モロスペ4-2 フェズ→シャウエン CTMバス
  
14A_5633.jpg
昨日、下見したフェズのCTMバスターミナル(旧市街)へ。

14A_5636.jpg
壁の穴に鳩が住んでる。

昨日は迷わず行けたCTMバスターミナルになぜか辿り着けない……。
指差し会話帳の「CTMバスターミナル(マハッタトゥ セーテーエム)」を
指差しながらモロッコ人に聞いて、無事、到着。

14A_5638.jpg

14A_5649.jpg

14A_5682.jpg
チェックシャツのCTMスタッフが、ネコをワキャワキャしてくれた。

14A_5699.jpg
ネコと遊びながら、バスを待つ。

14A_5713.jpg
10:00フェズ旧市街バスターミナル集合 10:30発→11:00 フェズ新市街発
→15:05シャウエン着予定

CTMバスは大きくて、快適。適温。
たいていのCTMバスのフロントガラスは割れてる。

14A_5721.jpg
13:00~13:20 お昼休憩。

14A_5718.jpg
お肉サンドにちょっと惹かれたけど、朝食食べ過ぎたので、食べず。

14A_5725.jpg

14A_5738.jpg
左手に青い街シャウエンが見えてきた。

15:05着予定だけど、16:00頃シャウエン着。
特にトラブルはなく到着したのに、約1時間の遅れ。

新市街バスターミナルのトイレ、休憩所のトイレともにアラブ式だった。
トイレチップは1DH出して、もっとと言われたら、もう1DH出した。
   
スポンサーサイト
  
モロスペ4-1 朝食 @ Dar Al Madina Al Kadima フェズ
  
14A_5581.jpg
8:00 テラスで朝食 @Dar Al Madina Al Kadima

14A_5588.jpg
朝は肌寒い。冬場もテラスで食事なのかな?
水ボトルが嬉しい。

14A_5589.jpg
パンもりだくさん。右側のパンがもそもそしててくせになる。醤油かけたい。

14A_5591.jpg
アプリコットジャムは実がゴロゴロ。

14A_5595.jpg
もうおなかいっぱいだけど、また新たなパンっぽいものが。

コーヒーとミルクも大きいポットでくる。食べ過ぎて、ぐったり。

14A_5616.jpg
可愛くて親切な宿のお姉さんとお別れ。

二人で¥8,150で、お部屋もロビーもかわいくて、場所もよいし、スタッフのかんじもよいし、
大満足の宿!

14A_5618.jpg

14A_5621.jpg
ブージュールド門近くのカフェ猫。
   
  
モロスペ3-9 Dar Al Madina Al Kadima @フェズ
  
14A_5496.jpg

14A_5493.jpg

14A_5498.jpg

14A_5514.jpg

14A_5516.jpg

14A_5535.jpg

14A_5534.jpg

・・・・・・・・・・・・・
14A_5544.jpg
ホテル(Dar Al Madina Al Kadima)のロビーに誰もいなかったので写真撮影。

14A_5549.jpg
写真を撮ってたら、受付にいたおじちゃんが水道の水を出してくれた。

14A_5560.jpg
そして、モロッコっぽい帽子を貸してくれた。

モロッコ到着2日目、フェズを半日歩いてみて……
モロッコは、インド・エジプトとともに世界三大ウザイ国といわれてるけど、
まだそんなに実感ない。客引きも、すぐ諦めて、しつこくない。
今のところ親切な人が多い印象。
街はきれいで、砂々してない。
乾燥しているのか、ものすごくのどが渇く。
現地人は、水飲み場や街角においてある水サーバーで水を飲んでた。
フェズは子猫が多い。
歩いてると、なぜか東京ではなく、「オーサカ!」といわれる。

本日の歩数 18184歩
   
  
モロスペ3-8 Le Scorpion du Desert @フェズ
  
Le Scorpion du Desert
ブージュールド門近くの小道にあるレストラン。

14A_5394.jpg
7時すぎ、まだ誰もいない。
飾られてる写真の笑顔のおじさんは誰だろう?

14A_5403.jpg
テラスへ。残念ながら道は見下ろせない。

14A_5398.jpg
テラスから身を乗り出すと、道が見える。

14A_5417.jpg
オリーブ。

14A_5418.jpg
大量のパン。

14A_5427cut.jpg
ぐっつぐつで出てきた。ショー chaud 熱い。
タジン鍋の蓋ごと出てくるかと思いきや、はずされてて残念。

14A_5419.jpg
タジン コフタ(ミートボール) 50DH(≒¥650)
卵入りを頼んだつもりが、卵ない……。
おいしかった!

