5-1 花蓮→台北
  
14B_5912.jpg
7時、今朝も宿の朝食券を持ってマックへ。


14B_5915.jpg
ハムバーガーとチキンマフィン!


14B_5917.jpg
チキンマフィン!
スパイシーでマヨがきいてて、おいしい!


14B_5919.jpg
ハムバーガー、普通。


宿から駅まで、宿のお兄さんが送迎してくれた。
徒歩8分だから、車だと、すぐ到着。


14B_5932.jpg
軍用飛行機?が低空飛行してた。


14B_5927.jpg
この青い電車ではなかった。


14B_5938.jpg
カーブ具合が、かっこいい!


9:40 花蓮駅 → 11:50 台北駅
切符は事前購入済。418元(¥1,672)
14B_5944.jpg
自強号車内。


14B_5949.jpg
おじちゃんが読んでる新聞が気になる。


海沿いを走って楽しい。でも1/5くらいは、トンネル。
やっぱり揺れる。田んぼに水がはってた。
日本の風景と似ているけど、古い建物が多いのと、家の上に銀の円筒(水タンク)がのってる。


14B_5951.jpg
トイレ、きれい。


14B_5952.jpg


14B_5954.jpg
台北着。都会だ!


一旦、宿(Star Hostel)に荷物をおく。
14B_5958.jpg
宿の隣に、おいしそうな胡椒餅屋さん。後で食べようと思ったけど…。


14B_5969.jpg
クリスマスグッズ屋さん。


銀行で両替。¥40,000 →10,148元
銀行のお姉さんたちは、若くて地味。


14B_5972.jpg
台北駅の現代アート。


14B_5973.jpg
悠遊卡(ヨウヨウカー) 台湾のsuica
デポジット100元 + チャージ200元=300元(¥1,200)
MRT乗車料金2割引、乗継料金8元引とお得。

14B_5974.jpg
タッチで入場。便利だ!


14B_5978.jpg
MRTで中正紀念堂.へ。
メトロだから、MTRって言いたくなるけど、MRT(Mass Rapid Transit)。
MRTは、「6歳未満と115cm以下の身長の子供は運賃が無料」?
115cm以下なら6歳以上でも無料ってことかな?

   
スポンサーサイト
  
4-6 絶品! 葱油餅 on 魯肉飯!
  
液香扁食店のワンタンスープでおなかいっぱいだけど、
調べておいた魯肉飯のお店と、葱油餅のお店を目指す。
持ち帰りにして、ゆっくり宿で食べることにする。


四八高地
14B_5877.jpg
16:55 なに!? お店が閉まってる!!
18時オープンって、書いてある!
ガーン! ショック! どうしよう!
と思ってたら、開いた!


14B_5879.jpg
25元(¥100)
たっぷり入って、この値段はすごい!
おばちゃんのゴーストバスターズTシャツが、かわいい!
お店のスタンプあり。


14B_5881.jpg
イートインスペースもあったけど、持込禁止ということかな?


老牌炸蛋葱油餅
14B_5885.jpg
行列が見えてきた!


14B_5889.jpg
17時すぎで、この行列!
注文して、焼き上がりを待つみたい。
「ラー?(辛く?)」と聞かれたので、「ラー」と答える。
葱油餅屋は近くにもあるけど、ここだけ混んでる。


14B_5891.jpg
プレーンと卵入りがあり。
もちろん卵入りを購入。30元(¥120)


宿に戻って、いただきます!
14B_5902.jpg
コンビニでビール購入 32元(¥128)
魯肉飯にビール、最高!
魯肉飯、すごくおいしい!


14B_5909.jpg
葱油餅を魯肉飯にのせたら、絶品!
半熟卵が、ごはんに合う!
台湾人に教えたいコラボだ!


