ルーブル美術館展 @国立新美術館
  
15A_1846.jpg
近所の公園の桜も、すっかり散ってた。


ルーブル美術館展  日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
日本テレビ協賛だと、日本テレビの特集番組(山田五郎のぶらぶら美術館とか)で予習済。


チケット売り場は少し行列。
中も、混雑。

tenmon.jpg
1668年 51×45cm
目玉のフェルメール「天文学者」は小さい。
この作品だけは「歩きながら見るゾーン」の後ろに、「じっくり見るゾーン」とゾーン分けされてた。


絵は大きい方が、嬉しい。
「象狩り」が印象的。
「アモルを売る女」という天使を売ってる絵もよい。


さらっと鑑賞。


15A_1852.jpg
美術館前のつつじは、白つつじが多い。
今年は、いろんなところで白つつじが多い?
今夜は六本木アートナイトだからか、銀キャンディオブジェがあった。


15A_1869.jpg
ミッドタウン裏の21_21 DESIGN SIGHTで開催されてた「単位展」が大人気!
内容読んだら、ちょっと面白そう。


アートナイトイベントが、もういろいろやっているかなぁとぶらぶら。
国立新美術館ロビーでは、現代舞踏?(額縁をくぐる)のリハーサルをしていた。
東京ミッドタウンでは、サモトラケのニケのレプリカ。


15A_1885.jpg
生け花ショーをやってた。


15A_1892.jpg
ミッドタウン前では、レゴで遊べた。


15A_1893.jpg
葉っぱレゴをつけてみた。


15A_1897.jpg
ミッドタウン前にはゴジラ。
前に裏庭にいたのと同じかな?


15A_1899.jpg
六本木ヒルズには、黄色いお花。夜になると光るみたい。


15A_1900.jpg
夜にならないと、イベントはあまりなさそうなので、夜ごはんを食べに等々力へ。

   
スポンサーサイト
  
ADMちゃん結婚パーティ@シェ・ピエール
  
ADMちゃんの結婚パーティ。
ADMちゃんに会うのは、2011年秋に家に遊びに来た以来?

ADMちゃん、幸せそうでよかった!
民族っぽい白いワンピースに花輪がかわいい。
旦那様とは大学院で知り合ったので、大学院のお友達が参加。
みんな社長さんとかで、すごいなぁ。

シェ・ピエール

特製サラダ いろいろ入ってて、おいしい。


スープはサフラン入りだったかな?


ローストビーフ、おいしい!


ガレットデロワ
中にフェーブ(小さい陶器の人形)が入ってて、何人かに当たる!とのこと。



期待せずに食べてたら、当たった!
赤ワイン、いただいた!


・・・・・・・・・・・・・・


帰りにララテラスで、金柑がおいしそうだったので買う。
¥429
家でなってる金柑と違って、しっかりしてる。

   
  
念願の黒毛和牛ひつまぶし御膳 @松六家
  
松六家



前々回は11:30でランチ受付終了、前回は月1の不定休で食べれず。
今日は11:10頃に行くと、すでに行列が。
11:15頃までに行けば、第一陣になれるというOTK君情報もあったが、
残念ながら第二陣の二番手。
3人くらい座れるイスがあって、座って待ててよかった。
ひつまぶしなんて、最低30分くらいはみんな食べるのにかかるから、
お店の前で待たせなくてもいいのではないかと思うけど、
並んでないとだめということが、ちょっと残念。
11:30にはランチ受付終了してた。

入店は12:10くらいだったかな。
個室でゆったりできる。


黒毛和牛ひつまぶし御膳 ¥1,500
(つい最近¥1,300から値上げ)


黒毛和牛、きれいな色~。
お肉はA5ランク!
おいしいけど、でも、そんなにお肉の旨味が濃くない気が……。
(若干風邪っぽかったから、味覚が鈍っていたのかなぁ)

お肉はわさびで食べるのが好きだ!


薬味…(左)三つ葉、(真中)胡麻団子(左)刻み海苔・ぶぶあられ
その他テーブルに、粉山椒。漬物の横にわさび。


しらす塩昆布サラダ、ひじき煮、とろ湯葉あんかけ、青菜のおひたし。


中にもお肉が入ってた!

最後はだし茶漬けにして食べる。おかわりごはんも追加して食べる。
おいしかった!


