったけど、いっぱい。
うなぎ屋かね正に行くが、「本日貸切」・・・。

BK4I0798.jpg
鴨川のほとりでのんびり。
(三条と四条の間に座るカップルは別れるらしいから
四条と五条の間側に座る)
暗闇の中、ノート書く。

マルイ前から京都駅までバスに乗る。

BK4I0805.jpg
京都駅では水のショーを駅前のビルでやってた。


ちょっと見る。

マンガ喫茶OWL 
バスの出発イビスホテルのすぐ前。
カフェテリア 2時間パック ¥600

BK4I0807.jpg
オープンスペースなんだけど、なんか2段ベッドの箱みたいなスペースあり。
マンガもいまどきのラインナップあり。
でも、宇宙兄弟がゴッソリなくて残念(新刊(24)読みたかった)
青空エール16、脳内ポイズンベリー3、日々蝶々7,8? ちはやふる25(途中)
2Fの個室は、普通のマンガ喫茶と違い、完全個室だった(条例?法律?にひっかりそう)
女子率が高いのかトイレに常に誰か入ってる。
紙コップジュースが、その都度、カードをいれる自販タイプ。

夜行バスの出発はイビスホテル前。
(イビスホテルは3階がフロントだけど、2Fのトイレが使える)

◆東京特急ニュースター号 3列独立シートトイレ付 ¥6,480
JR京都駅 八条口(イビススタイルズ京都ステーション前)(22:45発)

JR東京駅 八重洲南口(住友生命前)(05:00着)

帰りのバスはけっこうすいて、よかった。(真ん中の列は、ほぼ空席)
草津インターで水購入。

東京5時着。5:20JR東京発。
   
  
3-4 天下分け目の天王山!に登ってみた
  
◆天下分け目の天王山
天正10年(1582)山崎の戦いで、羽柴秀吉が明智光秀を破った。
そこから、勝敗や運命の重大な分かれ目のことをいう。

BK4I0748.jpg
15:30 ハイキング開始。
杖があったので、使ってみる! これがとっても役立った。
特に下りで、足がツルツル滑るのを、杖でふんばれた。

BK4I0751.jpg
秀吉の中国大返し
天正10年(1582年)6月、備中高松城の戦い中の羽柴秀吉が、
織田信長が本能寺の変で死んだのを知った後、毛利氏との講和をまとめ、
明智光秀を討つため京に向け、全軍を取って返した約10日間にわたる軍団大移動のこと。
備中高松城(岡山市)から山城山崎(京都府・大山崎町)までの約200kmを踏破。
この後、秀吉は山崎の戦いにおいて明智光秀の軍を撃破。
※ハイキングコースには、けっこう立派な絵と解説(解説文は堺屋太一作)。

BK4I0752.jpg
登山者とはあまりすれ違わないけど、タオルがしょっちゅう落ちてるから、
そこそこ登山者がいるみたい。

BK4I0754.jpg
酒解(さかとけ)神社、17烈士の墓の前を通る。

BK4I0759.jpg
KDDIの基地があるのか、KDDIがいろいろつぶやいてる。

BK4I0763.jpg
山頂、到着! (270m)
歩いて汗ダラダラなのに、カーディガンを着たのは……
蚊が多すぎる! 特に山頂!

BK4I0764.jpg
山頂からの展望はあまりよくない。
登頂の喜びにひたることもなく、蚊から逃げる。
これから夏の旅行には虫除けとかゆみ止めは持っていこう!