花蓮の街を自転車で走るのは、恐かった…。
車、バイク、自転車がいっぱいで、大変。


夕方になると、ゴミ収集車が音楽(エリーゼのためにor乙女の祈り)をかけて、やってくる。
そうすると人々は、ゴミを持って出てきて捨てる。
家にいない人は、ゴミ、どうするんだろう?
と思ったら、有料で代理人に託したりするみたい。
きちんとみんながルールを守ることになるし、よいシステムかも。面倒だけど。


1日動き通しで疲れたので、湯船に使ってのんびり。
日本のテレビチャンネルでは、ビフォーアフター、花子とアン、プロレス、時代劇、釣り吉三平。



   
  
4-5 おいしいと評判のわんたん屋さん@花蓮
  
15:30 花蓮着。
14B_5842.jpg
花蓮のマンホールは、珍しくかわいい。


14B_5847.jpg
小腹がすいたので、セブンイレブンおにぎり 31元(¥124)
35元の88折(12%割引)


14B_5849.jpg
安定のおいしさ!


花蓮の石藝大街では、毎晩20時~21時、無料で原住民の踊りが見れるらしい。
夜ごはんついでに行こうと思ってた。


でも、夜に自転車で遠くまで行くのは恐いし、今、おなかすいてるし、
原住民の踊りはやめて、もうごはんを食べに行くことにする。


液香扁食店
14B_5859.jpg
花蓮は、ワンタンが名物です。 扁食=ワンタン
そんな花蓮で、特に有名なワンタン屋さん。
1934年創業。


14B_5861.jpg
おばちゃんたちが、テキパキ働いてる。


14B_5863.jpg
16:30という変な時間なのに、ひっきりなしにお客さんが来る。
(写真はちょうどお客さんがいないとき)


14B_5870.jpg
小腕やレンゲはセルフなのか。


14B_5864.jpg
レンゲを取りに行く。


14B_5865.jpg
ワンタンスープ 60元(¥240)
メニューはワンタンスープのみ。


14B_5868.jpg
豚肉たっぷりのワンタンがゴロゴロ! 8コ?
けっこう量があるので、二人でひとつでもよかったかも。
スープさっぱり。
おいしい! けど、ものすごく感動するってほどでもない。


14B_5869.jpg
胡椒、醤油、唐辛子のソース。
唐辛子(スイートチリ?)ソースにはまる。


14B_5872.jpg
持ち帰りは、しっかり密閉されるみたいで安心だ。






   
  
4-4 太魯閣(タロコ)③砂卡礑歩道
  
14B_5752.jpg
12:25 長春でバス下車。


14B_5756.jpg
お寺があったけど、見ずに砂卡礑歩道を目指す。


14B_5760.jpg


14B_5768.jpg


14B_5772.jpg


14B_5787.jpg
30分弱で砂卡礑歩道到着。


★砂卡礑(シャカーダン)歩道
14B_5792.jpg
階段をくだって、川沿いの散歩道へ。


14B_5797.jpg
ここは近くに駐車場があるからか、人が多い。
今日は1.5km先(3D?5D?)までしか行けなかった。
1.5km地点には、お茶・猪肉ソーセージが売ってた。


14B_5828.jpg
展望スポットの岩に座ってランチ。
竹飯は、あまり味がない。
ちょうどHDくんのバッグに入っていた唐揚げスパイスが役立つ。


14B_5840.jpg
帰り道で、雨が降ってくる。


砂卡礑歩道は、すごく期待していたんだけど、人が多いのと、
最初に行った緑水歩道がよかったから、そんなに感動がなかった。


雨が降ってきたので、太魯閣ビジターセンターから14時頃のバスで帰る。
バスは定刻前に発車した。油断大敵。
帰りの運転もとっても乱暴だった。


太魯閣は晴れたときに、また来たい!


   
  
4-3 太魯閣(タロコ)②緑水歩道
  
14B_5643.jpg
10:20 天祥のインフォメーショセンターでいろいろ質問。
燕子口などいろいろ閉鎖されてるところがあるみたい。


14B_5644.jpg
まずは天祥の近くに入口がある緑水歩道へ。


14B_5647.jpg


14B_5650.jpg


14B_5651.jpg


14B_5663.jpg
ゴツゴツしたトンネル、かっこいい。


14B_5666.jpg
大きい岩がゴロッゴロ。


14B_5667.jpg
こんなかんじの道を歩く。


14B_5669.jpg
なかなか着かない。


★緑水(ルーシイ)歩道
車道ができるまで使われていた「合歓越嶺古道」の一部を全長2kmのハイキングコースとして整備。
日本統治時代に建てられた、太魯閣族との戦闘で命を落とした警察官殉職の碑あり。
14B_5672.jpg
11:10 入口に到着!