デザートはプチっとした、ココア羊羹。

でも、こんなに並ぶほどかと言われると……。
こんなに人気なんだし、他のお店でもどんどんやってほしい。
・・・・・・・・・
ケイトウ(花)はかっこいい。
ケイトウはとさかっぽいのと、脳みそっぽいのがある。
MCRのおばさんはお花屋さんだから、お花に詳しい。
今朝、私が近所で見た花はホウキグサか?
MCRのだんなさんは174cm50kg未満!
いつもMCR家の食の細さに驚く。
MCRは運動会の綱引きのせいで、腰がつらそう。
野毛山動物園にはワラビーがいる。夏は夜の動物園をしてる。

   
  
高野山の名宝 @サントリー美術館
  
title.jpg
高野山開創1200年記念 高野山の名宝 @サントリー美術館(六本木ミッドタウン)

高野山は、弘法大師空海により、弘仁7年(816)に
真言密教の根本道場の地として開かれました。
平成27年(2015)に行なわれる、「高野山開創1200年記念大法会」に先立ち、
高野山金剛峯寺の名宝約50点を展示。

弘法大師=空海ってことを、いつも忘れてしまう。
高野山と高尾山がついついごっちゃになる。
東京にあるのが高尾山で、高野山は和歌山。

kobodaishi.jpg
弘法大師坐像(萬日大師) 室町~桃山時代 16~17世紀 金剛峯寺
弘法さんがお出迎え。現物は、もっと白く見えた。
唇が赤かったり、数珠が新しかったり、なんか違和感。
ずっと見てたら、右向いたらしい。

kokuhou.jpg
国宝 聾瞽指帰(ろうこしいき) 空海筆 平安時代 8~9世紀 金剛峯寺蔵
これ、空海直筆ですごいものみたい。

chiisaino.jpg
国宝 諸尊仏龕(しょそんぶつがん) 唐時代 8世紀 金剛峯寺
空海さんが唐から日本へ持ち帰ったお宝。
これは高さ約23cmくらい!
真ん中に11尊、左右に各7尊。
みっちりしてて、なんかありがたいかんじ。

kaikei.jpg
重要文化財 執金剛神立像 快慶作 鎌倉時代 12~13世紀 金剛峯寺
今回、一番かっこよいと思ったのは、これ!
なんか足にすごく躍動感があった!
写真で見るより、実物のほうが、だいぶかっこいい。

shiten.jpg
重要文化財 四天王立像 快慶作 鎌倉時代 12~13世紀 金剛峯寺蔵
(左から、持国天、増長天、広目天、多聞天)
四天王…仏教の守護神で、須弥山の四方を守る。
増長天、小顔! ポーズもおしゃれ。
踏みつけられてる邪鬼たちも嬉しそう。

階段を下りると見えてくるのは
kujaku.jpg
重要文化財 孔雀明王坐像 快慶作 鎌倉時代 正治2年(1200) 金剛峯寺
孔雀明王は、毒蛇を喰う孔雀から諸害を祓う仏として信仰された。
どーんとあって、かっこいい!
なんとなく鳳凰っぽいけど、孔雀に乗ってるのかな?
像高 78.8cm ということなんだろうけど、台座の上に展示されているから、
すごく迫力があった。
孔雀明王は基本的に4つの手に「ざくろ、檸檬、蓮、孔雀の羽」を
持ってるらしいけど、ざくろと檸檬は一緒に見える。
蓮は茎がついているのが、蓮かな。

hadi.jpg
国宝 八大童子像 運慶作 鎌倉時代 12世紀(一部、南北朝時代 14世紀) 金剛峯寺
(左から、指徳(しとく)童子、恵光(えこう)童子、矜羯羅(こんがら)童子、
制多伽(せいたか)童子、烏倶婆誐(うぐばが)童子、清浄比丘(しょうじょうびく)童子、
恵喜(えき)童子、阿耨達(あのくた)童子)
八大童子…不動明王に仕える童子

八大童子は、四天王立像くらい大きいと思ってたけど、
ちょっと小さめだった。童子だから小さいのかな。
照明でできた影がかっこよかった。
写真通りの順番で並んでるのかと思ったら、違った。
麒麟さんが一番左、おだんごさんは右から3番目にいた。
照明で水晶でできた目がキラキラしてた。
八大童子そろっての公開は、約10年ぶりらしい。

高野山に行ってみたくなった。
(高野山に行っても、なかなか仏像さんは見えないみたいだけど)

運慶さんと、快慶さんは、すごかった!!

約1時間で鑑賞し、黒毛和牛ひつまぶし御膳の松六家に向かう。
帰りにミッドタウン庭の「スワリの森」に行こうと思ってて、忘れてしまった。

   
  
オルセー美術館展 @国立新美術館
  
orsay.jpg

◆オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー
先日のぶらぶら美術館で予習済。
国立新美術館は、混んでることが多いけど、すごい混んでた。
今回はパリのオルセー美術館は大丈夫なの?というぐらい名作がきるらしい。
マネで始まり、マネで終わる展覧会。

manet fue
《笛を吹く少年(Le fifre)》 エドゥアール・マネ、1866年
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

私でも知ってる有名な少年。
ん。なんかインパクトある。
上から2番目のボタンは胴体のボタンではなく、
袖に付いたカフスボタンというのが、
マネの平面性を知る上で大事なポイントらしい。

millet bansho
《 晩鐘(L’Angélus)》 ジャン=フランソワ・ミレー、1857-59年
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