BK4I0768.jpg
旗立松展望台からの眺め。左右に横切るのは名神高速道路。
大山崎JCTあたりが、山崎合戦の地だったらしい。

BK4I0769.jpg
お世話になった杖を返す。

◆宝積寺
BK4I0772.jpg
アサヒビール美術館の裏あたりにある。

BK4I0773.jpg
境内には、「秀吉 出世石」。
山崎合戦で、秀吉がこの石に腰掛けたらしい。

BK4I0774.jpg
触れるけど、座れない。

BK4I0775.jpg
山からおりてきたから、カエンダケに注意!に気づく。
たいていこういうのは、登るときには気づかず、後でヒヤっとする。

BK4I0776.jpg
17:00の美術館の送迎バスで下山。
   
  
3-3 アサヒビール大山崎山荘美術館 @天王山
  
アサヒビール大山崎山荘美術館
企画展 「水のたゆたい」 2014/8/2(土)~10/5(日)
入館料 ¥900
阪急大山崎駅から送迎バスあり。

天王山の中腹にあり。
BK4I0746.jpg
バスはトンネルの前のすごい坂道に停車。

BK4I0716.jpg
トンネルを抜けて、ゆるい上り坂を300mくらい歩く。
紅葉の季節はきれいみたい。

BK4I0717.jpg
本館…大正から昭和初期にかけて実業家加賀正太郎がつくった洋館
地中館・山手館…安藤忠雄設計。いかにもなコンクリート打放し

BK4I0724.jpg
観光客が意外に多い。ウイスキー工場ついでの人も多いのかな。
さっきレストランで隣に座ってたカップルも、またいた。
ウイスキー工場→レストランタガミ→美術館が定番コースかな?

BK4I0718.jpg
午前中に来れば、蓮が見れたかな?
館内は撮影禁止のところが多い。


tirashi.jpg
「濱庄」こと濱田庄司、河井寛次郎、バーナード・リーチ、とか民藝関係の品々あり。
ルーシー・リー作品、かわいい。
喫茶店の前のオルゴールが15時に動く。(特にすごく何かが動くわけでない)

BK4I0722.jpg
展望テラスから八幡市やくずはが近くに見える。
喫茶店で休もうかとも思ったけど、展望するために人が行き来して、
落ち着かないかんじなので、やめる。

地中館・山手館は、いかにも安藤建築ってかんじの、コンクリ打ちっぱなし。
地中館には、モネの睡蓮が4枚。黒くて地味。

BK4I0725.jpg
お庭がきれい。

BK4I0730.jpg

BK4I0734.jpg
お庭にいたうさぎさん。かわいい。

BK4I0739.jpg

BK4I0741.jpg
モミジとカエデの違いってなんだろう?
カエデはカナダ国旗の真ん中にある、あの葉の形もので、
モミジは小さいしおりにしたりするアレだと思うけど、
どうなんだ?

調べてみると・・・
植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」!
どらも分類上カエデ科のカエデ属の植物。モミジという科や属はない。
一般的には、カエデの仲間の特にきれいな仲間(子供の手のような葉の形のやつ)を
モミジと区別して呼ぶ。.
園芸の世界では葉イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなど葉が5つ以上に切れ込んで
掌状のものをモミジと呼び、それ以外のトウカエデ(切れ込みが3つのもの)などを
カエデと呼ぶ。

だいたい合ってたということかな?
   
  
3-2 レストランタガミ @山崎
  
BK4I0706_20141027071459b98.jpg
レストランタガミ
サントリーウイスキー山崎工場に行く前の10:30に立ち寄って、
12:45で予約しておいた。
予約客で満席だったので、予約しておいてよかった。
(このあたりは食事処が少ないから、ウイスキー工場帰りの人がいっぱい)

Pasta Lunch(パスタランチ)  土日祝1590円
オードブル、本日のもっちり生パスタ(2種類から選択)、
デザート盛り合わせ、飲み物(コーヒー or 紅茶)

BK4I0707_20141027071212517.jpg
さつまいものポタージュ、きのこのフラン添え
きのこのフラン、柔らかくておいしい! 豆腐っぽい。

BK4I0709_201410270712151e4.jpg
秋なすとポークミンチのトマトソーススパゲッティ
水菜のってる。
マーボーナスっぽく、エビチリっぽい味。
パスタは生パスタでもっちり。

BK4I0711.jpg
小エビとじゃこの和風スパゲッティ
ちりめんじゃこ、パリパリでおいしい。
ほんだしっぽい味。
こっちのパスタが当たり。

BK4I0712.jpg
グレープフルーツゼリー、いちじくパイ、木いちごソース、
パウンドケーキ、バニラアイス

コーヒーにクッキーがついてきて、嬉しい。

隣に座ったカップルがお見合い後1回目のデート的な空気感で、
思わず聞き耳を立ててしまう。
   
  
3-1 ウイスキーっておいしいなぁ!@山崎
  
BK4I0622.jpg
今日もよい天気! 暑い!