14B_5680.jpg
吊り橋!


14B_5684.jpg
揺れる。


14B_5687.jpg
揺れるけど、一人で歩くだけなら大丈夫。
誰かが乗ってくると、すごく恐い。


14B_5692.jpg


14B_5695.jpg
いいかんじの小さいトンネル!


14B_5705.jpg
真っ暗!
懐中電灯で照らしながら進む。


14B_5712.jpg
30mと短いトンネルだけど、すごい楽しかった!


14B_5723.jpg
いいかんじの道!


14B_5731.jpg


14B_5737.jpg


14B_5743.jpg
あとちょっとでバス停。
バスの時間を見たら、もうすぐ来る!ということで、急ぐ。


14B_5748.jpg
11:57 バスに間に合った!


緑水歩道、すごくよかった!
ほどよい山道で、川沿いで、ほとんど人もいなくて、おすすめ!
山道ですれ違って「ニーハオ」という文化はないみたい。


   
  
4-2 太魯閣(タロコ)①天祥  
  
★太魯閣(タロコ)
太魯閣国家公園総面積は9万2000ヘクタール。
太魯閣渓谷は、立霧渓が大理石の岩盤を侵食して形成された大渓谷。


14B_5571.jpg
花蓮駅前のバスセンター。(駅を出て左手)


14B_5572.jpg
太魯閣 1日バス券 250元(¥1,000)
時刻表ももらえる。バスの本数はそんなにないから、計画的に行動が必要。


14B_5575.jpg
7:50 花蓮駅発。
バスは、ほぼ満席。
運転手さんは、べらんめえなかんじ。(英語は話せず)


覚えた台湾語
「公衆トイレはどこですか?」=「ソーソー、ツァイナーリー」
「化粧室はどこですか?」=「シーソーチェン、ツァイナーリー」


英語が通じず、おろおろしてたら、HDくんが教えてくれた。
今まで何度か困った時があったのに、やっと教えてくれた。
HDくんは、中国旅行経験があるからか、中国語を少し知ってる。
(でも、第二外国語はドイツ語)


バスは、かなり粗い運転でガンガン飛ばす。
人が乗っている途中で発車したり、だいぶ乱暴。
(人が座るまで発車しない日本のバスとは、全然違う)


14B_5578.jpg
突如、写真タイム。


14B_5580.jpg
もっと良いポイントが他にもあった気がするけど…。
車が停めれるのがここなのか、運転手さんがたばこを吸いたかったのか…。


太魯閣バス停(渓谷入口)まで約1時間。


★天祥
立霧渓と大沙渓が合流する地点。
14B_5583.jpg
9:20(約1時間30分) 終点の天祥(テンシャン)に到着。
まずはお昼ご飯を調達。


14B_5586.jpg
竹筒飯 60元(¥240)  ちまき 40元(¥160)
竹筒飯は、買った瞬間、おばちゃんが切り株みたいなのに、ガンガン打ってびっくり。
(食べやすいように、竹に割れ目を入れるため)


14B_5589.jpg
あぁ、天気がよかったら、もっときれいなんだろうなぁ。
せめて、雨は降らないでほしい!


14B_5594.jpg
吊り橋の向こうに、中華っぽい門と塔があるから、行ってみる。


14B_5596.jpg
橋に蓮がついてて、ちょっとかわいい。


14B_5604.jpg
うわ! 階段!


14B_5608.jpg
へとへと。


14B_5609.jpg
観音とか塔とか。


14B_5610.jpg
天峯塔! 七重?の塔。


14B_5611.jpg



14B_5614.jpg
塔は登れるのかなぁと思ったら、登れてしまった。
(階段はもう疲れたけど、登れるなら登らねばという葛藤)


14B_5618.jpg


1422073854CKtnLer72vspmg71422073853.gif
塔の上で、ちまきを食べる。
魯肉飯(ルーロー飯)ぽい味でおいしい!


14B_5631.jpg
きらびやか!


14B_5632.jpg
ゾウさんも、デコられてる。


14B_5635.jpg
世界最高36尺地蔵菩薩


14B_5636.jpg
地蔵菩薩ってどんなかなぁと思ったら、見れなかった。
修復中? 建設中?