14A_5429.jpg

14A_5434.jpg

14A_5452.jpg
レストランにいいた、おねだりネコ。

14A_5480.jpg
   
  
モロスペ3-6 タンネリ @フェズ
  
フェズ旧市街で、なかなかタンネリについて声をかけられないなぁと思っていたら、
「タンネリはあっちだよ」と言われたので、そちらに行ってみる。
メイン通り2本の上の方の道にあるみたい。でも、なかなか見つからない。
ブージュールド門側から歩いてみたら、左側にタンネリと書いてある案内板があったから
曲がってみた。

14A_5254.jpg
どこかなぁと思いつつ歩いてたら、子供が「タンネリ?」(かなりフランス語っぽい発音)と
言ったので、自力じゃ行けなさそうだし、ついて行く。
一応、「チップ 10DH,OK?」と最初に言っておく。

14A_5258.jpg
何回か左に曲がって、到着。

14A_5265.jpg
もっとカラフルなかんじかと思いきや、ここは白専門?
皮についている毛をはがすために白い石灰の中に浸けているみたい。
染色はここではやっていないのかも。

14A_5267.jpg
この水は、鳩糞入りらしい。
鳩の糞は、革を柔らかくする。

14A_5278.jpg
ガイドっぽいおじさんが寄ってきたけど、人相悪かったので、避ける。

14A_5282.jpg
臭いけど、耐えられないほどではない。
(ガイドさんとくると、ミントの葉をかぎながら見学するみたい)

14A_5274.jpg
破れたTシャツいたいだけど、革。

14A_5288.jpg
私たち以外にも、外国人の見学グループがいた。

14A_5298.jpg
案内してくれた子にはチップ20DH(≒¥260)渡す。
「もっと・・・」的なことを言われた気もしたけど、あげなかったら、すぐ諦めてくれた。

14A_5292.jpg
フェズの目的のひとつだったタンネリが見れて満足。

実は、タンネリが集まるスーク・ダッバギーンは、もっと違う場所にあったみたい。

   
  
モロスペ3-7 フェズ旧市街ネコ
  
14A_5303.jpg

14A_5305.jpg

14A_5307.jpg

14A_5309.jpg
さっきのネコ再び。
どこから撮ってもかわいい。

14A_5317.jpg

14A_5321.jpg
サファリン広場。
銅をトンテンカンテン叩いてる。

14A_5322.jpg
どこを歩いているかわからなくなるけど、茶色の道案内表示を見て進む。

14A_5325.jpg
カラウィン・モスク?

14A_5331.jpg

14A_5352.jpg
ここの水飲み場はひっきりなしに、みんな水を飲んでた。

14A_5332.jpg
その近くでコーラ10DH(≒¥130)で休憩。

14A_5338.jpg

14A_5342.jpg

14A_5349.jpg

14A_5346.jpg

14A_5388.jpg
   
  
モロスペ3-4 フェズの高台
  
フェズの旧市街バスターミナル並びの墓地は、高台にあり
フェズの旧市街が一望らしい。

14A_5140.jpg
気持ちいい!

14A_5145.jpg
バスターミナルの近くに登れそうなところがあったから、登ってみた。

14A_5144.jpg
旧市街を正面に見て、右手にバスターミナル。

14A_5166.jpg
日差しが強いけど、風が気持ちよい。

14A_5173.jpg
ちなみにマリーン朝の墓地は、バスターミナルの向こうにあった。
現地人も、チラホラたそがれに来ていた。

夕暮れがきれいらしいけど、一体何時に夕暮れなんだろう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
14A_5181.jpg
門の近くにいろいろなお店が出てた。

14A_5189.jpg

14A_5196.jpg

14A_5199.jpg
ブージュールド門。1913年に建造、フェズ最大の門。
   
  
モロスペ3-5 世界遺産 フェズ旧市街
  
世界遺産 フェズの旧市街(メディナ)
メイン通りは2本。迷路。
(松田聖子は「♪マラケシュ 迷路の町」と歌ってたけど、フェズの方が迷路)
曲がるとどこにいるかわからなくなるけど、案内板はよくあるので、
ブージュールド門の看板を目指せば、いつかは戻ってこれる。