BK4I0624.jpg
8:45 四条経由で阪急大山崎へ。初・阪急電車。
阪急マルーン。ぶどう色3号。

ここは京都と大阪の境目。
大山崎駅は京都だけど、ウイスキー工場は大阪。
八幡市駅→大山崎駅は電車で1時間くらいかかるけど、場所は近い。

BK4I0628.jpg
◆離宮八幡宮

BK4I0627.jpg
荏胡麻(えごま)油発祥地で、油の製造と販売の中心「油座」として栄える。
現在は油の神様として親しまれている。

BK4I0631.jpg
かしき石あり。昔は寺社が油の専売権を持ってたのか。

BK4I0634.jpg
町を流れる水無瀬(みなせ)川を飛び交うホタル、
町の花・ヤマブキ、町の木・クスノキ

BK4I0704.jpg
サントリー山崎工場の前の踏み切りは、鉄の溜まり場。
豪快にカーブする通称「サントリーカーブ」が撮り鉄さんに有名な撮影スポット。

BK4I0640.jpg
◆サントリー山崎工場
事前にネットで山崎蒸溜所ガイドツアーで申込済。
工場入口で受付。web配布の工場見学プレゼント引換券を見せると
山崎のしっかりしたグラスがもらえる。

BK4I0646.jpg

BK4I0656.jpg

BK4I0663.jpg
いろいろなウイスキーが展示されてて、かっこいい。

11:00~約60分(ウイスキー製造工程見学+試飲)
60人と人数が多いから、2グループにわかれて見学。

BK4I0665.jpg
ウイスキーのような、酒粕のような香りが漂う。
工程によって香りがかわる。

BK4I0667.jpg
ウイスキーのできるまでを学ぶ(詳しくはコチラ

BK4I0677.jpg
ウイスキーの原料は二条大麦。
生まれたばかりのウイスキーは「ニューポット」といって、透明。
木の樽の香りや色がつく前の状態。

BK4I0674.jpg

BK4I0673.jpg
ウイスキーの味は、樽の香り。
どんどん蒸留してウイスキーは減っていく(天使の分け前)。

BK4I0681.jpg
水がおいしいから山崎が選ばれた。

BK4I0682.jpg
試飲会場のテーブルなどは元ウイスキー樽を再利用。

BK4I0688.jpg
まずは、山崎のハイボール。
おいしい! 居酒屋で飲むものより、だいぶおいしい!
香りがよくて、しっかり味がする。

2杯目は白州のハイボール。
こちらはだいぶスッキリで、青リンゴっぽい。

私たちは山崎の方が好きだが、まわりの人はけっこう白州派もいた。

BK4I0689.jpg
おつまみスナックとチョコ。
ハイボールにはおつまみスナック、ウイスキーにはチョコが合う。

BK4I0693.jpg

BK4I0692.jpg
ハイボールしか飲めないかと思ったら、山崎と白州のストレートも飲めた。
ほろ酔いなので、少しだけ。

BK4I0694.jpg
座っているのが創業者・鳥井信治郎氏。

BK4I0697.jpg
お姉さんが「1,2のサントリー!」と言って写真を撮ってあげてたので、
私も写真を頼まれたときに言ってみたら、喜ばれた。
みんなほろ酔いでいいかんじ。

お土産屋さんでは、みんな、たくさんお土産を買ってた。

BK4I0700.jpg
有料試飲コーナー。
15mlが¥100~あるんだけど、もう飲めない。シェリーとか飲みたかったなぁ。
気になっていた透明のウイスキー「ニューポット」だけ飲む。

BK4I0702.jpg
とにかく強い。70%?
買うときに、本当にいいですか?と確認されるくらい強い。
香りをかいだだけで、酔いそう。でも、おいしい。
樽の香りや色がつく前のこの状態で、十分おいしい!

ウイスキーって、おいしいなぁ。あんまり飲むことないけど、いいかも。
   
  
2-7 大行列のうどん屋さん、山元麺蔵!
  
三条京阪から山元麺蔵のある平安神宮方面を目指して歩く。
BK4I0590.jpg
気になるお店を発見!
バインミーのお店。ニューオーモンというところらしい。
今度、来てみたい。

BK4I0591.jpg

BK4I0595.jpg

BK4I0601.jpg
山元麺蔵

BK4I0597.jpg
お店の前には20人の行列!