14B_5641.jpg
白衣大士。


   
  
4-1 台湾マックの朝食セット @花蓮
  
6:00起床
今日は太魯閣(タロコ)に行くから、早起き。

14B_5551.jpg
6:15 自転車かりて、マクドナルドへ。
この大きな道に出て、つきあたったところにあった。
宿から自転車で5分弱。


14B_5555.jpg
はきはきした男子大学生っぽい男の子が対応してくれた。


14B_5914.jpg
モーニングセット(2,4,8,9)の中から選ぶ。
バーガーとドリンクで39元(¥116)~。安い。


持ち帰りを「take away」というと、「take out?」と言い直された。
(この後も、何回かテイクアウトと聞かれたので、日本と同じテイクアウト文化があるのかも)


14B_5559.jpg
手前はソーセージマフィン、奥はエッグバーガーウィズ野菜!


14B_5561_20150124081659085.jpg
ソーセージマフィン! いまいち…。


14B_5562.jpg
エッグバーガーウィズ野菜! 卵、甘め。


14B_5565.jpg
めざましテレビのグルメ情報ダイジェストをやってた。




   
  
3-9 生活故事風格民宿 @花蓮
  
14B_5513.jpg
花蓮(Hualien)駅のまわりは、台中駅に比べて広々している。
明日の太魯閣行きのバス乗り場を確認する。(駅出て、左手にバス乗り場あり)
駅のインフォでバス乗り場きいたら、「over there」と漠然と教えられる。
あっちって…と思って歩くと、そんなに建物もないので、すぐわかった。


14B_5514.jpg
セブンイレブンに寄る。スーパーカップアイスあった。


14B_5517.jpg
台湾は野良犬がいる。


14B_5520.jpg
密漁問題で話題の紅珊瑚屋さんが多い。台湾人も紅珊瑚好きなのか……。


14B_5522.jpg
猫目玉って、どんな宝石?と思ったけど、キャッツアイのことか!


生活故事風格民宿(Lifetime Homestay)
14B_5525.jpg
駅から徒歩8分。


ちなみに、台湾はgoogleマップをローカルにダウンロードができなかった。
(モロッコはできた)
だから地図を印刷してきた。
でも、iphoneモバイルデータ通信オフでも、googleマップが見れた!
でも、検索はできないから、事前に目指す場所を保存しておくとよい。


14B_5528.jpg
宿のお兄さんは若手お笑い芸人風(英語は必要最低限)。
自転車が使ってよいこと、夜市への行き方を教えてくれた。


朝食付だけど、明日の朝は早いから準備してもらえるかなぁと心配してたら、
なんとマクドナルドの朝食券だった!


日本語のできる友達がすぐ来るからと言われ、ちょっと待つ。
すごく流暢な日本語を話すお友達は、太魯閣行きのツアーのお誘い。
すでに自分たちで行く計画を立ててたから、詳細は聞かず。


14B_5529.jpg
2Fは共有キッチンとリビング。
(初日は私たちだけ、2泊目はあと1組だけだから、誰も使ってなかった)


14B_5530.jpg
広い!
お水2本あり。ポット、コーヒー、紅茶、烏龍茶あり。


14B_5534.jpg
ロマンチック……。


14B_5920.jpg
エアコンに花がグルグルしてあったり、


14B_5921.jpg
白い子がお花抱えてたり、ロマンチック…。


14B_5547.jpg
天蓋付のベッドだ!
ベッドの後ろの壁紙を柄にするのが流行り?


14B_5532.jpg
お風呂がある!
シャワーも、ちゃんとブースになってる!
ドライヤー、シャンプー、ボディシャンプーあり。


1泊1室朝食付 1,600元 (¥6,400) カード使えず。現金のみ。
(booking.comにはカード使用可とあったのに…)
今回はここに2連泊。
wi-fiが部屋(3階)で使えず。1階、2階のみ使える。
冷房のみ。そんなに寒くなくてよかった。



14B_5538.jpg
タイワンビール   33元(¥132)
アスパラジュース 20元(¥80)
おにぎり的なの 25元(¥100)


14B_5542.jpg
おにぎりは、安定のおいしさ!
黒米? もちもちしてる。
アスパラジュースは意外に普通?


14B_5544.jpg
ビフォーアフター(「超級全能住宅改造王」!)やってた!


   


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