14A_5209.jpg
いろいろなところに水場があり、みんな飲んでる。

14A_5203.jpg
寝てる人にいたずらで書いた目っぽい。

14A_5211.jpg
ずらずらと。

14A_5213.jpg
ホラー。

14A_5221.jpg

14A_5229.jpg

14A_5239.jpg

14A_5246.jpg
かりん様みたい。

観光客はたくさんいるけど、アジア人は少なく、日本人も2~3組。
フェズ下道のブージュールド門近くにFIX PRICEのお土産屋さん。

14B_2118.jpg
ファティマの手ポーチ 8DH(≒¥100) ×3
モロッコマグネット、ファティマの手キーホルダー 各5Dh(≒¥65)

※ファティマの手
モロッコ・アルジェリア・チュニジアなどの、マグレブ(日の沈む国)の国々では、
慈悲深い彼女の手を金属の形にして、女性の装身具や、家屋の入り口のドアーノックなどに
「幸福を呼ぶお守り」又は、「魔よけ」として広く用いている。

たくさんお店はあるけど、交渉が面倒くさいから、チラ見。
たまにFIX PRICEのお店あり。
バブーシュ(モロッコの伝統的な履物)も25DH~あるけど、安いものは皮ではなさそう。
お土産屋さんもそんなに声をかけてこなくて、歩きやすい。

タンネリがどこにあるかよくわからなくて、迷う。
フェズ観光では、タンネリ見物が目玉。
怪しげなガイドが寄ってきて、「タンネリ・タンネリ」と声かけられると思いきや、そうでもない。

※タンネリ
革染色職人街。もとはフランス語のtanneriesで、「染色」
   
  
モロスペ3-3 Cafe Clock @フェズ
  
15時頃、旧市街へ。

宿を出て、左に進んで右に曲がると、最初に道を聞いたHotel Bathaの前に出た!
こんなにブージュールド門から近かったなんて!

14A_5041.jpg
旧市街にあるcafe clockへ。(aruco掲載)
  
14A_5077.jpg
おしゃれな店内。吹き抜けが気持ちいい。
長期旅行風外国人がくつろいでた。

14A_5055.jpg
HAWAI。トロピカル炭酸ジュース。10DH(≒¥130)

14A_5063.jpg
ラムバーガー85DH(≒¥1,100)と思って食べてたけど、
実はCafé Clock's Camel Burger with Taza ketchup,
Salad & Fries 95DH(≒¥1235)だったかも。
バーガーは、ほんのりハニーでおいしい。

14A_5065.jpg
Falafel(ファラフェル 豆コロッケ)w/hummus (フムス ヒヨコ豆ペースト)
& Tabbouleh(タブーリ 中東のサラダ) 55DH(≒¥715)

店員さんは、かんじよい。
トイレもきれい。wifi-free

14A_5095.jpg
スーク。イスの下に子猫。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旧市街のバスターミナルにシャウエン行きの時間を確認しにいく。
フェズのバスターミナルは新市街と旧市街にある。
旧市街のバスターミナルは、食堂もあって賑わっている。

14A_5115.jpg
左手奥にCTMオフィス。
私のチケットは、新市街11:00発。旧市街からも乗れるらしい。
CTMのおじちゃんに聞くと10:30旧市街発だから、
10:00に来るように言われる。

バスターミナルにネコ。
14A_5127.jpg

14A_5120.jpg

14A_5119.jpg
   
  
モロスペ3-2 Dar Al Madina Al Kadima フェズ
  
14A_4974.jpg
フェズ駅から宿の近くまではタクシーで移動。


14A_4975.jpg
駅を出て歩いていると、怪しそうなタクシー運転手たちが声をかけてくる。
いかにも怪しげな顔だけど、メーターだというのでついていくと、
結局最後に「1人20」とかいわれる。


少し歩いたところから、メーターで行ってくれるタクシーでブージュールド門へ。
駅→ブージュールド門 11DH(≒¥140)

今日の宿は
Dar Al Madina Al Kadima

フェズは迷子になりやすいということで、旧市街(メディナ)の外で、
ブージュールド門近くというアクセスの良さで選んだ。
にも関わらず、booking.comの地図が正しくなかったみたいで、
現地で1時間近くも迷子になることに・・・。
(今、ホテルのオフィシャルHPを見たら、正しい場所にマッピングされてた)

まず、目的のホテルの近くにあるはずのHotel Bathaで聞いてみるが、
わからないと言われる。
(このときに、住所を見せればよかった・・・。実はすごく近くにあった)
Booking.comの地図では、Dar Bathaの近くになっているので
Dar Bathaの場所をきいて、Dar Batha方面に歩くが、ここが間違いのはじまり。
フェズの旧市街は迷宮だというけど、旧市街に入る前に迷子になる。