BK4I0600.jpg
うどん屋さんだし、さくさく進むかと思いきや、1時間待ち。

BK4I0603.jpg
私たちの5人後ろで麺切れだった。
(最後の人は麺切れの置き看板とともに前進)

BK4I0602.jpg
社員募集してた。

お隣もおいしいうどん屋(岡北)さんなので、間違えて並んでて、
途中で気づく人もちらほら。
私たちの後ろの女子2人組もけっこう並んだ後、注文の際に気づいてた。
(並んでるときに「おしゃれしりとり」をしてたけど、あまりおしゃれな
単語が出せてなかった)

店内に入っても、さらに待つ。
席に座っても、事前に注文しているのに、そこそこ待つ。
店内には、店主・男性2人・女性2人と、てきぱき働いてるのに
なんでこんなに待つんだろう?
結局、うどんが茹で上がるのが遅いのかな?

BK4I0610.jpg
葱とごまのつけ麺 ¥735 ?
稲庭っぽいごまだれを想像してたんだけど、違った。

BK4I0612.jpg
うどんたっぷり!
うどんはすごい長いので、自分で切る。
不器用だから、うまく切れない。
麺は長いことに意味はあるのかな?
短く切って出してもらっていいんだけど……。

BK4I0614.jpg
牛と土ごぼうのおうどん ¥945 ?
ごぼうの天ぷらがおいしいらしくて、
てっきりそれが入って来るかと思ったら、天ぷらじゃなかった。

BK4I0616.jpg
サービスのプチ杏仁豆腐。
(これは、出たり出なかったりするらしいから、出てラッキー)

うどん、おいしかった!
でも、そんなに並ぶほどかといわれると、そんなこともない。

すごく店員さんやイケメン店主の丁寧な応対がすごく評判がよくて、
信者も多いお店なんだけど、
丁寧な対応よりも、行列を解消することをお願いしたい。

BK4I0599.jpg
ちなみに隣の岡北。

BK4I0617.jpg
平安神宮のロープの内側にネコ。
丸太町までの道のりは、おしゃれカフェが多い。

BK4I0618.jpg
アケゴコロという伏見の地酒があるらしい。
トミドコロは最近見ないなぁ。

BK4I0619.jpg
世の中には、「抵抗のカラーコード」というものがあるらしい。
(黒0)黒い礼服、(茶1)茶を一杯、(赤2)赤いニンジン、
(橙3)第三の男、(黄4)岸辺四郎、(緑5)五月みどり・・・(紫7)紫式部
で、京阪の駅の線の色も
三条…オレンジ、四条…黄、五条・・・緑!
でも、七条は紫線でなく、線がないらしい。
   
  
2-6 御髪神社 日本で唯一の髪と頭の神社! 
  
BK4I0568.jpg
◆御髪神社
日本で唯一の髪と頭の神社。
トロッコ嵐山駅のすぐそば。

BK4I0569.jpg
テレビでよく見る神社だけど、参拝客はいなかった。

BK4I0575.jpg
絵馬は頭の薄い男性の悲痛な叫びが8割、美容師関連のお願いが2割かな。
有名薄毛芸能人の絵馬は、目立つところに飾られている。
(ブラマヨ小杉、モト冬樹、坂田利夫・・・)

BK4I0576.jpg
遠~い親戚の不破万作さんの絵馬もあった。

BK4I0585.jpg

BK4I0588.jpg
竹林はかっこいいけど、なかなか写真栄えするところがない。
でも、人力車がここで停まって記念撮影してたから、
多分、ここが写真ポイント!