下においているカゴには死んだ赤ちゃんが入ってて、
みんなで祈ってるとかなんとか……

caillebotte kanna
《床に鉋をかける人々(Raboteurs de Parquet)》 ギュスターヴ・カイユボット、1875年
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

床に雑巾をかけているわけではなく、鉋をかけている。
鉋って、板の状態でかけるものじゃないの?
富裕層の画家が労働者を描くことは、当時、珍しかった。

delaunay oest
《ローマのペスト(Peste à Rome)》 エリー・ドローネー、1869年
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

天使さんが扉をあけて、みんなを守ろうとしてるの?
殺しに行くような迫力に見えるけど……。

manet aspara
《アスパラガス(L’asperge》 エドゥアール・マネ、1880年
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

16.9×21.9 cmの小さな絵には、おしゃれな逸話あり。
マネの「アスパラガスの束」という絵があって、
それを購入した美術史家シャルルは、マネの希望額よりも200フラン高い金額で
「アスパラガスの束」を買い取ってくれた。
そのお礼として、「あなたのアスパラガスの束から一本抜け落ちていました」
という一文を添えてこの絵を贈ったと言います。

monet tirashi
《草上の昼食》クロード・モネ 1865-66年 418×150cm(左) 248.7×218cm(右)
(チラシで見ると、そんなにかっこよくないけど……)
マネの「草上の昼食」と同じ主題で描き始められたものの完成されず、
家賃がわりに大家に引き渡されてしまった。
その後取り戻されたときに、絵が傷んでいて、2枚に分断されたらしい。
分断されて、この形だからこそのかっこよさな気がする。

変な神様の絵もあった。

「これまでの国立新美術館で観た展覧会で一番良かった。」
という人も多いらしい今回の展覧会。
私には、そこまですごいよいかと言われるとわからないけど、
大作も多いし、なんとなく見ごたえがあった気もする。

美術館内では、足下から冷たい風が吹いてきて、涼しめ。
(ブランケット貸出があるみたい)

オルセー美術館展って、以前、行った気がするなぁと思ったら
2009年、世田谷美術館に行ってた。(→コチラ
   
  
御曹司きよやす邸でハンバーグランチ @六本木
  
ミッドタウンOTK君おすすめランチリスト筆頭の松六屋で牛ひつまぶし御膳を食べたかったんだけど、
1150に行ったら、すでにランチ売り切れ。ガーン!

なので、同じ系列のお店へ。
御曹司きよやす邸
鎌倉プリンスにもお店があるみたい。
掘りごたつで、しっとりした感じの落ち着くお店。


肉汁たっぷり!!やみつき和牛ハンバーグ
ハンバーグ150g(特製ダレ) お漬物 小鉢 *御飯 *味噌汁 150g ¥1,200

普通においしい。
静かでゆっくり話ができるかんじがよい。
店員さんが長身イケメン(若干、ホスト系)が多い。


ミッドタウンのお庭にはゴジラ!


なんでゴジラ?と思ったら、ゴジラの映画が公開されたのか。


六本木から青山を抜けて、渋谷まで約1時間のお散歩。
渋谷青山の手前は歩いたことがなかったから、面白かった。
   
  
耀きの静と動 ボヘミアン・グラス @サントリー美術館
  
bohemian.jpg
◆プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス
@サントリー美術館 (六本木ミッドタウン)

ボヘミア…現在のチェコの西・中部
「カットとエングレーヴィングによって、水晶のように耀くボヘミアン・グラス。
13世紀頃に始まるガラス製造は、1670年代、透明度が高く、
光との共鳴が美しいカリ・クリスタルの発明によって興隆し、
18世紀には、ヴェネチアン・グラスが流行するヨーロッパのガラス市場を
席巻する勢いに。19世紀に様々な着色・絵付け法が開発。
モノクロームの美は、一転、色彩豊かに変貌します。
20世紀には、世界に君臨するガラス彫刻を築きあげ、
今もなお発展し続けています。」
エングレーヴィンがどんな技法かは理解できてないけど、
トップ画像のゴブレットは繊細なエングレーヴィング。

heart chakura
ハート・チャクラ 2007 パヴェル・トルンカ
今回、一番楽しみにしてた作品。
会場では上からライトが当たってた。
写真みたく、ちょっと斜めに当てたら、もっときれいな気がする。
想像より幻想的じゃなかった。

wrestlar.jpg
レスラー 1925年頃
かわいらしい作品。他の優雅な作品から浮いてた。

shuryou.jpg
狩猟文瓶1725~1730年
狩猟をモチーフにした作品がけっこうあった。
上部のにわとりがかわいい。

frute.jpg
フルート形トールビーカー 1400年頃
こういう大きいコップで、何を飲んでたんだろう?
ワイン?

ボヘミアン・グラスの価値がよくわからないので、あんまりありがたがれなかった。
昔のものより、モダンなもののほうがよかった。

休刊日貸切の招待券だったので、ゆっくり見れてよかった。






ミッドタウン内に、ねぶたが飾られてた。
うさぎがかわいい。
   


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