14A_4979.jpg
日よけがダンボール。


14A_4981.jpg
世界人類平和でありますように(この裏に日本語表記もあった)


さ迷い歩きながら、怪しくなさそうな人に道を聞く。
けっこう道案内されそうになるけど、後からチップ要求されそうな雰囲気なので 
なんとなく方向だけ聞いて、道案内は断る。
が、お店の人に聞いたら、近くにいた若者に聞いてくれてしまい、
結局若者に案内されることになる。


14A_4985.jpg
足が長く、歩くのが速い若者。


14A_4984.jpg
もうかれこれ1時間弱さ迷ってヘトヘト。
チップ要求されるかもしれないけど、少しぐらいチップ払ってもよいから
早くホテルで休みたい。


14A_5024.jpg
宿、到着。ホテルの看板はすごく小さくて、場所を知ってても通り過ぎてしまいそう。
そして、結局最後に、「何かくれ」的なことを言われる。
とりあえずボールペンをあげようとしてみたら、
「いやいやお金だよ」と言われてしまったので、10DH(≒¥130)渡す。
「もっと」と言われるけど、断って宿の中に。
宿の人にもチップを要求してたけど、断っていた。


14A_4992.jpg
疲労困憊で辿り着いた宿は、とっても素敵!


14A_4991.jpg
タイルが素敵。


14A_4994.jpg
若くてかわいいお姉さんが、とっても親切に説明してくれる。
とにかく町行く人にはついていかないように言われる。 
(そういえば、宿予約メールでも「モロッコ人にはついて行くな」と
Strongly Adviceされてた)


14A_4997.jpg
Welcome mint tea!
「with sugar か、without sugar」を聞いてくれる。
ミントティは砂糖入りがおいしいと聞いていたので、with sugarで。
グラスには、たっぷりmint。


14A_5002.jpg
ポットの中にも、たっぷりミント。
すごく疲れていたからか、ものすごくおいしく感じた。
ここのミントティが一番おいしかった。


14A_5005.jpg
ツイン 627DH(≒¥8,150)
お部屋もシックでいいかんじ。


14A_5014.jpg
窓からはロビーが見下ろせる。
貴重品入れあったけど、使えず。


14A_5016.jpg
石鹸あり。シャンプーなし。スリッパあり。


14A_5571.jpg
シャワー室もかわいい。


14A_5023.jpg
私たちの部屋は2Fだったけど、3F、屋上テラスあり。
   
  
モロスペ3-1 カサブランカ→フェズ
  
6:00起床。
14A_4918.jpg
ibis Casa Voyageurs からの眺め。
白い建物は駅。駅の時計を見て焦ったけど、止まってた。


14A_4919.jpg
朝食はパンとジュース(昨日、ACIMAで購入)
水1.5L 4.4DH (≒¥60)  オレンジジュース4.2DH(¥55)
アボカドのむヨーグルト(キウイかと思いきや、アボカドだった!) 4.95DH(≒¥65)


14A_4933.jpg
8:45出発


14A_4935.jpg
Casa Voyage駅。ちゃんと電光掲示板がある!


14A_4944.jpg
9時頃駅に行ったら、もう電車がいた。カサブランカ始発だったみたい。
9:15発予定が、9:30発。


14A_4949.jpg
きれい。エアコンもきいてる。トイレも、まあまあきれいで許容範囲。  
4人BOXには折りたたみ机。


14A_4955.jpg
最初は都会の街並だったけど、すぐにのどかな風景になり、ずっと続く。
干し草、家畜。大西洋が左に見えた。


14A_4957.jpg
車内販売あり。チケットチェックあり。
車内アナウンスはないから、いつ降りればいいのかドキドキする。
乗るときにフェズ行きで合ってるか確認しといたお兄さんが、降りるときに「フェズだよ」と声かけてくれた。

14A_4968.jpg
フェズ駅、到着!
外国の電車って、ホームが低くて、乗り降りが大変。


14A_4974.jpg
フェズ駅(Gare de Fez)、きれい!
カサブランカ9:30発→フェズ13:00着
(出発は15分遅れ。到着は25分遅れ)

モロッコ国鉄50周年なのかな。
ONCF(Office National des Chemins de Fer) 
chemin=way, de=of, fer=iron 鉄道
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
タグ