BK4I0589.jpg
最近、いろいろなところで遭遇する「世界人類平和でありますように」

自転車を返して、野宮神社前(よーじやcafe前)からバスで三条京阪へ。
¥230 (suicaは使えないから注意!) 約1時間かかる。

HD君の思い出のお好み焼き屋ビッグの近くを通る。
高校の頃、常連で店主の結婚式に行った。
(高校生が常連のお店の店主の結婚式に行くって、なんかすごいなぁ)
近くには有名お好み焼きジャンボがあるらしい。
   
  
2-5 有名心霊スポット!清滝トンネル
  
BK4I0552.jpg
◆清滝トンネル
愛宕念仏寺の先にある、京都で最も有名な心霊スポット。

BK4I0555.jpg
古くは南北戦争時代の古戦場や処刑場があり、
近年は峠で女性の首つり自殺があり、心霊スポットとして有名に。

「到着時、信号が青ならば通ってはいけない。」
女性がボンネットに落ちてくる、ミラーに老婆が写る。
女性の叫び声が聞こえ、手が見える等、
多くの心霊体験が寄せられている京都一の心霊スポット。

対処法は信号が青でもそのまま赤になるまで待つ。
そして、もう一度青になるまで待ってから進むと大丈夫らしい。

BK4I0559.jpg
入口まで行ってみる。

BK4I0561.jpg
トンネルはかなり長そう。

BK4I0563.jpg
ちょっと入ってみるけど、恐いので、すぐ出る。
霊感ないから、なにも感じなかった。

BK4I0565.jpg
振り返ると、おじさんがトンネルの入口でボーっとしてた。
   
  
2-4 かわいい羅漢の並ぶ 愛宕(おたぎ)念仏寺へ @嵐山
  
BK4I0493.jpg
嵐山中心部から自転車で15分くらい。
登り坂だから、けっこう大変だった。

BK4I0551.jpg
◆愛宕(おたぎ)念仏寺
本尊は厄除千手観音、別名千二百羅漢の寺。
8世紀中頃、称徳天皇によって建立。
1981年、素人の参拝者が自ら彫って奉納する『昭和の羅漢彫り』が始まる。
当初は五百体が目標だったが、10年後には千二百体に達した。
拝観料  300円

BK4I0503.jpg
奥の羅漢さんが持ってるのは、カメラ?

BK4I0505.jpg
漱石の本を持ってたり。

BK4I0508.jpg
お顔にミッチリ苔が生えてたり。

BK4I0509.jpg
顔がこげぱんみたいにシンプルなものも。
みんながちゃんと彫ってる中、これで完成と言う勇気はすごいなぁ。

BK4I0510.jpg

BK4I0514.jpg
まぎれてみた。

BK4I0522.jpg
最近はやった野々村議員っぽいかんじ。

BK4I0524.jpg
テニス。

BK4I0521.jpg
ふれ愛観音堂。

BK4I0525.jpg
とにかくたくさんある!

BK4I0534.jpg
本堂。千手観音?

BK4I0540.jpg

BK4I0544.jpg
仏法僧の三宝の鐘。

嵐山駅周辺の喧騒はなんだったんだろう?というくらい、静か。
私たちのほかは、カメラ好き2人組、若い女性がいただけ。

ちょっと遠いけど、来てよかった。
   
  
2-3 話題の月橋渡と遭遇!
  
嵐山を歩いていると、不思議な人が!
1414020583AZQ6DfgEq2unjBP1414020582.gif
前から見ると、ただの怪しい人だけど、後ろには橋を背負ってる!
渡月橋と胸に書いてあるけど、「月橋 渡(つきはし わたる)」という
シュール系ゆるキャラらしい。
最近話題のゆるキャラみたいで、帰ってから何度かニュースで見た。

wataru.jpg
京都・嵐山商店街公式キャラクター

◆渡月橋
BK4I0463.jpg

BK4I0465.jpg
嵐山に前回来たのは、たぶん15年前くらい。
そのときはひとりでぶらぶら。
以前来たときより、だいぶお土産屋さんとか増えている気がする。

◆千寿せんべいアイス
BK4I0460.jpg
京都の銘菓といえば、鼓月の千寿せんべい!
アイスはじめてみた! 創業50周年記念で作ったみたい。
12枚入り ¥5,000ということは、1枚だと400円以上?

◆野宮神社
BK4I0477.jpg
恋愛、子宝、学問の神様
伊勢の神宮に奉仕する内親王が潔斎のため居住された斎宮。
源氏物語、謡曲野宮でも有名。

BK4I0480.jpg
黒木鳥居!
皮を剥かないまま使用する、日本最古の鳥居の様式。
小柴垣はクロモジの木。

BK4I0478.jpg

BK4I0482.jpg

野宮神社を過ぎて、愛宕念仏寺まで、約40分、歩いて行こうと思ってたら、
レンタサイクル発見! しかも、なんと、1日¥100!
(1日¥1,000くらいのところが多いのに、安い!)

17時までに返却しないといけないから、1.5時間くらいしかないけど
¥100はお得だ!

◆レンタサイクル グリーンフラッグ
BK4I0577.jpg
すごくいい人そうなおじいちゃんとおばあちゃんが受付してくれる。
おじいちゃんは私たちの幸せを願ってくれる。
「足、長いね」と褒めてくれる。
これから愛宕念仏寺に行くと伝えると、「どこ?」と知られてなかった。
やっぱりマイナーなお寺なんだ。
おじいちゃんには大覚寺をおすすめされた。

BK4I0491.jpg
常寂光寺・落柿舎の近くに、土佐藩士の像。
左から吉村寅太郎、武市瑞山、坂本龍馬、中岡慎太郎。
1864年、坂本龍馬と中岡慎太郎は長州本陣となっていた嵯峨の
天龍寺に長州藩士の来島又兵衛、久坂玄端を訪れるために立ちよったらしい。
   
  
2-2 HANANAで鯛茶漬け @嵐山
  
ランチはうなぎ屋廣川に行く予定だったが、お休みだった……。
月曜日(祝日の場合は営業)だった。
なんとなく3連休の月曜祝日気分だったけど、今日は谷間の月曜日だった。

で、近くにあった
鯛茶漬け HANANAへ。
行列ができてたけど、他に嵐山で行きたいお店もなかったので、並ぶ。
(嵐山は、もう少し魅力的っぽいお店が増えるといいなぁ)
12:30~1時間待ち。

鯛茶漬け御膳 ¥2,060
BK4I0449.jpg
鯛のお刺身。
すごくちんまりしてるように見えるけど、ギュっとなってるから
満足できる量。大きいお刺身で、細かいお刺身を包んでる。
お魚の無駄がでなくて、よい盛り付けだと思う。
胡麻ダレおいし~。

BK4I0451.jpg
京のお野菜、鯛の一品

BK4I0450.jpg
器は有田焼。

BK4I0454.jpg
自家製香の物
白菜、大根、ごぼう、きゅうり、みょうが、なす。
いろいろあって楽しい。
なすが甘くてハチミツ味噌っぽくて、特においしかった。

BK4I0455.jpg
お茶漬けにする。
お茶は薄いお茶で、出汁ではない。
ごはんはお替り自由。おひつでくるから、3杯食べた。

お茶漬けで食べるより、お刺身で食べるほうがおいしい。

BK4I0458.jpg
カシューナッツ・黒糖・抹茶?のわらびもち
わらびもちは弾力があって、みっちり系。
カシューナッツはふにゃふにゃ。

店内はとってもきれい。ゆったりした席の配置。
1Fには坪庭に面したカウンター席もあるので、1人でも行きやすい。
次に行くときは、予約してから行こう。
(鯛茶漬けは食べるのに時間がかかるから、少ししか並んでないと思っても
けっこう待ちます)

けっこうおなかいっぱいになって満足。
   
  
2-1 嵐山でトロッコ!
  
7:30 起床
夜行バスの翌日だからか、体が痛い。

BK4I0343.jpg
8:10 出発
JR東福寺駅でトロッコ列車のチケットを購入。
(東福寺では、チケットを改札窓口で駅員さんから買う。
乗降客の精算などする駅員さんだから、面倒くさいチケットを買うと
まわりからのプレッシャーが大きい)

旅行前にJTBでチケット予約しようとしたら、
(関西以外で予約できるのはJTBのみ)
乗車券は¥620なのに、手数料が¥1,080するから
当日予約にした。

亀山発10:35が買いたかったが、売り切れ。
11:35発を購入。でも、通路側。
当日しか買えない5号車「ザ・リッチ」(側板や床まで素通しの特別車両)も売り切れ。

BK4I0350.jpg
JR馬堀駅からトロッコ亀岡駅まで徒歩5分。
稲刈りをしているのどかな風景。

BK4I0353.jpg
トロッコの時間まで、駅のまわりをぶらぶら。
駅のそばには、川と馬車。(馬車は、けっこう人気だった)
中国人観光客がすごく多い。
中国語表示も多い。

BK4I0347.jpg
亀岡市の市章の形に亀が2匹組み合わされている。

BK4I0360.jpg

◆桑田神社
IMG_9303.jpg
ぞうさん?の絵が、かっこいい。

BK4I0365.jpg
駅から唯一歩いていけそうな観光スポット。徒歩10分くらい。

BK4I0376.jpg
水が出るところが、なまず?

BK4I0367.jpg

BK4I0373.jpg
くもの巣。どこかにワープできそう。

BK4I0371.jpg
木々の隙間からチラっとトロッコ。

BK4I0375.jpg

◆11:35 トロッコ亀岡→12:01 トロッコ嵯峨 ¥620
BK4I0381.jpg
亀岡駅にはたくさんのタヌキ。

BK4I0396.jpg
立ち席も売られていた。

BK4I0401.jpg
今日は保津川下りも気持ち良さそう!

BK4I0407.jpg
ラフティングも気持ち良さそうだった。

車掌さんがいろいろ解説してくれ、ゆっくり走ったりもする。

BK4I0412.jpg
この大きい岩について解説があった気がするけど、忘れた。
嵐山の手前で、車掌さんが「上を向いて歩こう」を歌ってくれた。

BK4I0428.jpg
嵐山で7割くらいの人がおりるので、屋根のない5号車「ザ・リッチ」へ移動。

BK4I0430.jpg
気持ちよい!

トロッコ列車、楽しかった。
亀山→嵐山は進行方向左手のほうが川率が高い。
(前半7割は左手、後半3割は右手が川)
   
  
1-5 法事 @うおまん くずはMALL店
  
法事でSっちゃん宅へ。

K君はすっかり大きくなっていた。(現在、9ヶ月?)
悠仁さまみたいで、顔が小さくて、かわいい。
リリちゃん(犬)はふわふわだった。

11:00~法事
風が吹いたら倒れてしまいそうなお坊さんは、はかない感じではあるが
しっかり約40分、お経をあげる真面目な人柄。

12:30~法事ごはん @うおまん くずはモール
いつも行っていた石庭がなくなって、うおまんに変わって、
明るいかんじの店内になっていた。奥の掘りごたつ個室利用。

BK4I0330.jpg
先付? 彩り前菜盛り?

BK4I0326.jpg
旬魚の造り盛り
お刺身、おいしかった。

BK4I0331.jpg
季節の煮物

BK4I0334.jpg
季節の揚物

BK4I0335.jpg
黒毛和牛・松茸のスキヤキ
関西では、みんな「松茸」のことを、「まったけ」と言ってた!

BK4I0338.jpg
名物:信楽焼で炊き上げた鯛めし
Y家はみんな、おこげが好きじゃない。

BK4I0337.jpg
たっぷりのお釜だった。

BK4I0339.jpg
シャーベット

みなさん、元気そうでよかった。

夕方になり、急激に眠気に襲われる。
夜行バスは朝は勢いでのりきれるけど、夕方以降はどっと眠気がおしよせる。
ので、夕方にちょっと寝て、少しごはん食べて、19時頃には寝る。
   
  
1-4 くずはMALLで初FLYING TIGER!
  
BK4I0230.jpg
リニューアルされたくずはMALLへ。
いまどきのお店がけっこう入った。

BK4I0234.jpg
今回のお目当ては、FLYING TYGER!
カラフルな店内で、楽しい!
値段も¥100、¥200、¥1,000とかわりやすい。
しかも、税込み! えらい!

BK4I0242.jpg
レジがずらっとあるけど、まだ朝の10時でほとんどお客さんがいないからか
1台のみの稼動。


旅行中なので、お土産にペーパーナプキンのみ購入。
20枚入りで¥100!

ペーパーナプキンって、他のお店ではけっこう高いのはなんでだろう?
ただの使い捨ての紙なのに・・・。

・・・・・・・・・
ガストで朝食。

BK4I0226.jpg
和風ハンバーグの朝定食 ¥646

BK4I0227.jpg
スクランブルエッグ&ソーセージセット ¥539

BK4I0228.jpg
前に富士宮のガストでスープを飲んだら、すごくきのこが大きかった。
富士宮だからかと思ったら、大阪でも大きかった。

BK4I0244.jpg
10:30法事へ。青空!

   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